« 甲州街道Z 第1話 -前編- | トップページ | パナソニックワイルドナイツ? »

2011年4月 5日 (火)

甲州街道Z 第1話 -後編-

さて1330に食事を終えて旅に戻る。もう15kmぐらい歩いているはずだ。思えば第1回の日本橋〜明大前が13kmであった。あれは何だったのか…

後半は住宅地を抜けたりするので、あまり自販機やコンビニが無いかもしれない、ということでコンビニへ。
あまりに借景が素敵である。ってか見渡す限り向こうに何もねぇ。

韮崎から先は右手に屏風のように七里岩が続く。

七里岩っつーのは、上の写真だと左が下っているように見えるけど、韮崎(右)からずーっと続く。どのくらい続くかというと七里というから28km。八ヶ岳から流れ出た火砕流が浸食されて出来たものだそうで、実際に韮崎から赤岳までは30kmぐらいある。すげー話だ。(八ヶ岳っていう山は無いってのは豆知識な)
で、この七里岩を上から見るとニラのように細長く伸びているので、その先っちょを韮崎というのだとかなんだとか。

大きな地図で見る

ベローンと伸びた先辺りが韮崎駅。


ぽつっと見えるオレンジがトラクター
高さが分かると思う

時節柄、桜を期待していったのだけど前週の寒さや、そもそもあまり桜が植わってなかったりで見ることはなかった。その代わり(?)にハナモクレンが多かった気がした。コブシじゃないよね?

この辺りまで来ると春霞と相まって富士山が心の目でギリギリ見えるか見えないかのレベルに。一応上の写真に写ってるのよ。

1430桐沢橋を渡る。昔は渡し場があって釜無川を渡ったんだそうだ。渡りきったところに韮崎射撃場。

が、2009年で閉鎖されているらしい。クレー射撃とか出来たそうだ。

1506宝蔵寺というお寺の境内の公園で3時のオヤツ。オイラは水を飲む。
再び歩き出した頃から強風が吹き始めた。それも向かい風。気温も下がってきたので上着を一枚羽織る。

この辺り、円井、円野といった地名で、円井逆断層というのがあるそうな。「つぶら」とか言いつつ「ぎゃくだんそー」ってのがいいな。見に行った人に聞いたけど良く分からなかったとか。
円井の逆断層 | 韮崎市オフィシャルホームページ
確かにホームページの写真見ても良く分からない…

で、円野はやたらと標語を立ててあるんだけど、

「つぶらのに、馴染んだ、おはようごいす風温い」
17文字なのか31文字なのか、どこで切って良いのか分からない。「おはようごいす」?「ごいす風」?たぶん、キングさよなライオンとかの親戚だろう。父方の実家がこの辺りだというNさんに「お父さん、おはようごいす、って言います?」って聞いたけど否定された。隠してるのかもしれない。
で、この辺、かかしの里で、かかし祭りってのが行われるらしいのだけど、これも案山子の一種なんだろうか?

別に公園でもなく、何の説明もなく、ただ風で円盤がガラガラ回って五月蠅かった。


ぽつっと立つ小柄なダミー警官さん
これも案山子かも


20号をくぐる(別にくぐらなくてもいい)

久々に20号に合流して小武川橋を渡るところに久々の標識。

もう158kmとか良く分からない。昔は若かったね。うん。
で、渡りきったところが北杜市。

1613。ゴールはもうすぐだ。


甲府から六里だそうです。約24km

庚申塚、庚申塔というのが街道沿いに散見されるのだけど、元は道教系の話で庚申の日に徹夜で宴会するのを3年続けた記念に立てるものなんだそうな。それがいつしか道標を兼ねるようになったとか。水仙がきれいだった。

東京 160km、甲府 24km、韮崎 11km。1日で初期の2日分を踏破。

1638、今回の目的地牧原(まきのはら)の交差点に到着。お疲れ様でした。
ちなみにこの交差点から右方向に行くと釜無川を渡って日野春駅、左方向に行くと去年花見に行った実相寺がある。


この後、Aさんが前もってお知り合いに置かせて頂いていた車に乗って近場の「むかわの湯」という施設へ。温泉で骨抜きになってから甲府に戻り、Nさんオススメ(?)の暴力中華。確か笹子越えの後、塩山で行ったのと同じ系列の店。何が暴力的かというと物量作戦。


フライドチキンではなく唐揚げ


キムチチャーハン

これが一皿800円とかそんなんなのよね。もうね、腹一杯、「誰だよ(チャーハン)大盛りにしろって言った奴」などと言いつつ、マジでこれ以上食えないってぐらい食って1人1500円でした。時空がゆがんでる。
その後、心のオアシス、シャトレーゼに寄ってから昭和のバス停まで。街が暗いのは節電のせいかなーと思ったけど「普段からこんなもんです」と。冗談なのか本当なのか分からないけど。さすがに寒いので持って行った衣装を全部着込んで中央道への階段を上り、バス停のブースへ。
定時より少し遅れてバスがやってきたので乗り込む。皆様の見送りを受けてさようなら。
1時間半ぐらい寝て新宿に着き、無事帰宅したのでした。

27km歩いてもさほど足にダメージが無かったのは愛宕山トレーニングが効いたのかな?

|

« 甲州街道Z 第1話 -前編- | トップページ | パナソニックワイルドナイツ? »

」カテゴリの記事

甲州街道」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした。

足のマメですが、靴紐の結び方で回避できるかと思います。履くときに踵を床で数度叩いてしっかり詰めて、足首周りのひもを強めに締めれば良いのではないかと。

次回も暴力中華になりそうな流れなのが気になりますが…(というか下手すると私は食べずに帰らなきゃなんないかも

投稿: しげお | 2011年4月 6日 (水) 04:28

お疲れさまでした。
こちらもマメ以外は足のダメージがありませんでした。成長しておる、成長しておるぞ。
シメが暴力中華というのが不本意ですが、それが山梨クオリティです。

投稿: 青木@蔵 | 2011年4月 5日 (火) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/39475916

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州街道Z 第1話 -後編-:

« 甲州街道Z 第1話 -前編- | トップページ | パナソニックワイルドナイツ? »