« Tour of California Stage2 | トップページ | Giro Stage10 / ATOC Stage3 »

2011年5月17日 (火)

甲州街道Z 第2話 -後編-

14時前ぐらいにドライブインを出る。ここからググッと登ったり、ひたすら長閑な道を歩いたりといったコースが続く。いつか通ったことのある道、が繰り返す感じ。

蔦木宿(つたきじゅく)に入り、1418本陣跡。この宿は随分賑わったらしく大きな寺もあった。

1429東京から175km。もはや何の感慨も無い。

この辺から右手に崖が続き、法面の補強をしているところが多く見受けられる。のだけど、「急傾斜地崩壊危険地域」に何故か「緊急避難場所」の看板。横にはそこそこな流量の水路があったりして、どう考えても緊急時に近寄ってはいけない匂いがする。

この後、「机」という地域で20号を離れて坂を登ろうとしたら、ロードレーサーのトレインが。3つか4つの集団に分かれていて30人ぐらい居たような気がする。どこかのショップのチームか何かかしら。揃いのジャージであった。

結構な劇坂をこなしたりして、1530頃神社の境内でおやつ。「富士見」という地名だけどこんなところで富士山が見えるのかしら?と思ったらうっすらと見えた。それだけ登ってきたということなんだろう。ただ、心の綺麗なオイラでギリギリ肉眼で認識できるかどうかなので、デジカメには写らない。

後ね、風が益々強いんだけど、防風林があったりするので元々そういう土地らしい。もう誰かの後ろに付いた方が楽、ってぐらい風が強かったりして。

さて、ここで帰りの電車を考える。中央線各停は1時間に1本ペース。次の電車は1651、その次は1746発である。甲府までは約1時間。軽く打ち上げをやろうにも、オイラの終電は2109のスーパーあずさ。どうだろうねぇ、1651間に合うかねぇ、とか考えつつおやつ休憩終了。

その後、道無き道を行くイベントの後に Google さんに聞いてみると、このまま歩くと丁度1646すずらんの里着ぐらい。この時点で実はオイラ、1651の電車を1646と勘違いしてた。ごめんなさい。
で、Aさん達が「走れば間に合うんじゃね?」と言って走り出す。オイラは小学生の時分から大阪梅田で鍛えられた歩行速度には自信があるので、Google Map で定期的に残り距離と時間を確認しながら早足で追う。

1616 何かと話題の中部電力富士見変電所。そう、ここは中部電力ゾーンです。

途中、見事なサトザクラ?のところに標高が。何気に六甲山より高い。まぁ今日のスタートは標高500ぐらいなので、高尾山ぐらいあるんだけど。

「神戸」と書いて「ごうど」と呼ぶらしい地区へ入る。ゴールはもうすぐだ。

と思ってたら、なんとオイラの iPhone がバッテリー残り20%を残して急に落ちた。で、電池切れマークが出てウンともスンとも言わぬ。時計も残り距離も分からなくなったので、仕方なくオイラも走る。

1639 今回のゴール、神戸八幡の交差点。余韻を楽しむ間もなく駅へ向かう。

1643 すずらんの里駅着。近所に事業所のあるセイコーエプソンが1985年に2億円を支払って作って貰った駅なんだとか。1985年ってまだ国鉄だったんだねぇ。

で、当然のごとく無人駅なんですが、Suicaの改札がない。笹子駅とかには駅員いなくても改札はあったのになぁ、と思ったら Suica って「東京近郊区間」でしか使えないのね。で、東京近郊区間の西の端っこは韮崎駅なんだそうです。だもんで、新府より西ではSuica使えない。しらなんだ。

で、改札の代わりに乗車駅証明書発行機ってのがあります。ボタン押すとバスの整理券みたいなのが出てくるという機械。こんなの初めて。

1656 遅れてやってきた小淵沢行きに乗り、甲府へ向かったのでした。


甲府では2年前にも行った七賢の居酒屋へ。遅れて朝運転してくれたCさんも合流。
18時頃に入ったら案外混んでたけどいつもながらのクオリティだった。紙に注文を書いて渡すシステムなんだけど、最後までこなかったカレイの唐揚げ、個数を書かなかったばっかりに人数分来てしまった鮎の塩焼き、2合頼んだら「味見どうぞ」とデキャンタみたいなのにどう見ても3合以上入って出される日本酒。

そうこうしているうちにMさん(Mさんは2人いる)が爆睡し始めたので、早めにお開きにしますか、と。オイラも予定より30分ほど早いあずさがあるし。

で、急いで勘定して7分前ぐらいに店を出てバタバタと甲府駅へ。あずさはガラ空きで新宿まで隣に誰も座ることがなかった。石和、塩山と止まるので、やっぱスーパーあずさじゃないと遅いなぁ、と目をつぶって気がつくと三鷹だった。

それにしても今回は気持ちよかった。朝からの向かい風と最後のダッシュが無ければ最高だったけど、人生そこまで全てが上手くはいかないものよ。
次回がラストの予定です。

|

« Tour of California Stage2 | トップページ | Giro Stage10 / ATOC Stage3 »

」カテゴリの記事

甲州街道」カテゴリの記事

コメント

あれ、前編に返事するつもりで後編に返事してた。

まぁ、思うところってのは思うところです。日本人の奥ゆかしさですね。

投稿: しげお | 2011年5月20日 (金) 23:47

思う所とは?

投稿: 青木@蔵 | 2011年5月20日 (金) 16:04

少し思うところあったりします。まぁ、秋以降ですかね。

投稿: しげお | 2011年5月18日 (水) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40003876

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州街道Z 第2話 -後編-:

« Tour of California Stage2 | トップページ | Giro Stage10 / ATOC Stage3 »