« デスバレーな男たち ~上~ | トップページ | foo bar »

2010年11月10日 (水)

デスバレーな男たち ~下~

2日目も快調に起床。ちょっと夜暑かったけど時差ボケは無いようだ。

宿のテラスから。奥の山と手前の建物が合成写真みたいです。売店でパンやバナナとコーヒーを買って車に乗り込む。Vegas に帰るためにはこの宿の近くから東へ脱出する必要があるので、まずは南の見所へ向かう。

まず着いたのは Devil's Golf Course なるところ。こんなとこ、悪魔じゃねーとゴルフできねーだろ、というよく分からない発想で名付けられただそうで。


クリックで拡大

何かというと、全部塩なんですね。看板に「歩くのやめた方が良いよ。歩きにくいし、転んだらザックリいっちゃってめっちゃ痛いよ」と書いてあった。マジで痛そう。

つーことで更に南下。

デスバレーの真ん中を走る山脈の最高峰は3368mらしく、そりゃ馬車で越えられんよ、と思うんだけど、このBad Water は標高 -86m です。

で、着いたときは何だかよく分からなかった。取りあえず標高が低いってのと、朝で東の山の日陰ですんごい寒いってこと、駐車場のトイレから異臭がするということぐらい。後は遠く日向の方が白くなってて、遠くに人影が見える。
写真に見えてる1人じゃなくて、もっと遠くにゴマ粒のようなのが2つ見えて、それが歩いて行くと4つになって…「あれ人だよねぇ」「2人はいるけどもう2つは看板?あ、動いた」そんな感じ。でも延々フルフラットなので距離感が全く沸かない。あと何分歩けばあの人達のところに辿り着くんだろうか。寒いし適当なところで引き返そうかと思いつつ進む。

日が昇って影がこちらに近づき、オイラ達が歩いて日向へ向かう。丁度日向に出たときに眼前に広がったのは一面の銀世界。


クリックで拡大

かつては湖の底だったところから水が干上がってしまったんだそうで、何故だか不思議なハモン波紋が地面に残っているのでした。

で、やっぱりこれも塩です。つぶつぶの粗塩って感じ。一粒とって舐めたらかなりしょっぱくて、口中にえぐみが残るのでした。

Bad Water は一部水が残っていて、強烈な濃度の塩水なんだけど、ここに生息する生物がいるんだそうで。表面に塩の塊が浮いてるんだけどな、何故か鏡のように写り込むのでした。塩水って反射率が変わるんだろうか。

この後車に戻ったら車内が塩だらけになった。

これでメインどころを見終わったので北上して Artist's Drive という一方通行の細道へ。途中 Artist's Palette という岩肌にカラフルな地層が出ている部分を見る。駐車場に止まっているのは旅の相棒、レンタカーのカローラだ。


クリックで拡大

その後は北上して脱出口へ向かう。両サイドに草木が無いのは土壌に塩分が多すぎる為なんだそうな。土地の塩分に応じて植生が変わるらしく、一番濃度が薄いところでは灌木が生えているところもあった。が、それにしても農業も酪農も何も出来ない本当に不毛地帯なんだなぁ、と。

最後、出口の手前にも一方通行があったので入って見たらオフロードの曲がりくねった道で何か凄かった。写真の右に見えるのは前を走る車の巻き上げる砂煙。WRC かよ!って感じで眺めも凄いけど道路も凄いところでした。

後はウネウネと緩やかな坂道を登って東へ脱出。再び何も無い道を走って Vegas へと戻ったのでした。

【まとめ】
多分、米倉涼子とか常盤貴子とか山口智子とか連れてくると「大自然に圧倒されます」「人間の小ささを実感します」とかコメントして友近にネタにされてあらびき団に出るんだろうけど、実際はそんな感じじゃなかった。「意味わかんねぇ~www」「合成写真みたい」ってのが感想かな。で、そのうち慣れてしまうのが人間の恐ろしさ。Yosemite 行った時もしばらくするとジャイアントセコイアの太さに驚かなくなるしね。

しかし、帰国して写真見ても現地の10%も伝わってこないのが残念。
基本的には「だだっぴろいの」「でかいの」「何も無いの」を見に行くところなので人によって好き嫌い(?)があるのかな。わしゃ行って良かったと思いました。何事も経験です。

|

« デスバレーな男たち ~上~ | トップページ | foo bar »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750577

この記事へのトラックバック一覧です: デスバレーな男たち ~下~:

« デスバレーな男たち ~上~ | トップページ | foo bar »