« 2011まとめ | トップページ | N700系のコンセント »

2012年1月 2日 (月)

元旦・国立・決勝

2年前、友人が誘うので味スタへ行った。確かあの年はホームで1勝か2勝しかしなかったんじゃないだろうか。シーズン途中で長友が移籍、後半まさか降格しないよね、普通に行けば神戸が落ちるよね、と思ってたらまさかの粘りで神戸が残留。
去年はJ2になってしまったけど妙な意地みたいなもので見続けた。千葉に行って異国の巨人に叩きのめされ、駒沢では謎主審が裁く愛媛とのショボイ試合を見せられ、わざわざ富山まで行って自棄酒を飲む羽目になり、挙げ句J2優勝は遠すぎるAwayの鳥取で決まった。

来季J1昇格が決まり、何となくオマケっぽい感じで見ていた天皇杯だったけど、まさかな、まさか、と思う間に登ってきた。去年は二度と行きたくない熊谷で逆転勝ちしたけど年末の国立で沈んだ。今年は何となく決勝のチケットを購入しておいた。というのも、同じ側から清水が上がってきそうだったから。清水にはユングベリがいるもんね。

結果として決勝の組み合わせは東京vs京都というまさかのJ2対決。まあでもセレッソvs横浜とかにならなくて良かった。

ということで元旦に国立競技場に行くことに。決勝は14時からだけど、10時半から女子の決勝がある。従来なら前座扱いだが、例のなでしこフィーバーだし、神戸vs新潟の試合だ。神戸には澤兄貴をはじめとして7人ぐらい代表がいたような。みにいこーかなー、どーしよーかなー、と思ってたんだけど大晦日にバーで夜更かししたので面倒になってヤメ。家で前半を見てから出かけた。

着いたら神戸が3-0で勝ってた。というか圧倒的に神戸強いな。パススピード、精度に少々難ありだけど、スペースを使ったポゼッションメインのサッカーはかなり上等だ。そして川澄の圧倒的な加速と澤兄貴の強さと守備の感覚の良さがレベルの違いを感じさせた。

表彰式が終わり2階席もどんどん埋まってくる。持ち込んだコンビニにぎりを食べ、本を読んで時間つぶし。「俺たちJ1」「お前らJ2」コールなどでサポーターが遊んだりしている内に選手入場。

それにしても国立競技場ってすごいよね。借景が代々木から新宿方面のビル。

謎のオッサンがめっちゃ真剣な顔かつ自分の間合いでアレンジした君が代を歌って試合開始。

東京サポのコレオと

京都サポのコレオ。2003年に京都は一度優勝している。当時主力だったパク=チソンは今やMan.U のトップチームだ。

試合はディフェンスの乱れから京都が先制したものの、2分後に今野のヘッドで同点。その後も京都は攻め込むもののミドルの精度を欠く。徐々に東京の支配が強くなりあっさりと逆転。後半に両者1点ずつ加えて結果は4-2。最後はお互いに厳しいディフェンス合戦となったが東京が集中力高く守りきった。
試合後、前にいた親子連れの子供が急に振り向いて「勝ちましたね!」と満面の笑みで話しかけてきて、あまりの不意打ちに「お、おう」ってな感じの中途半端なリアクションをしてしまった。

そうそう、試合中にスタンドがぐわらぐわら揺れて1分かそこら揺れてたんだけど震度4だったそうで。2階ってことで派手に揺れたみたいでピッチに立ってたGK権田は気づかなかったらしい。

警戒したほどは寒くなく、人のまばらな六本木を抜けて帰宅しました。

しかし表彰式での選手の無邪気なぐらいに嬉しそうな顔を思い出すと、あのつらかった日々が吹っ飛ぶ気分でした。今年は幸先良いです、ええ。

|

« 2011まとめ | トップページ | N700系のコンセント »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/43588895

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦・国立・決勝:

« 2011まとめ | トップページ | N700系のコンセント »