« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

GG

日曜は久々に知人とランチでも、という予定だったのだけど、週末医者に行きそびれたら目が真っ赤で夜も眠れず云々ということでキャンセルに。そうか、そんなに酷いのか、世の中的には。オイラは今年も平気だ。
まぁ、これで日本選手権を生で見られるようになったので無問題。

サントリー vs 三洋というトップリーグプレイオフと同じ顔合わせになり、試合の序盤から激しくぶつかり合う両者。前半を終わって24-6 とサントリーがリードしたものの、これぐらいは三洋電機なら計算の内。プレイオフも、準決勝の東芝戦も前半はリードされていながら、後半の運動量と集中力でまくってきたのだ。

後半、29-13 となったところで、サントリーはFLクレバーに変えてSHグレーガンを投入。この試合が引退試合となるグレーガンではあるが、まだ20分以上も時間のある時点で効いているクレバーを変えるのはどうか、と思ったら案の定、後半20分に29-20と三洋が差を詰めた。

しかし、グレーガンが Wallabies 139Capsが伊達ではないところを見せる。素早いラックへの寄りとパス、裏のボールへの危機管理など37歳で引退するとは思えないプレーのレベル。結局トライを追加して三洋の心を折り、引退を日本選手権優勝で飾った。
ワールドカップをはじめとする数々のリーグ、トーナメントで優勝してきた George Gregan の最後の試合は見事に日本選手権優勝というのが恵まれた素晴らしい選手なんだなぁという気持ちにさせる。

三洋は悲願の社会人優勝を達成してしまった虚脱感か、イマイチ迫力が無かった。あと負傷でベンチにも入らなかったブラウンに太鼓判を押されていたSO入江だけど、やはり守備で少し差が出た気がするなぁ。後はレフェリーの笛も少し三洋に不利だった気がするけど。まぁ、そういう諸々差し引いてもこの日はサントリーの日だったとは思う。当のブラウンも36歳。引退については一旦保留だそうだが、来年も選手兼コーチかコーチの形で三洋に戻ってくるとコメントしていた。

シーズンを「長い旅」と擬えた名将エディ=ジョーンズ。トップリーグ優勝を逃したときは「間違った場所に降りてしまったようだ」とコメントしていたが、最後の最後に目的地にきっちりついたんじゃないだろうか。やはり世界の名将って感じかなぁ。GGと合わせて凄いものだと素直に思いましたよ。

GG の後釜には現在世界最高のSHと言われる Springboks の Fourie du Preez が来季から加入する。これまた World Cup、Super14 で優勝した経験を持つ World Class の選手だ。それもまだ29歳。楽しみである。

ってか来季は神戸頑張ってよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

慣れ

丁度 E-P2 を使い始めて1年ほどになる。

先日のスキーは流石に一眼レフ背負って滑る勇気は無く、久しぶりにコンデジのパワーチョットG10を出してきて持って行った。問題なく動作するのに放置しておくのは何だか申し訳無いものである。

んで、適当に写真撮ってたんだけど、シャッターの反応の悪さにびっくりした。半押しでフォーカス合わせてから押し込んで撮影っていう1年前までは何の違和感も無かった動作なのだけど、遅い。
別に G10 が悪いんじゃなくてコンデジとして普通なんだろうけど、なんだろあの E-P2 の押した瞬間にパシャッと切れる感じと比べて何かもっさりしてて、スキーで滑る親父を撮ろうとしたら自分の思うタイミングで切ると一拍遅い感じで上手く取れなかった。

正直デジタル一眼って使う前は趣味というかウレシというかそんなもんだと思ってて、使っててもそれは変わらなかった。
確かに一眼は面白いのよ。でも、近頃のコンデジは良くできてるわけで。別にボケだってコンデジで撮せるし。
何つーか、普通にカレールー使えば上手いカレー作れるんだけど、一眼って敢えてスパイスからルー起こします、みたいな感じ(分かりにくい)。
でもやっぱ撮りたい瞬間がキッチリ撮れるあの感覚って良いもんだなぁ、と失って分かる…て感じでした。

