« 画像が消えた | トップページ | ぎゃんぶりんぐべい »

2010年11月 2日 (火)

次世代蔵元日本酒十八人の侍

タイトル長えよ。

昨日は画像が消えたショックで、というか画像をこれからどうしたらいいのか分からず呆然としてしまったのだけど、日曜は酒イベント行ってきました。場所は渋谷。お代は前売り1000円と格安。

開場1630、1645スタートだったのだけどオイラは買い物とかしてたら遅刻しそうになり渋谷駅から人混みを掻き分けつつ着いたのが1635ぐらい。もう本当に日曜の渋谷には辟易する。そして女子どもの余りに不自然なつけまつげを片っ端から引っぺがしたくなる。

で、ついたら45分スタートの筈なのに始まってました。普通、この手のイベントは45分スタートまでは絶対に注いでくれなくて、45分からなんやかんや15分ぐらい挨拶があって…というところなんだけど、10分前に既に始まっちゃってるところが若さなんだろう。
部員5人で行くはずが他の人が見当たらないので端から飲む。1時間45分と短めだが蔵数も18と少ないので十分だ。

いきなり最初に飲んだ陸奥八仙の特純生酒が美味くて泣ける。近頃妙に陸奥八仙が美味い。そこから順番にぐるりと回って一種類ずつ飲んでいった。渋谷という場所柄か客の年齢層も低く、蔵の人も若くて話しやすい感じだった。更に太っ腹なのは壁際に蔵の人が並んでるんだけど、真ん中のテーブルには各蔵2本ずつお薦めを一升瓶で置いてあって飲み放題になっているところ。

ぐるっと一種類ずつ飲んでから他の部員と合流し、今度は2周目へ。1回目に純米を飲んだところは吟醸を、吟醸を飲んだところは純米を、と。
結果として前から飲んでみたかった高知の文佳人の純米、豊潤(大分)の純米吟醸が美味かったかな。七本槍(滋賀)、紀土(和歌山)辺りも普通に美味しかった。燗で良さそうなのは磐城壽(福島)の純米大吟だったんだけど、それは燗付けしてくれなかったので残念。

ま、そんな感じで楽しんで帰ってきました。途中で和らぎ水が無くなるとかいうのはあったけど良くある話だし、お値段の割に特に運営がしょぼいわけでもなく非常にCP高かったな。

|

« 画像が消えた | トップページ | ぎゃんぶりんぐべい »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750572

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代蔵元日本酒十八人の侍:

« 画像が消えた | トップページ | ぎゃんぶりんぐべい »