« 楊家将 | トップページ | 近距離切符 »

2011年1月20日 (木)

蛇口

ねじって出す蛇口ってもう見ないな。あってもシャレオツなレバーで、昔みたいに十字型のハンドルは見ない。実家の洗面台はそうだったけど引っ越したっつーからどうなったか知らぬ。今じゃ捻る方向は水温調整だもんな。

下げて止める蛇口「大震災を機に統一」都市伝説の真相は

大震災で統一ってのは聞いたことなかったけど、地震の時に上から物が落ちてきて出しっぱなしにならないため、って聞いてた。実際は欧米での普及率に従っただけみたいだが、欧米で何故「下げ止め」が普及したのかについては書かれてないなぁ。惜しい。

UI って難しいよな。確かに押したら出るってのが直感的な気がするけど。引力考えると押したら止まる方が Fail Safe なわけだ。地震に限らず上の棚開けたら物が落ちてきてジャーみたいなのを回避するってのが理由なのかなぁ。欧米じゃそうそう地震起こらんし。

物が落ちてきたら…ってのは思い返せば中古物件探してたときに仲介会社の人から聞いたような気がする。古い物件の特徴として、レバー式の蛇口が上げ止め、台所の高さが低い、浴槽が小さいってのがあった。綺麗にリフォームしても台所総取っ替えまでやるオーナーはあまりいなかったり、浴室はリフォームしようにもPSとかで大きい浴槽を入れられなかったりするのよな。んでもって蛇口ですよ。

オイラの行ってるジムは蛇口が上げ止めなんだよな。たまにボーッとして水を止めようとして押し下げて、更に出してしまって嫌気がさす。何かトイレの男女みたいに意識しなくても見分けられるようなマークをつけて貰えないかなぁ。

|

« 楊家将 | トップページ | 近距離切符 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/38540050

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇口:

« 楊家将 | トップページ | 近距離切符 »