« Vuelta a Espana 2010 21a etape | トップページ | 迷惑行為? »

2010年9月22日 (水)

こんぴらさん 本宮~

13時頃に本宮を出て右奥へ。

5分も歩くと白峰神社。保元の乱に破れて讃岐に流された崇徳天皇を祀ってあるという。元々、在所の建物を移して祀っていたんだけど、明治頃だかに京都に移されて廃されたものを再び祀ってるんだとかなんとか説明に書いてあったけど詳細忘れた。後ろの楓が見事で秋になればさぞかし綺麗でせう。

本宮までは楽勝だったんだけど、何だかキツくなってきます。人は激減。

菅原道真が讃岐守だったことがあるという縁で菅原神社。色々寄せ集めですな。

まだまだ続きますよ。かなり脚がキツイ。その代わりにほとんどが日陰で本宮までよりは涼しい。

1318 奥社。麓から1368段だそうです。本当の名前は厳魂神社だそうで、元々の修験道の神様(?)がここに移されたんだそうな。ほら、明治時代の分離でね。


クリックで拡大

樹が茂ってるけど確かに高いところに来た。

少し休んでたら軽いエンジン音がしておっちゃんが水運んできました。何かレールが引いてあると思ったらこんな楽しそうな乗り物があるのか。乗ってみたい。

さてまた20分ほど掛けて本宮まで降りてきて隣の絵馬殿。海上交通の神様ということで、エンジンの写真付きの額とかそんなのが奉納されてます。下のは堀江謙一がエクアドルから帰ってきたときのマーメイド号だそうで。後、もっと下に降りたところには今治造船がでっかいスクリュー奉納してたりしてた。

ここでトイレに寄って着替え。下りはあまり汗をかかずに済む。

ずんずんと降りて1415に一段目。舗装工事は終わったようだ。左側でぐったりする駕籠掻き。駕籠を頼むと横にして石段を登ってくれるそうな。いくらだっけな結構いい値段だった気がする。

ということで金比羅参り終了。予定よりも1時間以上早かった。案外大したこと無いな、という感じだけど、土産物屋によったり休憩してたらもう少しかかるんだろう。


行きに見かけた金陵に立ち寄る。が、資料館みたいなのは有料ということでスルー。
金陵は元々琴平の酒屋を金比羅参りに来た阿波の藍師が買収したんだそうで、今では酒造部門と染料部門が別みたいだ。でもって製造も多度津の方で行っているということで、琴平にあるのは販売所のみ。
販売所で試飲させてくれるというので純米吟醸を飲んだんだけど、なんというかパンチが強く感じたので御礼を言って買わずに出た。すっきり、という感じでなかったので。まあ歩いて汗かいた後だとかそういう影響があったのかもしれず。

また元来た商店街を抜け、何もない道を進む。

これまた結構暑いが10分も歩いた頃かな

丸尾本店。長谷川佐太郎旧家ということで史跡なんだそうな。よくは知らぬが高杉晋作をかくまったりした篤志家だという。今の丸尾家はその長谷川家の番頭だと。

中を覗くとおっちゃん二人が話し中。オイラが入っていったのを見て事務所のようなところからオバチャンが出て来た。「ここで買えるんですか?」と訊くと「うちはお店の方が品揃えがいいんですけどねぇ。今あるのはここにあるのだけです」と冷蔵庫を指す。飲み屋にあるような大型の冷蔵庫に1種類1本ずつポツポツと展示。全部で10本ぐらいあったけど四合と一升とかなので実質5種類ぐらいかな。

2本選んで東京に送ってもらう。少し中庭が見えていたので見せて貰いたかったが、オバチャンがちょっと面倒そうだったので礼を言って出る。決して嫌な感じじゃなくてね、造るのが本業で小売りは本業じゃないでしょうから押しかけてご迷惑掛けるのもね、と。
そうそう、事務所の奥にマンガの色紙がかかってて、ぱっと見あだち充か高橋留美子かと思ったら「夏子の酒」でした。


蔵を出たのが1442。本当は16時台の電車で神戸に帰る予定だったんだけど、この分だと1時間ぐらい早められるかなぁ、と歩きながら乗り換え案内見ると1448発がある。でもグーグル先生によると丸尾本店から琴平駅は歩いて10分。でもなー、次の特急まで1時間なんだよなー。いやでも間に合わねーだろー。と諦めつつも急ぎ足。
踏切を渡ったところで1446。駅舎は遠くに見えるが2分で行けるか?踏切まだ鳴らないな。行けるのかな?小走り。ああ踏切鳴りだしたよ。ポケットから小銭入れを取り出し200円を握って、恥も外聞もなく走る。
オイラが駅舎に入るのと南風16号の入線が同時。券売機に駆け寄り200円入れると初乗りが200円だった。何やらマイクを持ってアナウンスしている駅員の横をダッシュで飛び乗る。


(岡山駅にて)

平日昼間は指定席なんて必要ない、なんてネット上で見てたんだけど3両編成はぎっしり。それでも2両目の端っこに空席を見つけて座る。汗が止まらない。
讃岐平野の長閑な風景が流れ、しばらくすると坂出から瀬戸大橋に出る。島々と船の航跡が綺麗だ。窓際だったら写真とりたいなぁ、と思ったけど無理。そうだ、精算しなきゃということで、車掌を待っていたらやっと来たんだけど「ちょっとお待ちください、引き継ぎしますんで」とのこと。どうも児島で交替するらしいのでオイラの精算は後の車掌に任せるらしい。JR四国からJR西日本へ引き継ぎなのかな。

児島を出てトンネルが矢鱈と多くなってきたところで新しい車掌登場。南風の特急券、新神戸までの乗車券、新幹線の自由席特急券など購入。これで一安心。200円で特急乗って瀬戸大橋渡ってしまったので小心者はドキドキしてたのよ。

岡山で500系こだまを見送り、

ひかりレイルスターに乗って30分。新神戸に帰り着いたのでした。天気に恵まれて充実の帰省旅行でした。

|

« Vuelta a Espana 2010 21a etape | トップページ | 迷惑行為? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750541

この記事へのトラックバック一覧です: こんぴらさん 本宮~:

« Vuelta a Espana 2010 21a etape | トップページ | 迷惑行為? »