暖かくなってきたし、また奴を連れてどこかに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

New Zealand quake near Christchurch

最初にNZの地震のニュースを知ったのは George Gregan の twit だった。日本のメディアにはまるで乗ってなかったけど、現地のニュースサイトには M6.3というのに大きく壊れた家の写真が何枚もあった。
NZ は温泉で有名なので地震も多いんじゃないかなぁ、その割に結構な被害状況なのは少し不思議な気がしたのだけど。
倒壊ビルの捜索活動再開 NZ地震、死者確認は71人

クライストチャーチはNZで3番目の都市、南島最大の都市で、歴史的にNZ最強と言っても良い Crusaders の本拠地である。もちろん All Blacks の選手も多い。
直接選手に関わる被害の話は出ていないけど、Crusaders の Board Member が亡くなったという未確認情報もあったり、Home の AMI stadium が液状化で5ヶ月利用不能という話もあったり。今週末ウェリントンで予定されていた Crusaders - Hurricanes は中止になるようだ。
Christchurch's World Cup stadium will be out of action for five months

このニュースにもあるが9月から 2011 World Cup が開かれ、ホスト国はNZである。ホテルの被害までも予想され、開催出来るかどうかが怪しくなっているものの、何せ情報が少ないようだ。
ニュージーランド組織委、W杯共催は否定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

興味深い話を目にした。
「明治神宮のお札の『宮』の字は、真ん中にノが無い」というもの。

調べたら本家のQ&Aにありました。
明治神宮-Q&A-

実は明治神宮だけではなく、伊勢神宮のおふだにも「ノ」が入っていないのです。 角川書店から出ている『書道字典』には昔の漢字の書体が出ていますが、それを見ますと「宮」の書体の種類は35種類あります。そしておどろくことに「ノ」がついていない「宮」の字が三十二もあるのです。

何と。

「口」が建物で「ノ」は建物を繋ぐ廊下なんだけど、昔は建物はポツポツ点在してて廊下が無かったので、宮の字にもノが無かったと。明治まではノの無い宮が普通だったようだ。

んー、以前行ったことある神宮ったら香取と鹿島と石上だなぁ。

わがんね、けど繋がってるっぽい。

みえねぇ。寄ってねぇ。

これまた微妙。でも Flickr に上げてあったのでオリジナルサイズで見てみる。

繋がってる…よねぇ?

お伊勢さんはガキの頃腐るほど行ったんだけど、最後に行ったの小6ぐらいだよなぁ。写真なんてないし。とりあえず今後神宮と名のつくところに行く時は留意してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

鼻毛

先日知人宅パーチーでのこと。全員アラフォーってかオイラ最年少だった。

共通の知人(その場にはいない人)の鼻毛の話題になり。ずっと鼻毛出てる人がいたんだよね。

で、その席の女性から「鼻毛って髭みたいに伸びるんですか?」と。
今更何を言うてんねん?この人は?と思って聞いてみたら、女の人は鼻毛伸びないとか言い出して。

その場にいた男性全員ビックリですよ。「え?みんな処理してるんじゃないの?」と。
オイラもてっきり脇毛とかみたいに見えないところで処理してるものだと思ってた。で、調べてみたらあれも男性ホルモンとの相関が強いので女性の鼻毛は細くて短いんだそうな。鼻腔の外に出ることはまず無いと。

いやーこの歳になるまで知らなかった。ちなみに、老化で最初に白髪が出るのも鼻毛なんだと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

白馬岩岳

金曜の朝6時過ぎのあさまで長野へ。川中島バスにのり栂池高原を目指す。少しうとうとしたり本を読んだりしていると白馬駅。今年は大雪だと聞いていたが随分雪が少ない印象だ。
川中島バスの運転手のアナウンスも今年から2カ国語。オーストラリアの好景気が終わって云々と言われていたが客の中には白人も多い。

10時前に栂池高原で親父と合流。風が強く、弱い霙。荷物を整理して外に出ると雪に変わっていた。この日は夕方まで風が強く雪が降り続いたが、時折太陽が顔を見せたりして変な天気であった。宿の奥さん曰く、ここ2日暖かくて(とはいえ、最低気温は氷点下10度近いが)天気がいいのだそうだ。そのせいかバーンは硬く、夜の雪が積もるのを期待して寝る。

