« Vuelta a Espana 2010 7a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 9a etape »

2010年9月 5日 (日)

Vuelta a Espana 2010 8a etape

毎日のように脱落者を出す Team Sky だが、昨日マッサーが亡くなったと。Sevilla で感染したバクテリアが体中の血液に回ったとかなんとかだが、選手のリタイアとは無関係だというリリース。心配ではある。そして Sky はこれを以て Vuelta を撤退。残念。

そして序盤に落車があったらしく、昨日勝利したペタッキはお尻半分丸出し。

残り60km強で差が6分。逃げているのは山岳賞のマルティネスと昨年と一昨年の山岳チャンピオンモンクティエを含む5人。どうも山岳スペシャリストと言われるような選手が減って山岳ポイントは逃げて稼ぐもの、というような傾向が近年強い気がする。山頂ゴールだと総合系の選手が取っちゃうし。
集団先頭はマイヨ・ロホのロットがコントロール。ただ、ジルベールのマイヨロホも今日が最後じゃないかというのが大方の見方。

残り30km、差が3分50秒。集団先頭はサーベロと毛ガニ。ラボバンクも上がって来た。サストレが一発逆転を狙ってくるのか。
20kmを割って差が5分以上に。例によって時計は怪しいが、逃げは容認された模様。

残り7kmを割ってリクイガスが一気に加速。ニーバリを連れて行く。逃げとの差がみるみる減って3分割る。が、1級登りでニーバリがアシストに着いていけず、代わって毛ガニのウランがアタック。フランク兄ちゃんが集団後方でフガフガしてたのが心配。

先頭は残り5kmでモンクティエがアタック。更に集団からサストレアタック。ここでメンショフ、ジルベールが遅れる。今度はホアキンがアタック。ニーバリがチェック。サストレついていけず。何だよ今年の Vuelta。総合優勝候補は揃って形無し。

1級先頭はモンクティエ。そのままステージ優勝をかっさらった。集団先頭はホアキン。
何故か表彰式では花束を渡した後で、オネーサンが再び花束持って出てくるという不思議。文字通り両手に花。でもって、その後のシャンパンはコルクが折れるという悲しい結末に。ここんところ半分抜いてあったり、全部抜いてあったりしたんだけどな。

総合はイゴール=アントンに。フランク、メンショフがダメ。サストレもイマイチだし先日の遅れがあり。当初の優勝候補では唯一ニーバリが踏ん張ってる感じか。どうなるんだろ。

|

« Vuelta a Espana 2010 7a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 9a etape »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750516

この記事へのトラックバック一覧です: Vuelta a Espana 2010 8a etape:

« Vuelta a Espana 2010 7a etape | トップページ | Vuelta a Espana 2010 9a etape »