« 禁酒 | トップページ | TRON Legacy »

2010年12月27日 (月)

天皇杯 準々決勝

ワールドカップで日本が敗退したときに長谷部とオシムが別々にではあったが「皆もっと日本のサッカー見に行け」と言っていたので根が真っ直ぐなオイラはポツポツ見に行ってるわけですが。

そんな中、ネタ的に見に行った天皇杯。まだ残暑厳しい9月に味スタにてFC東京 vs 駒澤大学。まぁ、ラグビー日本選手権でも玉砕しに来てる学生相手にトップリーグのチームが固くなって苦戦、ということはあるのだけど、この試合もそんな感じで前半スコアレス、後半本気になってやっと東京が勝ったという感じであった。もうこの頃からJ2降格のフラグが立ち始めていたのだろう。

次の北九州戦は前橋で行われたのでスルー、その次の千葉戦はもう11月半ばの極寒のナイトゲームを見に行ったら何か勝ってしまって。ここまで来ると付き合わざるを得ない、と土曜は熊谷まで遠征したわけです。

予報では最高気温8度風速5m。新宿で用事があったのだけど、熊谷対策に着込んで歩き回ったら頭から汗が噴き出した。湘南新宿ラインで1時間、熊谷に降り立ったらホームが既に寒い。
で、駅前に出たんですが。

長蛇の列。バスもタクシーも。天皇杯はJではないので、埼玉サッカー協会仕切りなんですがね。最初から「シャトルバスは出しません(キリッ」みたいな宣言しちゃって(一応路線バス増便したけど)、バスが全然来ない。タクシーも来ない。で、オイラがバスに、友人がタクシーの列に並んでたんだけど、10分ほど並んだところで驚愕の事実。バスの列はビルの裏手をぐるっと回って続いていた。仕方が無いのでタクシーの列に戻って、前のカポーと相乗り。20分ほどで着いたのだけどキックオフ1分前。

急ぎ足で入って何とか座ったんだけど、強風が凄いし座った瞬間に固まりそうに冷える。飯盛杜氏に申し訳無いぐらいに熱燗にして香りの分からなくなった鍋島と、竹泉の純米生を冷やで飲んで対抗。酔わないぐらい寒い。試合も早々に福岡が1点取ってから動きが無く、寒い。後半半ばぐらいには日が沈んでもうダメって感じ。

で、後半ロスタイムに入っても 0-1、帰りのバスを考えるとさっさとスタジアムを出たいので膝掛けをたたみ始めた矢先に石川ナオのすんごいボレーが刺さってまさかの同点。そのまま延長戦に入ったけど、守ってカウンターを繰り返していた福岡の選手は脚が完全に止まり、逆に急に東京の選手が覚醒して 3-1、最後に1点返されたけど何か終わってみたら3-2 で勝ってた。

何か、福岡サポータの「博多の男が~」みたいなチャントが面白かったんだけど、延長後半あたりから東京サポがお祭りモードに入って「J1だけには負けられぬ」とか「J1昇格できるかも」とか自虐チャントを歌い出して面白かった(東京は来季J2へ降格、福岡はJ1昇格)。しまいには「ヴェルディだけには負けられぬ」とか歌ってもう訳分からん状態に。試合から何から面白かったなぁ。でも、もう2度と埼玉協会主催試合には行かない。手回し悪すぎ。熊谷も行きたくない。遠い、寒い。

つーことで29日は国立行きます。腐れ縁ってこういうのかな。

|

« 禁酒 | トップページ | TRON Legacy »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/38223004

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯 準々決勝:

« 禁酒 | トップページ | TRON Legacy »