2日目、親父の誘いで白馬岩岳へ。栂池からバスで15分ほど。初めて行くスキー場である。栂池よりは随分標高が低い気がした。着くと土曜の朝というのにさほどゴンドラは混んでいなかった。八方のアダム、栂池のイヴに続いて、ここのゴンドラはノアである。随分歴史が下ったものだ。
このスキー場は一旦上まで上がってから放射状にゲレンデが広がる形になっていて、山の裏側まで降りることも出来る。湯沢の岩原に近いかなぁ。もう5年ぐらい行ってないけどあそこのピザ屋美味かったなぁ。まだあるかなぁ。

天気は1日中青空。軽くガスが上がることもあったが、行き交うジャンボの飛行機雲など綺麗に見えた。

バーンはまぁまぁ。午前中に裏側へ回ってみたところ、「最上級」と書かれた札の向こうに新雪が。でも大した傾斜ではない。テレマークの親父が突っ込んでいったので、オイラもついていったらその先が恐ろしいことに。渓流を進んでいったら滝、みたいな感じで、這々の体で何とか下りた。滑るというより下りるという感じ。30度ぐらいなのかなぁ。体感的には60度ぐらいだけど。3段階ぐらいに分けて段々キツくなるし、でっかい氷のコブあるしという恐ろしい壁だった。


真ん中落ちてきた…

二人とも汗だくになり「もう二度と来てやるか!」と捨て台詞を残して撤退。その後は大人しく表側で滑っていました。
ゲレンデは中々良いところだったけどちょっと短めなのが残念。後、ボーダー多いなぁ。この日は横からぶつかられて吹っ飛んでしまいましたよ。忌々しい。

3日目は午前のみ栂池を流し、春スキーのようなシャーベット状の雪が滑りよくなってきたぐらいで撤収。温泉に入って14時過ぎのバスに乗り、長野でL特急しなのに乗る親父と別れて帰京。

3日間、2時間ほど滑ってビール、また2時間ほど滑ってお茶、22時就寝の6時起床、とゆっくりのんびり滑って帰って来ました。今週から3末ぐらいまでバタバタしそうだし、良い息抜きになった。天気も良かったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

養子縁組

先日の嫁の代わりに独身男が女性を養子に取る件。
「男の片親が養子として娘を取るのはNGだったかも?」というツッコミが入ったので調べてみる。

確かに子供には二人の親が居るわけで、生まれた後諸事情で一人になるかもしれんが生まれるためには二人必要だ、そう考えると独身の人が養子取るってのも形式的には不思議な気がする。法的には親子関係が成立するからね。

民法見ると

第792条   成年に達した者は、養子をすることができる。

だけなので成人であれば既婚だろうが未婚だろうが関係なく養子を取れるようだ。逆に配偶者が居る場合は、配偶者にもOkもらわなきゃいけないらしい。当たり前か。
「今日からこいつを息子にするぞ」「誰よこの子!」みたいなことは出来ないと。

で、ふと思ったのだけど、養子って何歳まで取れるのかと。子供のほうね。

第793条   尊属又は年長者は、これを養子とすることができない。

ということで親より年上はダメらしい。でも年長じゃなきゃいいので誕生日比べて先に生まれてれば親になれるみたいだ。80歳同士の親子とか可能。
これ、日本だと同性愛者がどうしても血縁関係になりたいときに使うらしい。

ということで独男が23歳未満の娘を取るのは可能、ということでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

りかるど・りっこ

2008年 Tour de France, ピエポリの献身的なアシストを受け、山岳で強い勝利を見せた後で CERA によるドーピングが発覚して2年間の追放を受けていたリカルド・リッコ。当時24歳のイタリア期待の若手であったが、これにより所属チームのサウニエル=デュバルはリッコを解雇してレースから撤退、そのままチームスポンサーも降りてしまった。

