« 趣味 | トップページ | 外食産業 »

2011年5月26日 (木)

Giro d'Italia Stage 17

途中に山岳2つ、最後はフラットのコース。逃げは16人。今日は逃がしてもらえそう、なのだけど、逃がしても良いと思っているのはコンタドールのみ。ニーバリやスカルポーニは、逃げに入っているシフトソフがタイム差を付けて勝ってしまうと自分の総合表彰台が危うい。
もう優勝争いではなく、2位争い、3位争いが焦点になってしまっている今年のジロが悲しいのだけど、集団先頭はニーバリの為にリクイガスが引く。
逃げはシフトソフが積極的に引いていく。途中でボロボロと落ちていき、最後の山岳でアタック合戦の末、10人弱に絞られた。ここで4分弱の集団をアスタナ、Geoxなども引き始めるが逃げは下りに入っているので差は詰まらない。Saxobank以外のチームは皆自分のエースの順位が不安なのだ。何とも悲しい。

残り5kmで3分10秒差。逃げ切りは堅くなったが、こうなると誰が勝つのかということで牽制が始まる。残り3kmで4人が抜け出す。イタリアチャンピオンジャージのヴィスコンティが勝てるかどうか。最後150mで4人が並んでスプリント。ランプレのウリッシがフェンス際でダッシュしていたところを、その隙間を狙ったヴィスコンティが手で押しやりながらダッシュ。この人達すげーわ。ヴィスコンティは進路妨害だと横向いて抗議しながらスプリント。驚いたウリッシがペダル緩める。それでもってヴィスコンティが勝ってしまった。

と思いきや、やっぱ3位降格でした。どう見ても自分から狭いところに入ってきたもんな。21歳のイタリア人、イタリアチャンピオンに怒鳴られてびびって思い直してハンドル投げたところで優勝というあんまり格好良く無かったけど、とりあえずめでたい。

後ろで遅れてゴールしたシフトソフは総合を5位まで上げてまずまず狙い通りか。

|

« 趣味 | トップページ | 外食産業 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40136596

この記事へのトラックバック一覧です: Giro d'Italia Stage 17:

« 趣味 | トップページ | 外食産業 »