« 選挙 | トップページ | 落語の力 »

2011年4月13日 (水)

SSS 3D

興味ない人には全く興味ないだろう話。

学部の時の担当教官がちょっとアレな人で、オイラが卒論書くのに使ったマシンは Motoko というマシンだった。その頃は何のことか分からず、どこの女の名前をつけてるのかな?と思っていた。その後、Kusanagi という新しいマシンが来てそれも使ったと思う。研究室に居る間に寺沢武一が アシスタント連れて(今思えば寺沢武一先生なんだろうが、その時はロン毛の怪しいオッサンが怪しい人たち連れてきた、というイメージだった)遊びに来たり、ま、そんなことがちょこちょこあったので何となく察していて、攻殻機動隊をちゃんと読んだのは卒業して10年ほどしてからだったか。

アニメ版はスカパーでやってたのを友達に見せてもらったんだっけなぁ。

んでもって、それのスピンオフ的な Solid State Society が全編 3D 化というのを聞いていたのだけど、震災の騒ぎですっかり忘れてたら、ちゃんと3月26日から公開されてた。ので行ってきた。

案外上映劇場は少なくて、新宿バルト9へ。初めてです。前回のTRONの反省から、3Dメガネを拭くためのティッシュを用意していったんだけど、今回貸してくれたのは指紋ついてなくてキレイだった。

話自体はテレビ版を3D化したということで、テレビ版は1回見ていたのだけど、オイラは記憶力がいいので話の筋を全く覚えて無くて結構新鮮に見ることが出来た。たまーに既視感があって、こまかいシーンのオチが分かるんだけど。肝心の3Dは全編なのかなぁ?という感じだったけど、確かに電脳内に荒巻課長の窓とか資料が開いてぐっと出てくる感じは良く出ていた。後、電脳ハックするときにタチコマンズが飛び出てきてたのも良いね。タチコマ萌えな人にお勧め。
YouTube - PH9's Channel

で、3Dでの電脳描写も良かったんだけど、個人的には映画館の大音量で菅野よう子のサントラを聴けたのが非常に良かった。やっぱすごいなーこの人。

ということで総括すると、SSSをテレビで見た人は話自体は全く同じなので物珍しさぐらいしかないけど、まぁまぁ新鮮な体験が出来るんじゃないだろうか。見たことない人は癖があるけどまぁ面白いんじゃないかな。ただ、複雑なロジックと世界観を理解不能な人には辛いだけのアニメかもしれない。

S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D - 映画『攻殻機動隊(Ghost in the Shell) S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』公式サイト

|

« 選挙 | トップページ | 落語の力 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/39565904

この記事へのトラックバック一覧です: SSS 3D:

« 選挙 | トップページ | 落語の力 »