チームは、2009年フジ=セルヴェット、2010年フットン=セルヴェットと名前を変えて活動を継続するも、2009年は TdF に参加出来ず、チームも弱体化していた。TdF 主催のASOはドーピングを嫌う、って当たり前だけど、ドーピングのイメージで放映権料が入らなくなったりしてしまうので。特にドイツでは圧倒的エースのヤン=ウルリッヒがドーピング疑惑で引退してから自転車アレルギーのようになってしまっていたり(確か2012年から中継やめるとか)

んで、今年からチームは都内でも見かけるようになった靴屋(?)のGEOXと大型契約。2008年ツールチャンピオンのサストレ、2005/2007ブエルタ、2009年ジロチャンピオンのメンショフを迎えて心機一転頑張るかと思ったのだけど、UCIプロツールライセンスを取れず、今年のツールにも呼ばれないという感じで、未だにリッコの呪いが続いているようである。ま、サウニエル=デュバルはチームとしてドーピングの管理に甘いという話があったので、自業自得と言えばそれまでなんだけど。

前置きが長いがリッコは昨年からヴァカンソレイユと契約して復帰。ところが、今度は同じく自転車選手のパートナー(子供がいるので実質嫁)にドーピング疑惑があり、これはシロだったのだけど、最終的に嫁の兄貴がドーピング違反で逮捕されるというゴタゴタぶり。とはいえ本人の事ではないので今年から本格復帰と思われてました。

でもって詰みました。
Tests prove Riccò had blood transfusion, Dutch newspaper says

先週だか、急にリッコがイタリアの病院に駆け込んだというニュースが。腎不全ということで敗血症の症状だと。で、リッコ本人が医者に「血液ドーピングに失敗した」と話したとか話してないとか。何にせよ、かなりの重体で、一命を取り留めた、という状態らしい。
一旦抜いた自分の血を期間が経ってから戻すことで血中ヘモグロビンを増加させる狙いでやるのが血液ドーピングだが、まぁちゃんとした医療機関ではやってくれないのでね。ちゃんとやんないと細菌が入って敗血症とかね。現在イタリアの警察が調査中らしいですが、詰みでしょうな。

元々プロ契約するときに、血中の赤血球の数が異常値を示したという話があるリッコ(この時は再検査でOkだった)、最初から怪しかったのかなぁと思ってしまう。そしてCERAで2年間レースに出られなくてもまたやってしまうっていうのを見ると、大麻とか覚醒剤で繰り返し捕まる芸能人を見ているような感じだな。弱さって奴か。
コンタドールの件と言い、年明けから暗雲立ちこめるロードレース界。いつも書くけど、あらゆるスポーツの中で一番厳格に検査してるからこそ見つかるわけで、某国相撲協会みたいに協会自身がユルユルなら何も起こらないんだけどね。スポーツのイメージ保つ為にはユルユルがいいのかねぇ。相撲に限らず。

そんなサイクルロードレースも、Tour down under, Tour of Qatar と暖かい(暑い)地域で2011年シーズンが開始している。また楽しいクラシック、ステージレースが見られますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

iPhone でスクロール

みんな知ってんのかなぁ。
iPhone 使い始めてもうすぐ2年。

一番上の時計の所にタッチすると、一番上までスクロールするんだねぇ。

これアプリ毎の挙動じゃなくて iPhone 共通らしいんだけど。知らんかったんワシだけかのぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

積雪

昨日の夕方頃、親父からメールが届いた。

小学校高学年ぐらいから雪合戦できるような雪は降らなくなったわけですよ。中高もこんな雪景色の記憶が無い。
30年で随分温暖化が進んだんだなー(棒読み)

太陽黒点の活動低下とか関係ないよね。うん、関係ない。(ちなみにこれから太陽盛り返し中とか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

日本選手権 2回戦

予定通り(?)、神戸製鋼が秩父宮に戻ってきた。大畑はいないけど。

先週、花園でトヨタを破った神戸は早稲田に勝ち上がったNTTドコモと対戦。例によって開場1時間前の11時に行ったらトップリーグプレイオフほど並んでなかった。ここ2日の雪と寒さから大量に着込んで普段は使わないカイロを5つ持参、水筒には熱湯に近いインスタントコーヒーを入れて行ったのだけど、ポカポカとした陽気である。
ボーッと並んで待ってたら、ニット帽被ったデカイのがゴロゴロとバッグを引きながら横を歩いて行った。顔を見たらブラッキー。ぞわっと鳥肌が立ったんだけど、周りのオッチャン達は Super14 とか無縁な感じで、誰だろ?あのデカイの、とパンフレットで調べてる人とかいた。いやー、Josh Blackie を間近で見る事があるなんて、数年前は信じられませんでしたよ。ってあれ別人だったらどうしよ。

