« 具合 | トップページ | iPod nano »

2010年9月 3日 (金)

Vuelta a Espana 2010 6a etape

昨日勝ったファラーも第4ステージでは7回吐いたとか。大変だ。
カヴ君は1ハロンしか脚が無いのに、焦って500m手前からスプリントしてしまったと本人も反省の弁。

放送開始時に残り65km逃げは4分差で3人。ゴール20km手前の2級が勝負の分かれ目か。

カヴ君を始めとする純粋なスプリンターチームは追う気無し。ジルベール擁するオメガファルマはどうするかな。なんだか集団のペースが上がらず残り40kmで4分のまま。集団先頭はカチューシャ。ポッツァートで勝負か。

2級山岳に入って逃げ3人はバラバラに。先頭は BBox のビショ。集団との差がみるみる無くなり敢えなく吸収。
下りでそっとポッツァートがアタック。気付いたジルベールが追う。凄いな、総合ジャージが単独で追う。ステージレースって感じじゃないなぁ。山岳コースでもないのに。が、残り14kmでまた合流。カウンター気味にアスタナが飛び出す。ホフォノフ、残り10kmで10秒のアドバンテージ。これは無理だな。残り7.5kmで吸収。

スプリンターは誰が残ってるんだろう。と思ったらクイックステップの前輪使いのバレドがアタックするもすぐ吸収。

さて残り1km。普通に考えればフースホウフトか。

何か呆気なくスプリント終了。ペタッキやカヴェンディッシュいないからな。フースホウフト優勝。2位にベンナーティか。これでちょっとは調子を取り戻してくれればいいな、イケメン。

|

« 具合 | トップページ | iPod nano »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750513

この記事へのトラックバック一覧です: Vuelta a Espana 2010 6a etape:

« 具合 | トップページ | iPod nano »