« Vuelta a Espana 2010 16a etape | トップページ | 歩く人 »

2010年9月14日 (火)

FPDI の setSourceFile

急にバッドノウハウ。

てか今時やるのかどうか知らんけど。FPDI 系で PDF 出力するシステムがあったんですよ。元のPDFを読み込んでそれに数字とか記入して出力。
5年ぐらい前に作って大人しく動いてたので、今でもPDF出力にFPDI使うのかどうかしらんけど。

んで、その「元のPDF」の記載を変えて欲しいと要望が。原版はExcelでそれをPDFにして使ってたんですが、Excel のバージョン変えたからかもしれないし、当時の出力時の余白設定なんか分からんし、どうやっても上手く合わないのですよ。システムで文字書き込むときには紙の左上からの相対位置で指定してるから、元のPDFの枠組みがずれると全部やり直し。それは避けたい。

面倒だからPDFを直接編集しちまえと。でも Acrobat は無いので探したら PDF-XChange Viewer なるステキなものが。Viewer と言いつつ編集できるフリーソフト。
で、当該箇所に白い四角でマスクして、その上から文字入れて、保存。これで良し、と思って差し替えて出力したら古いままの記載で出て来ます。
何かキャッシュでも効いてるのかと思って Apache 再起動してもダメ。ファイル名変えたり、古いファイル削除したりしてもダメ。でも、ファイル名をダミーにするとエラーが出るから読み込んでるファイルの指示はあってるようだ。

うーん。と考えて、ふとレイヤーが読み込まれていないのかも知れない、と思った。つまり FPDI では重ね書きされたようなエレメントは読み込めないのだ。
なので、加工したPDFを再度PDFとして印刷(出力)し、それを読み込むようにしたら目出度く出力出来た。

10分ぐらい悩んでしまった事よ。備忘録。

|

« Vuelta a Espana 2010 16a etape | トップページ | 歩く人 »

てっく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750531

この記事へのトラックバック一覧です: FPDI の setSourceFile:

« Vuelta a Espana 2010 16a etape | トップページ | 歩く人 »