« ハローページ | トップページ | Korean GP »

2010年10月22日 (金)

地震保険

昨日飲み会で聞いた話。

日本企業で地震のリスクを織り込んで保険を掛けてる会社は数%らしい。欧米だったか西海岸だったか忘れたけど、だと20%ちょっとなんだと。日本はこんなに地震が発生するのに、会社の資産が大きく損なわれるかも知れないというリスクに対する手当がないと。

一方で地震の地域での地震保険を債券化して売るというビジネスが世界的にはあるそうな。地震保険として企業に販売する一方で、投資家向けに「このエリアでXX年以内にXX以上の保険が来なかったら高利回りで償還されまっせ。でも地震が来たら保険の原資に回すからスッテンテンね。」という商品。人気のエリアは資産が集まってて地震が起こりそうな所。1位が東京で2位が名古屋だか大阪だっけ、3位がサンフランシスコだとか。欧米ではよく売れるそうだが、何故か日本ではあまり前向きに扱うところがないとか。

個人的に考えると、オイラは自分の家に地震保険掛けてないのだ。何か最初にいーろいろ話を聞いたんだけど、保険金が下りる条件が妙に厳しい&カバーされる領域が異常に狭い気がして。まぁ保険なんてギャンブルの延長だから高い安いは一概に言えないんだけどね。つーか、火災保険すら夏に切れてから入ってないや。みんなどうなんだろうね。自宅にしろ企業にしろ。やっぱ保険掛けなきゃ心配なのかな?

むかーし、商社で南米担当の人から聞いたんだけど、チリ人が日本人が地震保険かけるのに驚いていたと。「そんな一生に出会うかどうかわからないものに何で金を掛けるんだ?」と言われたそうな。あそこも大地震が起こるところだけど考え方は色々だな、と思ったものよ。

|

« ハローページ | トップページ | Korean GP »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750564

この記事へのトラックバック一覧です: 地震保険:

« ハローページ | トップページ | Korean GP »