日本選手権はいつものオイラの定位置、バックスタンドが自由席ではなく、A自由としていつもより1000円高い。言っても2000円で2試合なんでJリーグなんかより全然安いんだけどね。ということで、前の日の影響でまだ濡れている座席を拭いて陣取る。
Twitter を見ると、Peter Grant が「グランドが凍ってて面白い(interesting)だ」と呟いている。ピッチ状態悪いなぁ。去年か一昨年に休めて芝張り替えたはずなのに。

試合はブラッキー、今村らの主力をベンチにも置かずに温存した神戸がドコモを圧倒。ドコモはハーフ、特にSOのガードが良く機能していたけど、密集サイドのFWのディフェンスでかなり受けに回っていた。しかしブレイクダウンは良くやったんじゃないかな。逆に神戸はバックスで崩しきれなかったところ、何度かターンオーバー食らったところが気になる。後ろで見てたオッチャンも「これでトヨタに勝ったのかなぁ」とボソッと呟いてた。まぁ、今村の突破力があればもう少し違うのかもしれないけど。後、スクラムが不安定だったのが最後まで変わらなかった。これは力差があるからなのか、どちらかが故意に回そうとしているのをレフェリーがコントロールしないのか分からなかったけど。
これで来週は花園でサントリー戦。この感じだと厳しいけど、主力が戻ってきて良い感じに戦えればなぁ。

2試合目は個人的にどーでもいい東芝 vs 帝京大学。東芝がブルーの 2nd ジャージで、帝京に赤を譲った形になった。そういえば1試合目も双方赤だったんだな(神戸がブルー、ドコモが白の2nd を使った)。
試合は東芝が帝京を虐殺。大野やヒルを控えに温存した東芝は本調子ではなかったけれども、スクラムはまともに組めないぐらい差があるし、帝京のラインアウトも取られまくった。FB立川が突っかけまくって帝京にビチッと止められてたのは個人的にちょっとおもろかったけど。
途中からは陽気もあって欠伸が出るような感じだったので片付けようとした後半37分ぐらいに、帝京が綺麗にラインブレイクしてトライ。あれは見事な思い出トライ。スタジアムを後にしました。
ああそうだ、この試合は我らが谷口レフェリーで、毎度ながらしつこいジェスチャーと注意、どっちのファウルなのか分からない手の挙げ方、不可解なファウル取り消しなど絶好調だったのも眠気を誘った理由かもしれない。

この2試合目、前の方のオバチャンが熱烈東芝ファンでトライの度に立ち上がってガッツポーズ。ま、それは構わないんだけど、試合に関係ないところで声を上げて大笑いしたり、神宮球場の方から聞こえてくる君が代に合わせてタクト振るみたいに両手振ってみたり、危ないオクスリやってるんじゃないかって感じで怖かった。あれ、素面だとしたら迷惑だからやめて欲しいなぁ。

さてさて、神戸は再来週秩父宮に帰ってきてくれるかなぁ。久々に見たいな、決勝で神戸-三洋。

帰宅したら顔がサングラスの跡になって焼けてた。もう日が高くなって某社ビルの日陰になることもなかったし、観戦中は熱くてマフラー外してたしな。歩いて帰る途中に満開の紅梅があったり。寒い寒いと言っても後1ヶ月ちょっとすれば櫻が咲くんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

CMカット

CMカット機種、生産中止へ…民放批判に配慮
レコーダーのCMカット機能中止問題について各社に聞いた

なんつーかアホくさい。

うちの VARDIA (現 REGZAブランド)にも「おまかせプレイ」っつーのがある。精度は番組によるけど、番組本編とCM部分を別チャプターとして編集してくれる。それを「おまかせプレイ」するとCMと思しき部分を飛ばして再生してくれるわけだ。たまに本編とCMが繋がってしまったり、CMが2つ3つに分かれてたりするけど。
まあ、「おまかせプレイ」が無くなっても手で飛ばせばいいので(ボタン一つで次のチャプターまで飛ぶ)、面倒だけど問題ないんだけどね、自動でチャプター切る機能が無くなると面倒くさい。わしゃあんまやらんけど、保存版、みたいなの作ってる人は大変だろうな。

