« 二物 | トップページ | ポイントカード »

2010年8月19日 (木)

モツ屋

1996年、ひょんなことから参画することになった学生ベンチャーはワンルームマンションの一室だったのだけど、すぐに手狭になって2LDKのマンションに引っ越した。その近所にモツ専門の店があった。まだもつ鍋ブームとか来る前で結構珍しかったんじゃないかと思う。
本当にモツしか無くて、飲み物はビールと梅酒と焼酎が数種、後はウーロン茶。白いご飯を注文すると近所の弁当やに買いに行ってそのまま発泡スチロールのトレイで供されるような店であったが、旨かった。別にモツ好きではないので食べ比べた訳じゃないけど、その店以上に美味いモツは食ったことない気がする。

当時は下手をすると週1ぐらいで会社の連中と通っていて、カタギに就職した後も月1ぐらいで行っていた。店のオネーサンに気に入ってもらって色々便宜を図ってもらったりしたものである。

ひょんなことで足が向かなくなってしまい(場所が中途半端に不便だったり)、もう10年近く忘れていたのだけど、近頃よく一緒に飲むMさんがモツ好きということで、久々に行ってみようかと。
実はちょっと前にもひょんな話で行きましょうか、という話になって17時過ぎに電話したら「もう今日は予約で一杯でして…」と断られてしまった。そんな店じゃないんだけどな、何か貸し切りとかあるんだろうか、と思ったんだけど、今回は満を持して前日に予約。それでも「カウンターしか空いてないんですが」と言われてしまった。

10年ぶりの訪問は妙に緊張する感じもあったのだけど、店の構えは前と同じ、内装も全くそのままだった。違うのは従業員が全く知らない人達になっていたのと、ご主人が若旦那に替わっていたこと(ちょうど10年ぐらい前に体調崩されて若旦那に代わると言っていた)、ドリンクメニューが増えて何故か分からないけど新政が飲めるようになっていた。座ってビール、ミックス焼き、続いてカクテキと刺し盛りなど頼んで食す。ミックス焼きはタレと塩が選べるようになっていたが、昔はタレしか無かった。ので、もちろんタレで。レモンを搾って食うとビールが進む。やはり美味いな、何度か店の中を見て12年前を思い出し「色んな事あったなぁ~」と少し懐かしく思う。煮込みで韓国JINRO、刺身をお代わり。
隣の人がご飯を頼んだら茶碗で出て来た。自前で炊くようになったのかな?それとも昔は馴染みだったから茶碗に盛り直さずトレーのまま出してたんだろうか。

今は予約して2時間半で追い出されるらしく、随分と人気店になったものだ。昔は近所のサラリーマンぐらいしか来ないようなところで気楽に入れたものだけど、今は予約を取るのも大変。10年前は口コミサイトとか無かったからなぁ。でも繁盛しているのは結構なことですよ。
10時前には最後の客になりそうだったのでお勘定をお願いして退出。帰り道に立ち飲みで英君と田酒を軽く飲んで千鳥足で帰ったのでした。

|

« 二物 | トップページ | ポイントカード »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750497

この記事へのトラックバック一覧です: モツ屋:

« 二物 | トップページ | ポイントカード »