« ステキな金縛り | トップページ | ばたばた »

2011年11月 8日 (火)

通販番組

やっぱりなあ…番組の半分が通販の局も

通販番組が最も多かったのは、CS放送などで通販専門チャンネルQVCを展開する三井物産傘下のトゥエルビで全体の約49%。以下BSイレブン45%、BS日テレ38%、BS-TBS35%、BSフジ32%、BSジャパン30%と続き、最も少ないBS朝日で27%だった。

たまにBS録画をして、そのままHDRつけると、結構な確率で通販番組だもんな。ま、オイラが見るのはBS-TBSとBS朝日ぐらいだけど。通販自体はどうとも思わないけど、あの芝居がかった声が生理的にキツイ。特に朝っぱら。

ただまぁ昨日も書いたように儲からないならやらない訳で、もうかるからやってるんだろうなぁ。SPAMとかポストに投げ入れられるチラシとか電柱の捨て看板(非公開物件です、みたいなの)と同じで、原価を上回る利益があるんだろう。
昔、広告関連のビジネスに首を突っ込んでたときに、見開き数百万の広告料を出したって、高級ブランドの毛皮なら数着売れればペイするんだ、みたいな話を聞いてなるほどなぁ、と思ったことがある。少々コストが嵩んだところで、少数の人が多額の利益を生み出してくれれば良いわけだ。

消費者の嗜好が多様化してると言われて久しいし、「若者のXX離れ」みたいなのも別に若者皆が「嫌っている」訳では無くて「皆が好きでは無い」ということなんじゃないかな。昔みたいに皆が欲しい物、ってのがどんどん減ってるわけだ。

通販番組を嫌いな人が圧倒的に多くても、少数の好きな人が充分な利益を生んでくれるならビジネスとしてはOkだ。韓流もそんなもんだろう。コンビニとかがやるアニメキャラの小っ恥ずかしいキャンペーンとかAKBとかも。
問題なのは放送ってのが「公共のもの」と位置づけられてることで、そのコンテンツが偏向しちゃうのが批判されるのよね。でも多様化した嗜好に合わせて放送コンテンツを細分化してもねぇ。

ケーブルテレビに勤めてる人と話した時は我らがJSports も版権の支出と視聴者からの収入比べると、決して楽では無いようなこと言ってたけどなぁ。プレミアとか高いみたいだし。皆が満足する公共のサービスなんてのは無くなっていくような。
と思いきや、
テレビ東京HD、純利益55%減に上方修正 12年3月期
ってなことで、ここはアニメ放送子会社が絶好調と。視聴者数はJSports よりオーダー1つ低いとかだけど、国産アニメの方が原価は安いだろうなぁ。

USだと映画専門、スポーツ専門、音楽専門でチャンネル別に有線みたいに成立してるので、やっぱり母数の差なんだろうか。天気専門とかあるよな。

|

« ステキな金縛り | トップページ | ばたばた »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/42922897

この記事へのトラックバック一覧です: 通販番組:

« ステキな金縛り | トップページ | ばたばた »