つーかテレビとか録画とか、そういう話になる度に大手家電メーカは要らない機能満載で、必要機能は民放連だの広告代理店だのの圧力でダメにしたりして、もうなんだかな、って感じ。
変なプレッシャー受けないデザイン会社とPC周辺機器メーカぐらいが組んで素敵なの出せばいいのに。今の時代中身は大して変わらんでしょ。

こういう既得権益というか古くは盛んだった業界の圧力で新しい物がダメになるってのは、日本のビジネスの縮図ですかねぇ。近頃の出版とか音楽とかみたいに。権利保護だなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

非実在嫁

今年もアレの季節です。

そんなに稼いだつもりもないのに、随分と税金を払わなければならなくなってて、うーん、と見直したら青色控除忘れてた(阿呆)。で、控除額入力してもやっぱりちょいと払わなければならなくて。ここ数年は還付が続いていたので、それを考えれば少しは年収が増えたって事なのかなぁ(いい加減)。

で、まぁ少しでも払いたくないものなので、他に入力ミスが無いかと色々探したけど無いんだなこれが。
こういう時だけ嫁欲しいなぁ。非実在嫁。エア嫁。空気嫁。

なんて馬鹿話を海の向こうとしていたら、「養子取ればいいんじゃないか?」と。おお。

で、調べてみた。
No.1180 扶養控除|所得税|国税庁

No.1191 配偶者控除|所得税|国税庁

そういえば、今年からお子ちゃまは扶養控除対象ではなくなったのな。子ども手当と引き替えに。右手で渡してた物を左手で渡すようにしただけで喜ぶ人がいるってのは本当だよねぇ。朝三暮四というか。

で、見ると、いわゆる「嫁」を貰った場合は38万円の控除があるのだけど、特定扶養家族なら63万円の控除だ。特定って何かというと「扶養親族のうち、その年の12月31日現在の年齢が16歳以上23歳未満の人をいいます。」だそうで。16歳未満は上記の通り子ども手当の対象なので外れたのな。
つまり特定扶養家族ってのは「子供」ってことだ。

ってことはだ、23歳未満の嫁を貰う場合は結婚(入籍)せずに養子にした方が良いんじゃないか?嫁の機嫌は損ねるかもしれんが。一旦養子にしたら結婚できないのかなぁ?勘当してから入籍とか?
と思ったら、養子と親は法的に直系血族なので結婚出来ないんだそうな(民法第734条)。
だもんで、一旦縁を切らなきゃいかんね。養子の離縁は双方の同意で届け出があれば出来るそうな(民法第811条)。

ということで、正解は23未満の嫁を幼女養女にして23になったら離縁して入籍する、でした。わしゃ何を調べとるのやら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

Giapponese

昨日は早朝から起きて Intel-Roma を眺めてた。セリエのゲームをちゃんと見るのは久しぶりだ。CL に上がってきたチームを見ることはあったけど。

前節相手選手に後ろから綺麗なフックを見舞った Chivu が試合後裁定で4週間の出場停止ということもあり、左SBに長友が先発じゃないかと噂されていたが、甘美朝来、この変換素敵だ、カンビアッソの復帰でサネッティが左へ。何かもうこれだけで豪華過ぎるんだけどね。

後半、相手が一人少なくなり、3点差で試合が決まったと思われた残り15分でゴリラ登場。それもスネイデルと交代とか。入ってからいきなり2点取られたので、守備メインになるかと思われたけどエトーを追い抜くプレーなど2度の決定機を作ってよく走っていた。もう反芻するだけでニヤニヤするしか無いぐらい凄いステージでやってるんだけど。
日本のメディアは手放しの喜びようだけど、まだ守備機会はほとんどなかったからな。シャルケの内田みたいに攻撃はいいけど守備は残念、ということにならなければ良いな。取りあえずボールは回ってたし、見せ場もあったし上々かしら。

