« RWC2011 Quarter Finals | トップページ | Napier »

2011年10月12日 (水)

しまねの地酒フェア

何年前だか出雲・松江に行って以来、島根が好きだ。元々李白とか好きだし。

3連休の最終日に有楽町で島根県酒造協会のイベントがあるというので行ってきました。

最初は酒販店・料飲店対象で一般は事前登録制だったのだけど、最終的にはその場で1000円払えば入れるようになっていた。人数集まらなかったのかな。
全部で20蔵ほどが出てました。

島根の酒は基本的にどれもしっかりした味のものが多いイメージで、どちらかというとどっしりして燗上がりしそうなものが多かった。ある意味県全体での統一感はあるかな。

飲んで流石の安定感は李白だけど、この日一番美味しく感じたのは簸上(ひかみ)正宗という蔵。銘柄は玉鋼と七冠馬で、両方知っていたけど同じ蔵とは知らなかった。元々は簸上正宗と玉鋼というブランドだったんだけど、嘗て社長の娘さんか誰かがシンボリ牧場に嫁いだ縁で七冠馬シンボリルドルフに因んで七冠馬というブランドを立ち上げたそうな。どちらもスッキリとしていて美味しかったです。その他、基本は超ずっしり系の十旭日が生原酒だかを持ってきていて異様に透明感があって"らしくなくて"美味かった。

後、意表をついていたのは隠岐誉という隠岐の島の蔵の焼酎。何か燗付けてるんで「これは何ですか?」と聞いたら「これ焼酎なんですよ」というので少し頂いた。燗付けた焼酎なんて飲めるもんじゃない、と思ったら磯の香りの乗ったウイスキーの匂い。昔ウイスキー好きの方の家で色々飲まして頂いた Islay を思い出す。美味いなこれ。ってかバーとか持って行ったら焼酎ってわかんないんじゃ無いだろうか、と思って常温で飲んだらうーん、って感じだった。少し温めた方が良いようだ。

その後は新橋の高架下で人生二度目のホッピー。ま、たまにはこういう吉田類ワールドもいいもんだ。店は五月蠅かったけど活気といえばそれも良いのかもしれぬ。

簸上清酒合名会社
隠岐酒造ホームページ
島根出雲の日本酒地酒蔵【十旭日】--旭日酒造--

|

« RWC2011 Quarter Finals | トップページ | Napier »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/42452205

この記事へのトラックバック一覧です: しまねの地酒フェア:

« RWC2011 Quarter Finals | トップページ | Napier »