« 2立方メートル | トップページ | FPDI の setSourceFile »

2010年9月14日 (火)

Vuelta a Espana 2010 16a etape

LLサンチェスを含む10人が逃げたが逃げにリクイガスが入ったので集団はサクソバンクがコントロール。

残り42kmで差が1分半。ここで集団からフランク兄ちゃんが単独アタック。リクイガスは傍観。この登りを越えて下って最後に登って頂上ゴールである。
何時の間にか逃げは5人に絞られた。

残り10km。最後の登りにかかって差が2分半。逃げがばらけ、集団先頭はガーミンとシュレク。フランク兄ちゃん良さそうだ。飛び出して先頭を追う。狙うはステージ優勝か、少しでもランクを上げておこうというところか。
集団はクロイツィゲルがダンシングでニーバリを引く。モスケーラ、ホアキンも続く。モンクティエも食らいついてるのが面白い。

残り6kmからサストレアタック。昨日も見せたが、ステージでも取っておかないと洒落にならない。そのままシュレクを躱そうというのに食らいつく兄ちゃん。シュレクと一緒にいたダニエルソンが苦しい。
残り5kmで逃げ先頭ニエベとサストレの差が2分。と、シュレクがサストレを突き放す。ダメだなサストレ。

残り4km。あんまり一緒にいるとニーバリと差をつけられないよ、モスケーラとホアキン。

残り1kmちょっとかな、クロイツィゲル脱落。ここでモスケーラがアタック。と、他の選手もアタックしたところでニーバリが遅れる。
その頃ニエベがゴール。フランクが2位、ホアキン4位。ニーバリはニエベから1:58遅れで10位のゴール。ホアキンと40秒ほどの差。むう。

今日も表彰では変なとんがり帽子。昨日のバレドが持ち込んだのかと思ったら、表彰の副賞?のようだ。アントンを失ったエウスカルテルも良かったね。
総合トップを取り返したホアキンは満面の笑み。

結局、ニーバリは33秒差の総合2位に転落。明日は休養日。リクイガス的には暗雲立ちこめてきたけどレースとしては面白くなってきた。

|

« 2立方メートル | トップページ | FPDI の setSourceFile »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750530

この記事へのトラックバック一覧です: Vuelta a Espana 2010 16a etape:

« 2立方メートル | トップページ | FPDI の setSourceFile »