先日の試合でミリートが怪我したらしいので、次戦は城福さん妄想ワールドのウイング起用とか。ねーよ。

それにしても半年ほど前に見に行ったときは味スタのタッチ際を疾走してたんだけどなぁ。ベガルタ相手とかで。
試合後の「あんなプレーを続けていけば、いい選手がそろっているので絶対に取ってくれる」というコメントを聞いて、ごめんね、リカや平山では取れなくって…と思ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

Gary Moore passed away

朝一 KEi さんから訃報が。
Gary Moore, Thin Lizzy Guitarist, Found Dead in Spain | Billboard.com

最初に聴いたのは高校生の時で、90年の Still got the blues だった。どういう経緯か忘れたけどCD買ったな。伊藤正則のラジオで聴いて惚れたんだったか。
何か HR/HM のバンドが軟派なバラードが流行り始めてて何だかなーと思ってたけど、がっつり Blues Guitar を聴いたのは初めてで結構なインパクトだった。

その後、愚弟が Thin Lizzy とか買ってきて、あぁ、Gary Moore ってこういうのも弾くのかと時代を逆行してみたり。

もう洋楽を追いかけなくなって久しいのだけど(邦楽はそもそも追ってないが)、ポツポツとお年寄りが亡くなるニュースが多くなってきた中でも結構ショッキングでした。肺気腫とか色々噂はあるみたいだけど死因はまだ不明。何にせよ R.I.P.

The Official Gary Moore Website

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

相撲賭博 ktkr

毎度不思議なんだけど、相撲は国技じゃないんだよなぁ。国技の定義として法で定めたものだとすれば。確かいつぞやの国会答弁で「相撲は国技ではありません」っていう返答があったはずなんだけど。
それでも、マスコミやら知識人(?)やら官僚までが相撲を国技だと言うわけだ。

野球賭博に続いて遂に出ました相撲賭博だけどなぁ。

プロレスと同じことやってても、プロレスの台所事情は火の車なわけで、故三沢社長なんかも運営に苦労されてたわけだから、ノウノウとやってきた相撲協会は許せん!とか福澤朗がジャストミート福沢だった頃の全日ファンとしては思うわけですよ。

いやいかん、プロレスは八百長なんかじゃないぞ。あれはガチンコだ。

と言っておかないと高校時代の同期Hに殺されてしまう。奴は「プロレスなんか八百長だ」と言い放った日体大卒柔道教師にキレて立ち向かっていった勇者だったからな。意表を突かれた教師に飛びつき腕十字をかけたところまでは良かったが、難なく振り払われて何かグダグダになったのを覚えてる。

まあ、あたしゃ相撲見なくなっちゃいましてね。やっぱ朝青龍いなくなったのデカいな。ちょうど千代の富士が引退して見るの止めたのと同じ感じだ。何でまた見始めてたんだろうなぁ。

この際エンターテイメントショーにしてしまうのがいいと思いますよ。WWE からノウハウ提供して貰うとか。で、そんなアングルなんてやれねぇ、って力士が独立して USF (Universal Sumo Federation) を作ると。でやっぱりグダグダ。

しかし未だに謎なんだけど、野球の時も親方辞めて焼肉屋か何かに転身してたりして賭博自体での逮捕にはならないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

進撃の巨人

飲み会に行ったら「進撃の巨人読みたい人~」って言うので借りてきた。
どっかで目にして以来気になってたんだけど、買うほどのこともないし、いわんや満喫をや。

で、読んだ。読み始めての感想としては、グロい、すげーざっくりと話が飛んでいく、回想シーンなのかどうか分かりにくい、って感じ。で、何か1巻の終わり辺りで早くも話が終わってしまいそうなのに手元には3巻まであるという不思議。
でも2巻以降もちゃんと話が続くので、作者の中にはオチまできちんとストーリーがあってきちんとなぞってるんだろなーと思わせるわけだが、すごくいいところで終わる。えー、第4巻は4月8日ですか。こんな中途半端なの貸すなよ!とか我ながら変な切れ方をしてみた。

