« Vuelta a Espana 2010 2a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 3a etape »

2010年8月30日 (月)

甲州街道 第7話

今回は諸事情により短め。1つは山岳コースであること。もう1つは山を越えてから中央線と離れてしまうため中途半端に進むと帰りの駅までの距離が出てしまうことである。山梨組が車を停めておく策もあったが、丁度良さげな辺りに駐車場が無いということで。

8時前に家を出てコンビニへ。笹子から山の登り口までにコンビニが無いかも知れない、という山梨方面からの情報があったので。ネットで検索するとヤマザキYショップ笹子追分店があるらしいのだが「潰れてたと思います」と。
四ッ谷から丸ノ内線=>京王=>JR と乗り継ぐ。四ッ谷から直接でもいいのだけど、丁度いい大月行きが無く、かつJRだと700円ほど高い。高尾から大月まで行って乗り換え。都内と違って風が涼しい。

笹子駅1030。少し待たせてしまった山梨組4人と合流。もう双方1時間に1~2本しかないのでね。
日向に出るとやはり暑い。

通過する臨時列車(団体)の国鉄色189系。かつての「あずさ」であろうか。この後、あさま色も走ったり臨時電車の多い日だった。

笹子トンネル入口を上から見る。右が昭和40年に出来た新トンネル、左が明治35年の旧トンネル。

1101 山梨県民の心のオアシスらしいハッピードリンクショップで水分補給。どうも賞味期限(?)ギリギリの商品を仕入れてきて安価に売る自動販売機置き場だそうな。城南電気みたいなもんか(若者は知らんか)。上野原を過ぎたあたりからチラホラとある。ほとんどのドリンクが100円。人件費かからないし儲かりそうだなぁ、とか。都内と違って置き場所の地代とか気にならなそうだし。

1107 ヤマザキYショップ笹子追分店。真っ白に燃え尽きてました。やっぱ家の近所で諸々調達して良かった。

笹子峠登り口手前の工事現場。ガキの頃からリニアモーターガールカーの実験を山梨でやってるとは知っていたがどこかは知らなかった。こんなとこなのね。

ということで1116登り口です。20号から離れて急に静か。Aさんがつけた熊よけの鈴の音が響く。ってか結構大きくて澄んだ音がするのな。

小仏峠と違って全く人気がありません。道も荒れ放題。

例によって道を間違えて急坂を直登イベント発生。「あ、あっちが道だったのか」

1202 矢立の杉。昔はここを越える武士が矢を射立てて冨士浅間神社に戦勝祈願したという。ってか、ここまで馬で来たのかよ。武田方か北条方か知らんけど。

杉様の歌う歌が流れます。無料。ゼンマイ式だそうですが、がんがん掛けちゃってもカスラック的にはOKなの?しばらく休憩して再度出発。

悪いとは言え、これまではそこそこの道だったんですが、急に細くきつくなります。うわーーーーっと思ったその勢いで一気に登る。アルパインポール持って来て良かったわ。戸隠に次ぐ活躍。でも突きすぎて右手が腱鞘炎気味になった。
その後道路に出て登ると

1234 笹子隧道。昭和32年に国道20号の新笹子隧道が出来るまではここが交通・流通のメインだったらしい。予定では12時半に峠だったんだけど、休憩多めだったからか少し遅れ気味。もちろんトンネルはくぐらず、峠を越えます。で、また獣道のようなところを登ると。

1241 峠です。右に70分で雁ヶ腹摺山、左に90分でカヤノキビラノ頭ということで正に峠です。が、小仏と違って広場もなく人もいない。昔は広場があって常時20頭の馬が繋がれ諏訪神社と天神社が祀られていたらしいが、天神社しかなかった。馬をつなげそうな広場もないし。
とりあえずここじゃ飯も食えんということで下りる。

と言うわけで1250 トンネルの出口側、甲州市に入ったところで食事。何故か小豆色のカナブンがゴロゴロと死んでるんだけど、もうこの際気にしない。
今日の昼食は面倒なので家で握ってきたおにぎり。具は家にあったもの、ということで、ねぎ塩だれ・あみづけ(佐賀のアミエビの塩漬け)・うに、って酒のつまみしかなかったのよ。
湯を沸かすかもとNさんが言ってたのでコンビニで豚汁を買って行っていたのだけど、皆様暑いだろうということでラーメンとか買ってこなかったらしく湯は不発。

天気最高。峠を抜ける風は涼しく、座っていると寒いぐらい。でも少し河口湖方面に暗い雲が出てるかな。

1310 移動再開。また少し山道を下り、道路に出てそのまま下る。アスファルトは膝に来るなぁ。

眼下に民家が見えるようになる。ああ、もう盆地の縁に来たんだなぁ。

1437 民家地帯に入りました。大和村ってのかな。 orz な向日葵。

中央高速をくぐり

大和橋西詰で終了。1448。予定は3時間強だったのだけど、5時間弱かかったなぁ。

とはいえ、いつもよりは早めに終了だったのだけど、この後の件は別に。

|

« Vuelta a Espana 2010 2a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 3a etape »

」カテゴリの記事

甲州街道」カテゴリの記事

コメント

まぁ、一応撮った写真も出したところで「で?」って感じですし。下りはもう面倒くさくてほとんど撮ってませんが。

お湯は小心者なので言い出せませんでした。もうドキドキしちゃって。

投稿: しげお | 2010年8月30日 (月) 09:40

お疲れさまでした。流石に今回は写真少なめですね。どこ撮っても森ですし。
「豚汁買って来たじゃないか!」と主張すれば、漏れなくお湯は出て来たと思います。

次で最終回ですね。名残惜しい。

投稿: 青木@蔵 | 2010年8月30日 (月) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750506

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州街道 第7話:

« Vuelta a Espana 2010 2a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 3a etape »