« Giapponese | トップページ | CMカット »

2011年2月 9日 (水)

非実在嫁

今年もアレの季節です。

そんなに稼いだつもりもないのに、随分と税金を払わなければならなくなってて、うーん、と見直したら青色控除忘れてた(阿呆)。で、控除額入力してもやっぱりちょいと払わなければならなくて。ここ数年は還付が続いていたので、それを考えれば少しは年収が増えたって事なのかなぁ(いい加減)。

で、まぁ少しでも払いたくないものなので、他に入力ミスが無いかと色々探したけど無いんだなこれが。
こういう時だけ嫁欲しいなぁ。非実在嫁。エア嫁。空気嫁。

なんて馬鹿話を海の向こうとしていたら、「養子取ればいいんじゃないか?」と。おお。

で、調べてみた。
No.1180 扶養控除|所得税|国税庁

No.1191 配偶者控除|所得税|国税庁

そういえば、今年からお子ちゃまは扶養控除対象ではなくなったのな。子ども手当と引き替えに。右手で渡してた物を左手で渡すようにしただけで喜ぶ人がいるってのは本当だよねぇ。朝三暮四というか。

で、見ると、いわゆる「嫁」を貰った場合は38万円の控除があるのだけど、特定扶養家族なら63万円の控除だ。特定って何かというと「扶養親族のうち、その年の12月31日現在の年齢が16歳以上23歳未満の人をいいます。」だそうで。16歳未満は上記の通り子ども手当の対象なので外れたのな。
つまり特定扶養家族ってのは「子供」ってことだ。

ってことはだ、23歳未満の嫁を貰う場合は結婚(入籍)せずに養子にした方が良いんじゃないか?嫁の機嫌は損ねるかもしれんが。一旦養子にしたら結婚できないのかなぁ?勘当してから入籍とか?
と思ったら、養子と親は法的に直系血族なので結婚出来ないんだそうな(民法第734条)。
だもんで、一旦縁を切らなきゃいかんね。養子の離縁は双方の同意で届け出があれば出来るそうな(民法第811条)。

ということで、正解は23未満の嫁を幼女養女にして23になったら離縁して入籍する、でした。わしゃ何を調べとるのやら。

|

« Giapponese | トップページ | CMカット »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

とりあえず養子については調べ直すか。

> KEi-san
法的に問題なければ、前向きに検討したいと思います

投稿: しげお | 2011年2月14日 (月) 12:31

> 独り身で養子って無理なのかん?
出来るはずだよ。
相続税の控除額を増やすために養女になった人を知っている。(正確には独り身じゃなくて結婚してたけど死別した人の養女だけど)

投稿: shun | 2011年2月10日 (木) 20:07

>23未満の嫁を幼女養女にして23になったら離縁して入籍する

ってのをぜひ試してほしい。本当にできたら勇者の称号を差し上げます。

投稿: ケイ | 2011年2月10日 (木) 16:49

確かに。というか独り身で養子って無理なのかな?考えると変な気もする。

投稿: しげお | 2011年2月 9日 (水) 22:20

男の片親が養子として娘を取るのはNGだったかも?

投稿: shimarin | 2011年2月 9日 (水) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/38736648

この記事へのトラックバック一覧です: 非実在嫁:

« Giapponese | トップページ | CMカット »