« 放言 | トップページ | ATOC Stage 6〜8 »

2011年5月23日 (月)

Giro Stage13〜15

Stage13: 予定通りカヴェンディッシュがDNS。他にもペタッキ、ホンド、チオレック、レンショーとほとんどのスプリンターが Giro を後にした。こうなるとスプリント賞の意味が全くないような気がする。
レースは16人ほどの大きな逃げが成功したけど、結局見逃してもらえず。アンドローニジョカットリのルハノが何度か仕掛けたところで、コンタドールが反応してルハノを追い抜く。しばらくしてルハノが追いついたが他の総合系は全く動かず。エトナ山と同じような感じになってしまった。
本来なら山岳では各チームのエースがお互い顔色を見ながら何度かアタックをかけたり、アシストを使ってインターバルで仕掛けたりというところが観られるのだが、今回の Giro ではそういう駆け引きが全く観られない。
結局、ルハノを連れたコンタドールがステージ優勝を譲ってゴール。おそらく、ライバルにタイム差を付ければ優勝のいらないコンタがルハノに勝利を譲るから争わないでゴールを目指そうと提案したのだろう。最後の最後まで後ろを振り向きながら「ほんと?ほんとに俺前でいいの?とかいいながら最後は差すんじゃないの?」と疑心暗鬼のルハノが面白かった。ガッツポーズも控えめにゴール。

Stage14: 前日の夜に未舗装ダウンヒルのクロスティス峠がコースから外された。主催者側はネットを張ったりして対策十分と訴えたようだがカメラで見る限り怖い。それに今大会は事故があったわけで、以前から選手の中には protest するものがいた。結局UCIなどとの調整の結果カットされた。
中野マッサーのtwit によると更に途中でコースが変更になったらしい。よく分からないけど選手が道を間違えて戻ってくるシーンがあって混乱していたようだ。

昨日はクロスティスは除外。コース整備をした作業員が抗議のためトゥアリスに集結したため、主催者は発表をせずにトゥアリスの除外も決定。抗議団をその場留めるのが目的とはいえ、直前で迂回ルートを失った僕らも計画が全て実行不能に。影響はチーム関係者に多く出た。本当に大変な1日だった。

最後のゾンコランの登り、10km切った辺りでイゴール・アントンがアタック。これにコンタドールが反応。遅れてスカルポーニもついて行く。後ろではガルゼッリ、サストレ辺りが切れていく。今年はGiroに賭けているはずのサストレ、ダメなのか。メンショフも顔を見せない。5km少しの地点でアントンがアタック。これにはコンタドールが反応しない。出来ないのかしないのか。
残り4km、バイクが白煙を上げてオーバーヒートしている横を選手が抜けていく。ペースで登ってきたニーバリが躱したところで即座にコンタが反応。スカルポーニはつらい。そして後方から忍び寄る忍者メンショフ。
アントンが快調にペースを上げる中、後方ではコンタドールがアタック。ニーバリついて行けず。
と思いきやニーバリ追いついてきた。再度コンタドールがアタックしたところで沿道からブーイング。
結局アントンがそのまま逃げ切り、コンタ2位、ニーバリ3位。少々面白かったけど、総合としてはさほどなー、って感じだな。2位ニーバリとの差は3分以上だもんね。

Stage15: 1日で6000m以上の標高差を獲得する非常にキツイ山岳コース。3連戦の最後である。17人の大量逃げが決まり、ポポヴィッチ、セッラ、ディルーカ、ガルゼッリ、サストレなど豪華な顔ぶれが揃う。
3つめの登り、チーマコッピでガルゼッリがアタック。後方では残り50kmでルハノとコンタ。もういいよって感じ。
チーマコッピの下りでニーバリが最大30秒ほどをコンタドールにつけるも次の登りで追いつかれる。そしてコンタドールがアタック。ニーバリ、クロイツィゲル、スカルポーニ辺りを突き放す。ニーバリは追走からも遅れていく。ダメだ。
最後の登りを前にガルゼッリにニエベが追いつき、そして突き放す。後ろではニーバリが下りを利用して集団復帰か。メイン集団はコンタドール、ニーバリ、クロイツィゲル、スカルポーニ、メンショフ辺りがニエベとの差6分。
残り4km、スカルポーニがアタック。コンタドールとガドレがついて行く。そのままコンタアタックで単走。もう見飽きた光景。
勝ったのはニエベ、2位ガルゼッリ、3位コンタドール、4位スカルポーニ。

結局ドロミティの山岳3連戦は全部コンタドールのものだった。2位スカルポーニとのタイム差が4分20秒。ニーバリは3位に転落した。いやー、もー、なんだかなー。

|

« 放言 | トップページ | ATOC Stage 6〜8 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40081725

この記事へのトラックバック一覧です: Giro Stage13〜15:

« 放言 | トップページ | ATOC Stage 6〜8 »