« Giro d'Italia Stage5 | トップページ | Newton »

2011年5月13日 (金)

Giro d'Italia Stage6

何だか移動ステージみたいな感じだった。

ステージは最後に起伏があって緩く登りながらのゴール。大方の見方として純粋なスプリンターは最後まで先頭集団で行くのは難しいだろうと。
実際5人の逃げをゴール直前で吸収した集団にはカヴェンディッシュやマキュワンなどはおらず、前の方に居たのはペタッキだった。ライバルの居ない状態でこれはいつ発射するか、と思っていたところ、ゴール前のS字でまさかのアウトからの捲り。久々のダンディ、ディ=ルーカ先生ですよ。一気に加速するディ=ルーカに慌てて反応するペタッキ。その後ろから何人もの選手が続き、ペタッキが抜ききって前に出たと思ったがゴール前数十メートルで絵に描いたように足が止まってしまって最後はモビスターのベントソが勝利。何だろう、無酸素運動で頑張ってたけど最後まで続かなかったということかな。ペタッキはカヴ君よりは長い足が使える方だけど、さすがに長く追いすぎたのかもしれない。

ということで最後だけが見所のレースでした。それにしても今年は後半に山を持って来すぎたせいか、Flat 扱いのコースでもスプリンターは活躍できないようだ。マキュワン先生がぼやいてるのも分かる。

that was so not flat. stages 10 & 12 looking like proper flat ones. St8 to Tropea has a steep 650m section b4o last km.

明日は山岳。いよいよスプリンターは出番無しだな。

月曜の朝(日本時間)からは Tour of California が始まる。初日は Lake Tahoe を回るようだが、なんと5月中旬で雪予報とか。積雪がレースに影響した記憶はあるけど雪の降る中走ったレースは覚えがないなぁ。雹とかはあったけど。

|

« Giro d'Italia Stage5 | トップページ | Newton »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/39970780

この記事へのトラックバック一覧です: Giro d'Italia Stage6:

« Giro d'Italia Stage5 | トップページ | Newton »