« サンフランシスコに来ています | トップページ | ANZ »

2011年9月21日 (水)

JPN 18-31 TON

序盤にレフェリーとかみ合わずFWがファウルを取られまくり、SH田中の動きも鈍く(密集にHO堀江の方が先に来て捌くシーンが何度か見受けられた)、WTB遠藤は致命的なミスを4つ、CTBニコラスも抜けきらない、SOアレジのプレースキックはことごとく外れる、そんな内容では厳しい。
個々のプレーヤーがどうこうというより、やっぱまだJapanはこのレベルなのかなぁ。もちろん、フランス戦を捨てていればもう少しいい結果になったのかもしれないけど、それでは寂しすぎる。

トンガは見ていて反則だと思うプレーがいくつかあったけどレフェリーは取らなかったし、それが基準なんだろう。最後の方でシンビンを連発していたけど時既に遅し。BKは精度が低かったけどFWの集散は素晴らしかった。少々ラフだったとしてもあのスピードとパワーは凄い。

オイラは Auckland の海沿い、Queens Wharf というところにある FAN ZONE の Public Viewing で見ていたのだけど、NZのサラリーマンがスーツにネクタイのまま見に来ていてビール片手に盛り上がっていた。ABだけじゃなくて、本当にラグビー好きなんだなぁ。でもって日本が攻撃すると異様に盛り上がる。中には「John Kirwan は本当に良い選手だったよな!」なんて急に話しかけてくるKiwiがいたり。

ま、盛り上がったけどファンガレイまで見に行かなくてよかったかな、という内容でした。カナダ戦は前回も因縁の引き分けだった試合。ラスト1試合は良い試合して欲しいですな。

|

« サンフランシスコに来ています | トップページ | ANZ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/41892740

この記事へのトラックバック一覧です: JPN 18-31 TON:

« サンフランシスコに来ています | トップページ | ANZ »