« Google+ | トップページ | 福岡空港 »

2011年7月 4日 (月)

PNC Japan-Samoa

PNC(Pacific Nations Cup)の季節。元は環太平洋6カ国で Home-Away で行われていたけれども世界的な景気の悪化などで、1カ国集中開催となり、AUSとNZがいなくなって4カ国での大会に。今年の開催地は東京ということで楽しみにしていたのだけど、大震災の影響でFiji開催に変更になってしまった。
それでも JK や日本協会の懇願で開幕のサモア戦のみ秩父宮で行われることに。

先週末も雨予報。行くかどうか迷ったのだけど、今年のサモアはいつにない本気の布陣。Fiji, Samoa, Tonga など国内リーグのレベルが高くない国々は代表の一本目はほとんどが欧州かNZでプロとしてやっている。PNCは世界的には地味な試合なので、欧州組が出ることはほとんどない。ところが今年は9月に World Cup が開幕するため、調整も兼ねて一軍で臨んでいるのだ。
南半球の Super15, England の Premiership, France の Top14 などのリーグに所属する選手がほとんどで、サモア国内組は1人だけだ。

18時10分キックオフの試合、15時頃まで雨予報だったのだけど一滴も降らず。

バックスタンドは西日直撃。汗が止まりません。しかしあれだな、普段のラグビーシーズンだと太陽はメインスタンド向かって左側なのだけど、夏至直後ということで思いっきり北寄りから差す。

試合は開始直後にレスターのトゥイランギがトライ。ハイネケンカップでTVで見たあの迫力は目の前で走られると凄かった。194cm111kgでWTB。凄いの一言。
Japanは全体にタックルミスが多く、ハンドリングエラーも多発。後、完全に裏に抜けたところでサポートの選手に寄ってしまってチャンスを潰す、といったのが2回ぐらいあったかなぁ。
結果は 15-34 と大差での負けだったけど、もう少し僅差に持って行けた気がする。まあでもこれが勝負だ。


試合と関係ないことだけど、オッサンの取っ組み合いを間近に見た。オイラの隣の方の夫婦のダンナの方が試合開始の頃から既に軽くできあがってるのか元からあんな感じなのか、どーでもいいことを大声で繰り返し言ってて非常にうざくて、そのうち止めようとする奥さんと軽い夫婦喧嘩始めた。犬も食わないって奴。その後もオッサンは一人で騒いでて奥さん諦めたかと思ったら奥さんも飲みに入って適当に合いの手打つようになって最悪。DQN夫婦ってのはアレだな。

で、後半に入ってそのオッサンが更に隣のオッサンの野次に物言いつけて喧嘩に。試合中なのにつかみ合いになって非常に迷惑だった。個人的には殴っていいんだったら、最初っから五月蠅かったオッサンの顎を打ち抜きたい気分だったけどな。正直キレて掴みかかった方のオッサンの気持ちは分かる。つーか酔って大声で見たいんなら家のリビングで見ろよ。

ここ数年、観客が増えて女性の姿なんかも増えて日本ラグビー界にとっては良いことなんだろうけど、その反面マナーが非常に低下している。プレースキック時の野次、試合に関係ない話をする酔っ払い等々。普段と違って暑い時期の試合だから酒が進んだってのもあるんだろうけど、あんな酔っ払いはサッカーのフーリガンよろしく一生出入り禁止にすればいいのに。

|

« Google+ | トップページ | 福岡空港 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/40652765

この記事へのトラックバック一覧です: PNC Japan-Samoa:

« Google+ | トップページ | 福岡空港 »