« 体面 | トップページ | Tour de France Etape 1 »

2010年7月 2日 (金)

Tour de France Team Presentation

早くも7月だ。

土曜から始まる Tour de France は今年はロッテルダムスタート。オランダからベルギーを通り、地続きでフランスへ入る。正に北のクラッシックのコースを使い、火曜の第3ステージはパリ~ルーベの石畳が幾つか登場する予定。
同じくオランダのアムステルダムスタートだった今年の Giro は悪天候も相まって狭くて荒れた道で有力どころがトラブルに巻き込まれてメチャクチャになったのは記憶に新しいところ。最終的にはトラブルで遅れたバッソ達が巻き返して面白い展開になったのだけど、序盤で興味を削がれそうになった。
TdF はどうなるんだろうなぁ。総合争いをするエース達の位置取り、それを助けるアシスト達、それが一気にパヴェ(石畳)に突っ込むと何か起こりそうな気がする。

で、昨晩は Team Presentation であった。ロッテルダムのエラスムスブリッジをチームが渡ってステージ上に登り、そこでインタビューを受けてはけるというもの。ボーネンとジルベールがいないのを除けば役者がそろったというところかなぁ。
穿った見方をするならば、ディフェンディングチャンピオンのコンタドールのチームメイトにヴィノクロフがいること。去年はランスと同居することになって色々嫌がらせを受けたと噂されたコンタドールはアスタナへの残留の条件として「ヴィノクロフをツールに出さないこと」を掲げたというが、ヴィノが大人しくコンタドールのアシストになれるのかどうか。後は、コロンビアのカヴェンディッシュ。冬のオフに彼女と Wii Fit をやっていて足を滑らせて足首を痛め、その後は歯の炎症(?)でレースに出られず、やっと出て勝ったと思ったらカメラに向かって中指を立てた(中指以外も立てたんだけどいかにもなポーズだった)ためにレースから途中で帰らされたりとお騒がせ。代わって序盤に絶好調だったけど Giro がダメダメだったグライペルを外してまでツールに出て来たので、ここはスプリントを取らねば顔が立たない。

さて、そのコロンビア。元は T-Mobile だったのだけど所属選手のドーピング問題があってスポンサーが外れ、優れたチームマネジャー(経営者)がついて High Road というスポンサー名ではないチームを立ち上げた。すぐに US のアウトドア用品コロンビアを引っ張ってきて、昨年辺りから携帯端末メーカのHTC がくっついて HTC - Columbia となった。
昨日のプレゼンテーションでインタビューを受けるカヴ君のジャージの袖口には Skype の青いロゴが。TdF 直前に Skype が新たなスポンサーについたと。
High Road Sports and Skype Join Forces - Team HTC - Columbia
確か HTC も TdF 直前についたような。日本では注目されないが World Wide では WBC やら SuperBowl なんて足下にも及ばない最大級のスポーツイベントであるのでマーケティング的な価値は底知れない。
そこへ来て昨日のプレゼンテーション直前のリリースが。
High Road Sports and Google Announce New Marketing Agreement - Team HTC - Columbia

実際に昨日のプレゼンテーションは Skype で Streaming されたそうだし、レースが開始すると GPS で各選手の位置を送信して Google Maps 上で見られるようにするそうだ。HTC + Skype + Google って凄い。Google Maps のおかげで株価が急落した Garmin もチームを持っていて TdF にも出ているんだけど何か対抗しなくてよいのか?

|

« 体面 | トップページ | Tour de France Etape 1 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750444

この記事へのトラックバック一覧です: Tour de France Team Presentation:

« 体面 | トップページ | Tour de France Etape 1 »