なんかなー、作者ちょっと頭おかしい(悪い意味じゃない)んだろうなー、と思わせる設定と展開。いやほら、銀河鉄道999とかも明らかに普通の脳みそじゃ思いつかないじゃない。あんな感じ。
でも、2回目読み直したら、ちょっとエヴァっぽいのかな、とも思った。ってオイラはエヴァは断片的に見せられただけなので、全部通して理解してないんだけど。いつ来るか分からない巨人がやってきて人喰うとかね。無口で影のある武力高めなヒロインとかね。あぁ、なんつーか、同人向け萌えポイントみたいなのはしっかり抑えてるんだと思う。

まぁ面白いっすよ。てか面白くないマンガなんだ?って言われたら分からないんだけど。そんなにマンガ読まないし。あぁオチがガッカリなマンガはあるな。

取りあえず早く続きを読ませろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

人相

JR駅に「考える自販機」 客の顔識別、飲み物をお薦め

寒そうにしてたら、そっと暖かいココアを…とか、人生詰んでそうならトリカブトジュースとか、そこまでいければ良いんだろうけど、まあ占いレベルでしょうな。あ、占いってのはシステム的な意味ね。少しの材料で乱数の中心をちょっとずらして、みたいな。

大体、子供でも人相によっては煙草が買える画像認証自販機はどうなったんだろう?未だに現役なのかな?なんかあの辺もシステム屋利権だなんだでめちゃくちゃだなぁ。

利権で思ったけど、この自販機ぜったい設定可能だよねぇ。見たところ伊藤園、大塚製薬、コカコーラ等々があるわけだ。JRならでわ。で、裏でオークションやるんだろな。設定値の。
「部長、大塚は300万で指してきました!」みたいな。

と思ったら品川には去年の夏からあんのか。
年齢/性別が判別できるデジタルサイネージ自販機がJR品川駅に登場

WiMAX搭載っていうから、やっぱリモートから設定値変更可能なんだよ(まだ言ってる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

暴動

年末からチュニジア・エジプト辺りが大変な事になってるようで。
エジプト、昔会った人に「行くなら若い内に行った方が良いよ。体力使うから」と言われて、行こう行こうと思いながら未だ上陸せず。何か high season 以外は天候キツそうなんだよねー、でもって high season は高いのよねー(当たり前)。そんなエジプトではカイロ博物館の展示品が盗まれたりしてるとか何とかで、デモに乗じた盗みとか、デモ側を貶めるために警官隊がわざとやった(デモ側にメリット無し)とか、色々噂はあるけど何せ無くなったものがあるらしい。つたんくあめんの仮面は大丈夫なんだろうか。もっと早く行っておけば良かった。次の政権次第では安心して観光できなくなるかも。

ま、そんな北アフリカで暴動のさなか、週末はアジアカップで日本代表が優勝したわけで。
サポーター道頓堀ダイブ!アジア杯制覇で

道頓堀に飛び込むという風習は85年の阪神優勝以前からあったのかどうかが極めて疑問であるが、同時に渋谷でも暴動騒ぎみたいになってたそうで。これは何故かニュースになってないんだよな。
川に飛び込むのはやりたい奴がやればいいんだろうけど、暴動ってどうやれば起こせるんだろう。最初の1人は何をしたのか?

もう少しセンス有る奴だったら渋谷の交差点なんかでやらずに、総理官邸前とか民主党本部前とかでやって欲しかった。今や global standard ではデモは大統領官邸とか与党本部前でやるものですよ。
で、国債に疎い総理大臣がアタフタしながら「誰か、誰かおらんのか?」とか寝間着で暴れてて、天井から降りてきた弥七に峰打ち食らうの。

アホな話は置いておいて、今回のアジアカップはカタールで行われたし、何と言っても2022年のワールドカップ開催が決まったばかりなんだけど大丈夫なんかね。
それより何より、エジプトと同じく親米で上の方だけお金持ちなサウジアラビアとかどうなのかしら。カタールはそこまで親米じゃないっても、同じく反米なレバノンもヤヴァいっぽいし。
返す返す日本は平和だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »