« 全然 | トップページ | 大王製紙 »

2011年12月19日 (月)

すみよっさん

神戸はそうでもないと思うんだけど、大阪の人、特に年配の人は促音を使うことが多い。「ぷらっちっく(プラスチック)」「まっちゃまち(松屋町)」等々。住吉大社も京都の「祇園さん」のように親しみを込めて「住吉さん」と呼ばれるが、「すみよっさん」と呼ぶ人もいる。

先日、長居競技場に行くとき、神戸から行くなら梅田もしくはなんばで乗り換えて御堂筋線が筋であるが、思い立ってなんばから南海電車に乗る。下りるのはその名も住吉大社駅。なんとも吉田類な感じの駅前を出て少し左に歩くと鳥居が出てくる。今の参道やったんかいなぁ?

大きな車道を挟んで神社入り口。電線もいっぱい。チャリンコも走りまくる。何だか落ち着きが無いのが如何にも大阪っぽい。

オマケに路面電車も。この阪堺電気鉄道が最寄りだな。何と言っても目の前に駅がある。

鳥居をくぐって奥へ進むと反橋。淀君が寄進した物らしいんだけど、これ下りるのがちょっと怖いぐらいの傾斜である。

あ、住吉鳥居撮り忘れた…四角柱で出来た鳥居を抜けて本殿エリアへ。朱色が鮮やか。

祀られているのは住吉三神と神功皇后の4柱。神功皇后の三韓征伐の帰りに寄ったときに神社が出来たんだとか。手前の古っぽい方が拝殿で、直結する朱色部分が住吉造りと言われるきわめてシンプルな本殿。

で、これが4柱分、4つあります。全て西向き、大阪湾を向いてるんだそうで。まぁ、これだけっちゃあこれだけ。

境内は決して広くないけど、青空と雲、緑と朱が鮮やかで綺麗なところでした。本殿エリアの外には八幡や摂社・末社が少しあって終わり。
裏から出て長居へスタスタ歩いて行ったのでした。

|

« 全然 | トップページ | 大王製紙 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/43429986

この記事へのトラックバック一覧です: すみよっさん:

« 全然 | トップページ | 大王製紙 »