« spモード | トップページ | 第56回 有馬記念 »

2011年12月22日 (木)

築地

前に友人と色々話してたんだけど、築地の寿司ってのを一度食ってみようと。友人は何度か行ってるらしいがオイラは行ったことが無い。
所謂観光のピークは2つあるようで、6時ぐらいの早朝と10時ぐらいから。10時ぐらいになると観光バスがオバチャンを吐き出しにくるみたいだ。

とりあえず今回はベタな寿司屋に行こうということで、土曜の始発で向かう。

幾つあるのか分からないぐらいの長屋の店。寿司屋や魚屋よりもむしろ雑貨屋や洋食屋のようなものが目につく。上の写真は店を出てから別の店を撮ったものなので少し明るいけど、人気のある店には行列が出来ている。

朝6時に某店の前に行ったときは店の中は一杯でやはり行列が出来てた。行列の半分ぐらいは異人さんだったな。白人はみんなゴツい望遠レンズを首から提げて店の中とか遠慮なしに撮ってる。後は中国人と思しき4人組。強気の店のオバチャンに列にちゃんと並べと言われているのにフラフラどっか行ったりするのは流石の国民性か本気で英語分からないのか。

しばらく並んで店内へ。酒は期待できないのでビール。朝っぱらだけど飲まないで寿司ってのも雰囲気出ないね。

もうカウンターにギッシリで座ります。良く分からないのでお任せで。
と言ったところ、スタートです。目の前の小さなまな板(?)に店のペースでどんどん置いて行かれる。こっちが食べようが食べまいが次がどんどんくる椀子蕎麦状態。

ま、ネタはいいので美味しいけどね。シャリの横に山葵が付いちゃってたりと少々雑な感じはスピード勝負の副産物でしょうかね。まぁそんな感じで客が出ると次の客がどんどん入れられるシステマティックな寿司でした。繰り返すけど美味いよ。

厨房の裏手から出てからフラフラしてみたけど慣れないもんでどこまで行っていいものやら分からない。後日寿司屋の大将に聞いたら「入っちゃいけないとこ無いですよ」と。色んな店先を冷やかして築地本願寺見て(良く前を通ったけど入ったこと無かった)帰ってきました。

今度は寿司屋の大将に案内してもらって行ってみるかな。

|

« spモード | トップページ | 第56回 有馬記念 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/43464862

この記事へのトラックバック一覧です: 築地:

« spモード | トップページ | 第56回 有馬記念 »