« Tour de France Etape 19 | トップページ | 首都のチーム »

2010年7月26日 (月)

Tour de France Etape 20

ついにシャンゼリゼへの最終日。50kmほどパレードランの後、シャンゼリゼを8周。市内に入るまではアタック禁止の暗黙のルール。

昨日のタイムトライアルで、例のチェーン事故が無ければアンディとコンタドールが同タイムだったのだが、タイムトライアルでのみ計測される1秒未満の数値はコンタドールが990、アンディが830だったんだそうな。あのピレネーでの一瞬が惜しまれる。

シャンゼリゼの石畳と言えば、昨年Fumy が逃げまくって敢闘賞を受賞した(が、最終日は敢闘賞の表彰が無いので表彰台に上がった日本人は未だいない)のだけど、今年の新城はどうだろう。昨日のレポートだと、現在ポイント賞7位のテュルゴーのアシストをすると。理由はテュルゴーの順位が上がれば賞金が上がるので分けて貰うのだ、なんて話だったけど、6位ボアッソン=ハーゲンとの差は30pt なのでこれは無理。逃げてくんねーかなー、なんて無責任に思って見る。

パレード走行開始早々、ランスとUCI のオフィシャルが揉めている様子。今朝方

@teamradioshack wearing new jerseys today. Riding in honor of the 28 million people worldwide dealing with cancer.

ということで背中に「28」と書かれたスペシャルジャージを着たところ、SInce the riders weren't wearing the regular kit, they could be disqualified and removed from the race, the jury said. だと。ポポビッチ達はレギュラージャージを受け取ってバイクから降りてゼッケンを付け直すという地味な画。安全ピンを外して付け直す。UCI も洒落わかんねーなー、といったところか。最後まで抗ったランスもゼッケンを乱雑に付けてヒラヒラさせてムッツリ再スタート。

Armstrong is still looking very glum-faced at the rear of the peloton as he makes the final adjustments to his kit. Still no numbers mind. It's worth noting that US Postal wore a special kit for the final stage of centenary Tour and didn't have to change. The climate has shifted significantly in recent times it seems. It seems today that the commissaires are the hammer and Armstrong is the nail. It's been a rough three weeks for the American.

そんな中、Yukiya がコンタドールと肩を組んで撮影。アイウェアがいつもと違って赤いようだ。襟も赤いな。

恒例のチャンピオンチームのシャンパンタイム。その後ろで妙に深刻な顔で話をするアンディとランスが気になる。
その後おふざけでアタック合戦をしたらディレーラーがおかしくなっちゃったアンディ。バイク交換して戻る。Sram...

なんだかいつもよりはおふざけが少ないまま残り60km、セーヌ河畔をエッフェル塔目指して走る。集団先頭はアスタナが引いて少し緊張感が出て来たようだ。誰か逃げるのだろうか?そして中間スプリント争いは?

周回に入って集団が不安定になる中、クチンスキーが抜け出すもしばらくして捕まる。残り40km、今度はアントニー=ルーが飛び出す。あんた、ランタン=ルージュから4人目なのにこんなとこで目立つの?結局10人強の逃げがやっと決まる。決まると言っても15秒ほどの差。
残り25kmで差が25秒。中間スプリントは全て逃げが潰した。

残り8km でセレンセン、クルーン、クネースが抜け出すが、差は15秒。
残り7km、逃げは3人だが正に捕まらんとす。HTC とランプレがコントロール。BBox のテュルゴーがメカトラブルということで、スプリンターは新城に変更か。HTC は随分アシストを使ってしまったみたいだ。
残り2km、前輪バレドアタック。これは決まらない。最後までトレインを維持したのはサーベロ。しかしフースホウフトは伸びず、カヴェンディッシュが圧倒的な強さで5勝目。2位に入ったペタッキがマイヨヴェールをキープした。

表彰式では、久しぶりに顔を見たような総合3位のメンショフ、何だかんだでチーム優勝で最後の表彰台に上がったランスが印象的。

振り返れば前半の落車や勝てなかったカヴ君やら何から、例年より「たられば」が多い Tour だったかなぁ。まぁでもこれがレースなのだ。個人的にはサンタンブロジオと抱き合って泣くエヴァンスと、逃げて勝ったヴォクレールが記憶に残った。

|

« Tour de France Etape 19 | トップページ | 首都のチーム »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750479

この記事へのトラックバック一覧です: Tour de France Etape 20:

« Tour de France Etape 19 | トップページ | 首都のチーム »