« RWC2011 Knockout Stages | トップページ | iPhone »

2011年10月 4日 (火)

Westpac Stadium (Wellington)

この日の試合は USA-AUS。試合が行われるのは Wetpac Stadium なんだけど、RWC のスポンサーとの兼ね合いか、Naming rights についてはNGで、Wellington Regional Stadium という呼称に変えられていた。おかげで最初はどこのことだかわからなかった。Westpac はAUSの銀行らしい。
スタジアムは丸い。Super15 の Hurricanes の本拠地だ。

少し食事をしてから向かおうと思ったんだけど、海沿いのレストランが集まったゾーンは黄色い人達で一杯。Wallabies のファンだ。結局ステキレストランには入れず、カフェのようなところでワイン飲んだ。

そんな中、一軒だけUSAファンで盛り上がるお店が。Chicago という店名にしてしまった以上仕方ないんだろうな。ただ、アメリカ人は数は少ないけどペイントやら格好やらで目立つ人が多かった。

スタジアムへのアプローチは普通の道路から階段やスロープを上がった専用通路を使う。仕組みとしては味スタとか府中競馬場の手前みたいなイメージだけど、最初の写真をよく見るとわかるんだけど、かなり長くて広い。これはいいなぁ。混雑しないし。
そして街の中心から歩いて30分かからない。収容人員は4万人。ステキ。

スタジアムは屋根と壁で覆われた内廊下になっている。トイレ、ビール売り場等この規模でも全く混雑しないのは凄いなぁ。何か設計にノウハウあるのかしらね。国立競技場も建て直すのなら色々改善して欲しい。

オイラの席の斜め前にはUSAとAUSの仲良しファンらしき人達がお互い顔面ペイントをして座ってた。緩衝地帯とか作って殺伐としている球技とはエラい違いだ。
他にも、春先の夜でまだ寒いのにチアリーダーの格好したネーチャン3人組とか、上半身裸でボディペインティングとかアメ人頭おかしいです(褒めてます)。後、試合の状況に関係なく”USA!USA!"って騒いでたり。ま、楽しそうで結構ですけど。

しばらくボーッと練習を見てたら下からオコナーが上がってきた。この日は足の怪我の回復中ということで控えにも入っていなかったのだけど、サインや写真撮影など付き合い良すぎだろ、ってぐらい断らずに受けてた。しまいには頬にキスマーク付けられてたし。
この後ロビー=ディーンズも上がってきたんだけど写真撮れなかった。どうもここ通らないとHCとかが観戦するブースに入れないみたいだ。

というぐらいど真ん中の素晴らしい席でした。天気も良かったし、言うこと無し。

試合は予想通りAUSが圧勝したんだけど、FBビール等怪我人が出てしまったのが残念。代わりにバーンズがキレキレで良かった。後、おそらくアイルランド敗戦のせいか、クーパーがボールを持つとブーイングが起こってた。オージーもブーイングしてたみたい。まぁ Wallabies の鮮やかな攻撃が見られてよかったっす。
スタジアムには少し空席が見える。これに限らずほとんどの試合は当日券があるみたいだ。

試合後、ホテルまで歩く。途中に大きめの鉄道駅があり、そこへ向かう人々も。オイラは道路に降りてテクテク歩くんだけど、普通の道路は警察が封鎖して歩行者天国状態だった。負けたアメリカ人も楽しそうでお祭りな感じ。

次の日は昼頃の便だったので、ホテルに戻ってビール飲んで少し夜更かしして寝た。

|

« RWC2011 Knockout Stages | トップページ | iPhone »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/42216398

この記事へのトラックバック一覧です: Westpac Stadium (Wellington):

« RWC2011 Knockout Stages | トップページ | iPhone »