« double standard? | トップページ | 瓶ビール »

2011年6月27日 (月)

日本代表 vs トップリーグXV

週末の天気予報は土日とも降雨確率60%、日曜にチャリティマッチとして日本代表vsトップリーグ選抜の試合が組まれていたのだけど、雨が降るんじゃ仕方がない、と諦めていた。

土曜になって日曜は雨が降らないということになり、さらには何故か All Blacks のノヌーが来日しているとかいうので勢いでチケットを取った。

日曜は予報通りのどんよりした曇り。一瞬だけ軽〜いミストが降ったけど体が濡れるほどではなかった。
事前練習を観ていると黙々と一人でストレッチするグレーガンの姿が。引退してオーストラリアに帰国したが、今回のチャリティの為に来日した。アップ中のウェアはサントリーのものだ。そこからラインに参加してボール供給をしていたが淀みない動きは現役時代と変わらない。
そのうち、エディ=ジョーンズ監督が出てきて選手の中に入り、ライン攻撃とボールリサイクルの練習を行い始めた。監督がレフェリーの様に中に入ってウォームアップしているのは初めて見た。

試合はチャリティに関わらず両チームガチンコ。序盤はトップリーグが勢いを見せたのだけど、スクラムやブレイクダウンは完全に日本代表が制圧した。代表以外の選手は完全にシーズンオフ、かつ急造のチームということがあるのか。一方の代表はさすがに出来が良く感じた。
ただ、来週からのPNC、9月のWorld Cup で当たる相手はほぼ全てFWが日本より大きいので、そういう意味ではあまりトレーニングとしては役立たなかったかも。

トップリーグ選抜ではパナソニックの山田が空回り気味に暴れて盛り上げていた。また、後半出場の箕内はさすがの強さを見せたし、ヘスケスもバランスの良さとパワーをアピールした。でも、シーズン中よりは大人しかったかな。圧巻はグレーガン。引退しているはずなのに一番体が切れていた気がする。おそらくスタミナ面では問題があったんだろうけど、前半からフルに出ていたらもう少し結果は違ったかなぁ。外に流れながらバックフリップパスで内に戻すシーンなんかはフィネガンが走り込むのが見えるような気がした。
日本代表では菊谷、谷口が良さそうだ。後、今村のトライはシーズン中に上がらなかった調子を取り戻したように鮮やか。

結果は49-7。トップリーグは押し込んでのミスがいくつかあって勿体なかったなぁ。後、途中シンビンで1名減ったのはちょっと興を削がれてしまった。まあ、レフェリーも流せないぐらいガチの試合だったということで。

|

« double standard? | トップページ | 瓶ビール »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40561477

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表 vs トップリーグXV:

« double standard? | トップページ | 瓶ビール »