« リタイア | トップページ | 怪しい仕事 »

2011年6月13日 (月)

はせがわ酒店 きき酒会

日曜の午前11;30。六本木ヒルズの40階できき酒会。なんとまぁ、という時間とロケーションのきき酒会に行ってきました。酒屋主催のものは基本的には料飲店向けの試飲会なんだけど、今回もそんな感じ。

今回の参加は青森から大分まで90蔵。その他にワインや焼酎もあったけど。90蔵の試飲会は中々ないし、どれも実力のある蔵ということで、はせがわ酒店の力量を思い知らされる。

都道府県の酒造組合のものと違って面倒な挨拶とか無く、すぐにスタートです。とりあえず、宮城・福島・佐賀・栃木辺りは酒造組合のきき酒会に参加したことがあるのでパス。知らない蔵を重点的に。
最初に行ったのは長崎の六十餘洲へ。昔の行きつけで一度飲んだことがあると思うのだけど、それ以来口にしたことが無い。昨年の池袋の日本酒フェアで長崎ブースで試飲させてもらおうと思ったら既に無くなっていたのだ。含むと少しガツンと来るがすっきりしている。美味い。そこから3つほどの蔵を試飲したけどどれも美味い。これはヤヴァいなぁ、と思う。

普通の試飲会だとこれだけ高いレベルで揃っていないんだけど、どれも美味いので飲んじゃうのよな。後、料飲店向けってことで、普通だと人が群がる十四代とか暇そうなのが何だか面白かった。明鏡止水辺りも手持ち無沙汰な感じで。窓の外には東京タワーからお台場の方まで見渡せる絶景が広がっているんだけど誰も見向きもしないのよな。

今回美味かったなー、と思ったのは秋田の阿櫻。まあ原酒4種類の持ち込み、内3つは生っていうので反則気味だけどどれも美味しかった。後は山形の三十六人衆の純米酒が安くて美味いのと、栃木の土田かな。ホント、知ってる酒を飲む余裕はほとんど無かった。惣邑と十四代ぐらいかな。

色々酒蔵の人とも話をしたけど高知の亀泉のオッチャンが面白かったなぁ。何か飲み屋の大将みたいで、飲んで帰るのに代行頼むと1万ぐらい軽くかかるからロードレーサー買おうかどうか迷ってる、とかそんなどーでもいい話をしてた。一応、飲んで乗ったら自転車でも飲酒運転ですよ、とは言っておいたけど。

そんな感じで15時まで、3時間ちょい飲んでフラフラで六本木から転げ落ちるように帰ってきたのでした。

|

« リタイア | トップページ | 怪しい仕事 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40376422

この記事へのトラックバック一覧です: はせがわ酒店 きき酒会:

« リタイア | トップページ | 怪しい仕事 »