« メール | トップページ | 亀の尾 »

2011年6月16日 (木)

日本酒フェア 2011

「全国新酒鑑評会公開きき酒会」がメインかと思ってたけど、日本酒フェアがメインっぽいな。

ということで、今年もサンシャインへ行ってきました。フェッフェッフェ。
去年は初めてだったので右も左も、という感じだったけど今年は2度目なのである程度計画も立つ。去年の反省として「きき酒会はほとんどが大吟醸でハイレベルなので正直よくわからない」「併設のフェアの方が物産展ぽくて楽しい」ということだったので、今年は日本酒フェアだけでもいいかなー、と思ってた。

が、山形の東の麓のS部長が招待券下さるということで鑑評会の方にも顔だそうかな?と。で、行ったらS部長もきき酒中ということで無理矢理御一緒させていただきました。Sさんは審査も出来るちゃんとトレーニングされた方。隣に山形の何だっけな醸造の研究や指導をする施設の先生もいらっしゃって。
清酒 東の麓 〜山栄遠藤酒造店〜

ちょうど近畿の島から合流させて頂く。Sさんが顔をしかめて「砂糖水です。山形じゃダメだな」と言う。大阪辺りの酒は基本的に柔らかくて甘い。良し悪しではなくて地方の特色である。この辺は北海道から青森に移ったときに急にすっきりしたり、大分辺りだと独特の苦みが後口に残ったりする。あと愛媛の辺だったかエステル臭が強い。

去年と違ってプロと一緒なので慎重に味わってみるとなるほどハイレベルな中に少しずつ違いが分かる。「何か変だな?」と思ったときにSさんに「今のはどうですか?」と聞くと「白粉のような香りが浮いてます」「多分、瓶の中で劣化が進んでます」「エステルが強すぎますね」「生老(なまひね)です」「これは私にもわかる悪阻です」など的確にコメントしてくれる。オイラは「変だな」としか思わなくて、何が変かと聞かれると香りと苦みぐらいしか表現出来ないんだけど、Sさんにコメント頂いて改めて含んでみると「なるほど」と思う。
後、オイラが普通に思っても「老ねてます」とか指摘されるのがあって、「え?そうですか?」と再度含んでもイマイチ分からなかったり。難しいものだ。

ちなみに悪阻(つわり)というのはチーズとかヨーグルトのような臭いであるが、Sさんはきき酒でかぎ分ける香りの内、悪阻をかぎ分けるのが苦手なんだそうな。後、「実はエステル臭は嫌いじゃないんですよ」とおっしゃっていて、ソムリエとかと同様、自分の好みと審査員としての評価を分けているのは難しそうだなぁ、と思った。オイラは老ねとかは論外として、強すぎる吟醸香、後味に過度に苦みが残る酒が苦手なのだけど、鑑評会の酒を含んでいると、香りの基準というのは(オイラから見ると)強めのところにあるのかもしれない。

結局全部は試せずタイムオーバーだったのだけど、200種類ぐらい試してみてベストは月並みながら「鍋島」だったかなぁ。お気に入りの竹泉は少し香りが強すぎる気がした。まぁ、鑑評会出品酒ってのはパリコレとかに出るオートクチュールみたいなもんで、「うちはこれぐらいの技術力持ってますよ」というアピールだから、通常流通する純米吟醸とか純米酒の旨さとはまた別ではある。

その後日本酒フェアへ。良さそうな酒があれば3本ほど買おうかな、と思ってリュックサックで行ったのだけど、秋田のブースで日曜の試飲会で美味かった阿櫻を見つけて試飲。前回は生酒だったので、念のための試飲だったのだけど、やはり美味いので購入。
阿桜
後、島根辺りの酒を、と思ったのだけど、島根・鳥取は試飲のみで販売なしでがっかり。
フラフラしてると愛媛のブースの気のよさそうなオッチャンニーチャン(同い年ぐらい?)と目が合って話しかけられる。勧められたのを飲ませてもらうと甘い。「もう一つこれを」と言われて別のを飲むと、こちらも甘いがまだすっきり。話を聞くと近藤酒造というところの社長兼杜氏だったようで、廃業していた蔵を11年前に復活させたんだそうな。「大分の豊潤とか京都の蒼空とか、近頃復活する蔵多いですね」と話を振ると「蒼空の藤岡は同期なんですよ」と。先日、神戸の帰りに伺った事など話して盛り上がったので、こちらの純吟を購入。日本酒度-14という(数値上)恐ろしく甘口の酒なので何かの飲み会に持って行こうかな。
近藤酒造株式会社

最後に山形のブースに行ったけど残念ながら東の麓の販売は無く。Sさんに「どれがオススメですか?」と聞くも「どれもオススメとかしか言えないです」と。そりゃそうか。他の蔵本も目の前にいるしな。仕方がないので麓井、三十六歌仙、その他試飲させてもらったけど東の麓(販売してないのにこっそり試飲用冷蔵庫に入ってたのを飲ませてもらった)より美味いのが無く。無理して買うこともないので都合2本だけ買って終了。

帰りに蕎麦屋で蕎麦。ここのところ試飲会の後に蕎麦ってのがパターンになりつつある。

本当はSさんと夜も飲みましょうと言ってたんだけど、経費(社長に削られたとかw)と翌日の仕事の都合で山形へお帰りになるというので、池袋駅でお別れして帰ってきました。試飲は全て口に含んだのみで吐いたので合計1合も飲んでないのにすっかり酔いが回って、帰宅して90分ほど昼寝してから仕事。夜は走ってアルコールを抜いて寝ました。

|

« メール | トップページ | 亀の尾 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40416245

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒フェア 2011:

« メール | トップページ | 亀の尾 »