« 越前・越中の道 (永平寺) | トップページ | 越前・越中の道 (一乗谷) »

2011年9月 5日 (月)

目黒のさんま

目黒の祭りに長蛇の列
落語の「目黒のさんま」にちなんで目黒では「目黒のさんま祭り」なるものが開かれる。目黒駅前商店街が品川区なのもおかしな話だが、品川駅は港区にあったりするのでな。

で、この祭り、秋刀魚の焼いたのを無料で配布するってのがウリなんだけど、

長蛇の列ができ、午前3時半から並んだ人も。大ぶりの焼きサンマに徳島県神山町特産のスダチを添えて提供された。

だそうです。どんぐらい並んだんかな、と思ったら、並んだ人のブログが。実に4時間。

サンマ一匹食うために4時間並ぶようになったら人生終わりだと思う。 - 拝徳

ここに書かれているずるずる並び続ける心理はプロスペクト理論に近い物かもしれない。途中で並ぶのを止めたらそこで並んだ時間が無駄になるからな。秋刀魚ならバカっぽいと思えても、案外企業のプロジェクトとか似たことやってるもんだ。もう半期様子を見てみようとかいいつつズルズルとか。

冷静に考えれば焼き秋刀魚1匹と4時間並ぶ行動は一般人にはバランスしないだろう。近所のスーパーに行けば250円ほどでご丁寧に焼かれた秋刀魚を売っている。一方で250円やるから4時間並んでくれと言われて、どれほどの人が並ぶであろうか。(もちろん「目黒のさんま祭りに4時間並んだ」という幸福感を得る人にとってはそれ以上のValueがあるのだろうけど)

秋刀魚の件でいけば、ある程度常識的な判断がつけばどっちを取るか決まりそうな物だけど、これがガソリン値上げ直前だから並ぶ、とか結構多くの人がやっちゃうのな。ガソリン使ってアイドリングしながら安いガソリンに並ぶ。

節約術とか主婦の知恵みたいなものも上記の落とし穴があると思う。専業主婦だと自分の時間のコストって計算しにくいと思うんだけど、節約術を行うために何かを犠牲にしている場合、その対価が見合っているかどうかってのは環境によっては怪しいなぁ、と。端的に言えば、1000円を節約するために1000円以上の機会損失を行っていたらそれは意味がないと思うのだ。例えば節約術の実践に2時間かかるんだったら時給600円のバイトを2時間やった方が良かったり。極端な話、バリバリに稼げる人だったら家の掃除なんかしないで、ダスキンみたいなの頼んだ方がトータルで得だと思うし。

不動産投資なんかでも、大家が頑張って家のメンテナンスをすることで収益(利回り)を上げる、みたいな話は多いのだけど、専業では無いサラリーマン大家だったら、ある程度委託することの方が色んなコスト(会社休んだり、休日潰したり)考えたら良かったりするんじゃ無いかなぁ、と思うのだ。

裏を返すと金で心理的不安等が解決できるならそれも手だな、と。水道水怖いって言いながら頑張るよりも、水買って落ち着くんならそれはPayしてると言えるような気もする。逆に、これは何処産かしら、と食材の産地を細かく気にしてると心理的に疲れてしまって Total Cost が高くなるような気も。心理的負担でコロッと逝っちゃったりしてね。

|

« 越前・越中の道 (永平寺) | トップページ | 越前・越中の道 (一乗谷) »

戯言」カテゴリの記事

コメント

ま、それが文中に書いた「「目黒のさんま祭りに4時間並んだ」という幸福感を得る人」でしょうな。
ラーメン屋とかに行列する人もそういう感じなんだと思います。

今日はトンカツ屋に入ったら5人並んでたので他の店に行きました。

投稿: しげお | 2011年9月 5日 (月) 19:53

並ぶのを含めてお祭りなんじゃないでしょうか。

投稿: 青木@蔵 | 2011年9月 5日 (月) 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/41512357

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒のさんま:

« 越前・越中の道 (永平寺) | トップページ | 越前・越中の道 (一乗谷) »