« RWC終章 | トップページ | iPhone4S その後 »

2011年10月24日 (月)

Auckland

RWC 2011 はNZが悲願の優勝を遂げて幕を閉じた。1987年以来のNZ優勝。フランス相手に Eden Park で勝ったところまで同じ。フランスは3列が良かったけれども、大事なところで turn over を許したのが痛かった。まぁ良くやったというところなんだろう。

まぁ、2011年大会、Eden Park で NZ-FRA を観たよ、というのは後々まで自慢できるな。予選プールだけど。

その Eden Park のある Auckland をまとめて NZ旅行終了。


先のエントリでも書いたけど、NZで一番の大都市。金融や商業の中心らしい。

街のシンボルは Sky City と呼ばれるタワー。NZで一番高い建造物で328mなんだとか。

まあ、普通に大都会で夕方の渋滞や中心部の賑わいなんかは東京とかと変わらない。白人、アイランダー系を中心に、アジア系も多い。特にタイが多いんだよな。
街は日本食、特に寿司ブームらしく、日本食レストランが多い。入らなかったのでクオリティは知らない。日本食材屋の横に酒屋があるから入ってみたけど、日本酒は妙に松竹梅が強い。焼酎ではいいちこが3500円ぐらいしていた。物価はなー、円高って言う割には安く感じなかったんだけど RWC でお祭り状態だったので簡単に比較はできないかも。

上述の SkyCity には展望台があって、レストランとかカフェも入ってる。展望台は張り出したようになっていて、足下がガラスの部分も。
厚さ40cmのガラスだから大丈夫とか書いてあったような。それでも余り気持ちの良い物では無い。

で、この展望台に居ると、時たま人が落ちてくる。SkyJump と言って、展望台の上から192m飛び降りるというアトラクション。
折角なのでやってみたのだけど、案外高い。1万円以上するのよね。で、2回飛べる。申し込むと体重測られて、荷物をロッカーに預けさせられて写真の黄色と青のツナギを着せられる。んで、ハーネス付けてエレベータで上へ。靴が脱げないかどうかチェックされて、そのままデッキに出て行って飛び降りる。
1回目は手首に小型のビデオカメラを装着させられて、飛び降りてすぐに止められて上から「オイ、こっち向いて」と言われて写真を撮られる。良くあるパターンで後から売りつけられる。オイラは買わなかったけど。
2回目はそんなの無いのでそのまま192m落っこちる。イメージとしてはスカイダイビングのように体を地面と水平にしたいんだけど、案外難しくて写真のように普通に飛び降りたみたいになってしまう。2回目はそこそこ上手に飛べたんじゃないかなぁ。降下地点は交差点の脇なので、観光客とかの晒し者である。プロモーションにもなるんだろうなぁ。

あの内蔵が持ち上がるような気持ち悪さがあるかと思ったら全くなかった。後、どこぞの橋に行けばバンジージャンプを出来るらしい。一緒に飛んだオージーのネーチャンが言ってたけど、あれは頭から突っ込むから又違うんだろう。

今回は北島のみということでロトルアとかも行ってみたかったんだけど移動が多かったり諸々の事情でオークランドからは出ず。Auckland Domain という大きな公園に行ってみました。
そこかしこに芝生があって、ラグビーやクリケットが出来るようでしたよ。

中には小さな植物園のようなのがあって、温室があったり、のんびりするには中々良いところでした。

今度行くときは2週間ぐらいで両方の島回りたいなぁ。後、空港にあった Ski&Snowboard っていう冊子も魅力的なのよなぁ。日本の真夏にスキーに行くっていうのも捨てがたい。

|

« RWC終章 | トップページ | iPhone4S その後 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/42652604

この記事へのトラックバック一覧です: Auckland:

« RWC終章 | トップページ | iPhone4S その後 »