« 築地 | トップページ | 物語を売る »

2011年12月26日 (月)

第56回 有馬記念

地方出身の(オイラもそうだが)友人が「中山競馬場で有馬記念が見たい」と曰うので行ってみようかと。シルクライトニングの落鉄、突き抜けるナリブーにブリンブリン、4角で失速するサイレンススズカ、直線もがくビワ等々色々とGIは見てきたのだけど、実は有馬は見に行ったこと無いのだ。寒いし。ってかGI 久々だなぁ。サニブーの皐月賞以来かしら。

で、先々週ぐらいに前売り券買いに中山に行った。ダービーと有馬は前売り券が必要なので、ある程度入場者数が決まっていてメチャクチャは混まないのだ。一番混むのは JC。
なんて蘊蓄垂れて行ったら、2001年ぐらいから前売りやめちゃったんだとか。今は誰でも入れるらしい。知らなかった&歳バレル。仕方が無いから預金引き出して帰ってきました。ここのところ良く当たるのよ。

昨日、とはいえ混むだろうから早めに始動。クリスマス・イヴ疲れのリア充どもは知らんが、とりあえず朝7時半起床、9時出発で船橋法典へ。電車や地下道はそんなに混んでる気がしなかったけど上がると凄い。地下から地上のエスカレータに行列、上がってスタンド前はギッシリ。
とはいえ、こちとらJCで慣れてるので 3R を買ってから4コーナー方面へ馬場の方へ進んで行く。隙間を見つけてポジショニング。

超いー天気で暑いのなんのって。週末は冷え込むとか言うからスキーばりにタイツまで着込んできたので暑い。6Rぐらいまで上着脱いでた。熱燗も持って行ったし。

7R以降は陣取り禁止なので2時間ほど立ちっぱ。それでも前に2組ほど敷物引いて座り込んでるカポーが居て、片方は単なるDQNカップルだったけど、もう片方は後で気づいたんだけど奥さんお腹が大きかった。妊婦で来るとか正気じゃねーぞ、ってのが、この日も2回ぐらいあったんだけど、人が多いのと馬場に向かってスロープになってるのと相まって、後ろから押されて将棋倒しモドキが起きるのよね。

ま、そんなこんなでやってると本馬場入場。いやー、久々に見るGI馬。それも今回は面子が揃ってるので凄い迫力。やっぱ馬体の張りといい、美しさと言い条件馬共とは違いますわ。近頃はほとんど競馬やらないので、知らない馬がほとんどだったけど、それでも目の前を返し馬に向かうサラブレッドには鳥肌物の迫力があります。

レースが始まる頃には青空が嘘のように冬の雲が厚く覆い、スタート後半周ほどしたところで霰が降り始めて雪になりました。何たるホワイトクリスマス。

結局、今年の三冠馬オルフェーヴルが圧勝。これが引退レースのブエナビスタは内でもがくだけでズルズルベッタリ。24年だかの連続GI勝ちがかかっていた武のレッドデイヴィスも来ませんでした。

ん、オイラはまた預金して帰ってきましたよ。ここのところ順調に引き出してたのになぁ、トゥザグローリーさえ突っ込んでこなければ。あの急な雪はユーイチが最終奥義を使ったからに違いない。
3冠馬オルフェーヴル快勝/有馬記念

|

« 築地 | トップページ | 物語を売る »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/43513551

この記事へのトラックバック一覧です: 第56回 有馬記念:

« 築地 | トップページ | 物語を売る »