« 消費税 | トップページ | 統一地方選後半 »

2011年4月21日 (木)

チャリティー試飲会

今の家に引っ越す前には徒歩圏内(つっても20分ぐらいだったか)だったので、たまに買いに行っていた「かがた屋」という酒屋さん。
中々品揃えが良いところで、一昨年佐賀の富久千代酒造に行ったときも飯盛杜氏と話をしてる途中に電話がかかってきたりしていた。

その酒屋さんが定例で行う試飲会をチャリティー試飲会として行い、会費を義援金にすると。行ってきました。水曜の昼12時半からという会なのでお仕事はお休みして。

会場はまぁ普通の雰囲気です。ただ、少し違うのは真ん中のテーブルに酒器が並べてあって、卸のオッチャンがプレゼンしてくれるところ。開催時刻のこともあって、料飲店の人がメインのようで、実際に買い付けてる人もいた。プロ用の器って安いんだなぁ、と思った。よくよく見れば違うのかもしれないけど、こんなの六本木ヒルズとかなら2000円とか3000円で置いてあってもおかしくないようなのが1000円ぐらいだったり。ガラスのシャレオツな小皿180円とか。錫とかはさすがにそれなりのお値段だけど。
面白かったのは、受け皿付きのぐい呑みは、女性客が受け皿の酒をぐい呑みに戻すのが嫌だ、表面張力ギリギリな感じのお酒に口を持って行くのが嫌だ、という意見が結構あって新しく器を開発したんだ、というお話とか。あれがよいのにな。

で、入ってすぐのところで、各蔵がチャリティー用に持ってきた様々なグッズを売っていた。前掛けが多かったんだけど、後はエコバッグ的なのとか。ただ上述のようにプロの人が多いせいか、あまり注目されていなかった。ぼーっと見てたら、こんなのが目に入りまして。

ふむ。中身は何かというと…

えっ?徳利に燗付け用の器とお猪口までついて1000円?3つしか無いっていうし、速攻購入。てか、折角チャリティーに出してるのに値付けが安すぎますよ飯盛杜氏、ということで千円札を何枚か募金箱ならぬ募金瓶に突っ込んでおく。他にも三芳菊のグラス200円とかあったな。

さて、参加していた蔵は中々粒ぞろいでして。数が多い訳では無いけど良い蔵ばかりでした。くどき上手/酒屋八兵衛/十四代/田酒/天狗舞・五凛/鍋島/百楽門/三芳菊/日高見/山形正宗/あぶくま/一白水成、後はフルーツリキュールがいくつか。飲んだこと無いのは酒屋八兵衛とあぶくまかな。
どれも美味しい蔵だけど、今回印象に残ったのはくどき上手の酒未来の純米吟醸。生酒じゃないのにチリっとするオイラの好きな感じだ。後は五凛の純米が柔らかい感じで、同じものの生酒もあったのだけど火入れした方が美味しく感じた。それと鍋島の特別本醸造の活性にごり。これ通年商品らしいので見かけたら買いたいな。
石巻の日高見は社長さんが来てて、復興酒と称して震災の影響で予定より2週間遅く搾らざるを得なかったタンクの酒を出していた。かがた屋でも発売するらしい。
その他、いつも通り間違いないのは田酒の純米大吟醸斗瓶取、十四代中取り辺り。美味いね。

表に出たら14時過ぎ。昼から飲んで眺める八重桜も良いものだ。フラフラ歩いて蕎麦屋で出汁巻きと蕎麦を手繰って帰宅。夜はベルギーのクラッシックロードレース Fleche Wallonne が有ったりして完全に週末気分だったのでした。
日本酒,焼酎,酒屋,地酒-品川,東京,かがた屋酒店

|

« 消費税 | トップページ | 統一地方選後半 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/39690107

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティー試飲会:

« 消費税 | トップページ | 統一地方選後半 »