« Vuelta a Espana 2010 18a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 19a etape »

2010年9月17日 (金)

サッカー人気

民放のサッカーW杯は十数億円の赤字
なんかね、広告代理店が頑張ってね、やたら番組の合間にジングル入れたりね、ナカータ引っ張り出して痛々しい番組作ったりね、してたみたいですけどね、ダメですよね。
直前まで代表が不振だったとか言うけどね、そういう問題じゃないよね。みんなサッカー観てないんだもん。普段。

Top League 選手名鑑の付録がついてるというので購入したラグマガに面白い事が書いてありましてね。誰も知らないけど2019年のラグビーワールドカップは日本で開催されるんですね。今の日本のレベルは本大会の予選突破出来るかどうかと言う当落線上ですが。
関係ないけど今月号、三洋の山田章仁のナルシストっぷりが随所に溢れた写真がイパーイで気持ち悪い。表紙もキモイので裏返してトイレに置いてます。いや、好きですよ。慶応の時から何するか分からん感じがあって。まあ、早稲田時代の今泉には叶わないけど。

んで、引き合いに出されていたのがドイツのサッカー。今回のワールドカップで堂々の3位だったわけですが、10年前のEUROでは予選で敗退してたわけです。あのドイツが。丁度今回のフランスとかイタリアと同じ感じかも。

で、ドイツは何をしたかというと全国の数百の拠点で11歳を対象にセレクションをして週1回トレーニングを受ける機会を与えたと。この予算が年間12億円で、今も2万人以上の少年がこのプログラムを受けてるそうです。10年前の1期生がエジルとミュラー。ミュラーは得点王でしたね。バイヤンと大型の契約更新をして、一方のエジルはブレーメンからレアルへ。

サッカー協会が本腰入れて強い代表を作るのと一緒に、メディアも赤字出したくないなら普段からしっかりサポートしないと。地上波で野球やってないのにWBCだけ盛り上がったら変じゃね?

それはそうと、ラグビーは後10年でどうなるんでしょうねぇ。確かにカーワンHCになって強くなった気がするけどもう一声目に見える強さが欲しいところ。今の高1ぐらいがワールドカップ出場メンバーなのねー。

あれ?何の話してたっけ。サッカーか。

|

« Vuelta a Espana 2010 18a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 19a etape »

戯言」カテゴリの記事

コメント

もしマスコミが言うように本気で強い代表を求めてるのなら、マスコミに long term vision がない。
でも結局短絡的にスポットで儲けようとしてこけてるだけなんだよな、きっと。そういう経営目線でもやっぱ long term vision がないのか。ダメだ。

投稿: しげお | 2010年9月18日 (土) 22:35

同感。結局、long term vision が無いんだよね。

投稿: shun | 2010年9月17日 (金) 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750536

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー人気:

« Vuelta a Espana 2010 18a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 19a etape »