« 鼻毛 | トップページ | New Zealand quake near Christchurch »

2011年2月23日 (水)

興味深い話を目にした。
「明治神宮のお札の『宮』の字は、真ん中にノが無い」というもの。

調べたら本家のQ&Aにありました。
明治神宮-Q&A-

実は明治神宮だけではなく、伊勢神宮のおふだにも「ノ」が入っていないのです。 角川書店から出ている『書道字典』には昔の漢字の書体が出ていますが、それを見ますと「宮」の書体の種類は35種類あります。そしておどろくことに「ノ」がついていない「宮」の字が三十二もあるのです。

何と。

「口」が建物で「ノ」は建物を繋ぐ廊下なんだけど、昔は建物はポツポツ点在してて廊下が無かったので、宮の字にもノが無かったと。明治まではノの無い宮が普通だったようだ。

んー、以前行ったことある神宮ったら香取と鹿島と石上だなぁ。

わがんね、けど繋がってるっぽい。

みえねぇ。寄ってねぇ。

これまた微妙。でも Flickr に上げてあったのでオリジナルサイズで見てみる。

繋がってる…よねぇ?

お伊勢さんはガキの頃腐るほど行ったんだけど、最後に行ったの小6ぐらいだよなぁ。写真なんてないし。とりあえず今後神宮と名のつくところに行く時は留意してみよう。

|

« 鼻毛 | トップページ | New Zealand quake near Christchurch »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/38514630

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 鼻毛 | トップページ | New Zealand quake near Christchurch »