« JPN 18-31 TON | トップページ | DAYLIGHT SAVING »

2011年9月22日 (木)

ANZ

今回は一部仕事先に海外逃亡を告げていないので PC を持ってきている。ので、旅先でも普通にブログ更新出来るぜぃ、と思っていたら E-P2 で撮った写真を取り込めないことに気がついた。MacBook Air は薄すぎて SDカードスロット無いのな。

ので写真の不要っつーか撮ってないひこーきの話でも。

今回、結構急にNZ行きを決めた。諸事情によりチケットが手に入ることになったもんで。でもって旅程を組んでチケット抑えようとしたら残席5とかそんな世界だった。抑えたのは Air NewZealand で JAL とコードシェアだけど、ANZ はスターアライアンスメンバーなのでJALコードシェアなのにANAのマイルが貯まるという一昔前だと不思議な感じだ。
ちなみに ANZ はオーストラリア・ニュージーランド銀行のことでもあるけど全く別会社。こちらも Super15 や今回のRWCのスポンサーである。

で、予約したのは直行便だったのだけど、予約後に「すんません、関空経由になるんやけどええかな?あかんかったらゆーてくれたら全額返金するで」とのメールが。そんなこと言われても他に手段がないので仕方が無い。乗ってから分かったんだけど、AKL→NRT→KIX→AKL という便だったようだ。
関空ではオークランドから関空着の人を降ろしてから、オイラ達NRTから乗った人も全部手荷物ごと外に出されて1時間ちょっとしてから再度搭乗するという流れだった。

ANZ 素晴らしかったです。767 なんだけど、エコノミーの全席にディスプレイ付き、VODやGameが出来る。ってそんなん他でもあるがな、と思うかもしれないけど VOD の内容が素晴らしくて、2010 の TriNations の全試合、これまでのRWCの Final のダイジェスト等々ラグビーチャンネルが充実ですよ。その他 hot drink をサーブするときのカップは全て背番号と選手名とスペック、写真が入ってたり(オイラは06のカイノだった)。
後、離陸前の非常口案内とかのビデオが All Blacks 出演バージョンです。

そんなこんな、ラグビー好きには堪らないけど そうじゃない人にはなんのこっちゃ分からないサービスがてんこ盛り。

NRT→AKLで14時間ほど、KIXでの途中下車を考えると実質12時間ほどかしら、春先のオークランドはひんやりとして風が強いところでした。入国は持ち物、特に植物関連が厳しいとは聞いていたのだけど、USみたいにいい加減な質問(テロ行為に荷担したことがありますか?とか)じゃなくて、cooked or uncooked を問わず食品を持ってるか、最近牧場に行ったことがあるか、等々入国カードに書かされる。伝染病や生態系を壊す物に神経質なようだ。
嘘をつくと罰金3万円ぐらい、というので、食品持ってるってとこにはチェックして、通関で粉末スープ見せたら「ああ、それはOK」って軽く通してくれた。搭乗員曰く持ってないことにして見つかると面倒なんだと。
後、オイラの耳が悪いのかもしれないけど、入国で「らくびー?」って聞かれて聞き直したけど、やっぱり「らくびー?」と言われた。ラグビーって濁らないのかしら。何の試合見るんだ?とか聞かれて簡単に終了。

ま、そんな感じで Domestic Terminal に移動して Cafe で Fish&Chips とビール。モニターではオイラのフライト中に行われた AUS-IRL をやってて良い試合だったんだけど、緑色のアイルランド人がニタニタしてて、でかいオージーがため息混じりに愚痴ってたので直ぐに結果が分かってしまった。その他、Springboks のジャージやフランスのベレー帽などに囲まれて観戦するのもRWC期間中の空港ならではなんだろう。試合を見終わってしばらくして搭乗時間になったので移動したのでした。

|

« JPN 18-31 TON | トップページ | DAYLIGHT SAVING »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/41906935

この記事へのトラックバック一覧です: ANZ:

« JPN 18-31 TON | トップページ | DAYLIGHT SAVING »