« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

住居番号

先日、お手伝いする会社の営業さんから質問が。
検索結果の住所からGoogle Maps で地図を表示しているんだけど、「表示されてる場所が全然違う」とクレームがあったそうで。

住所が不完全なのかな、と思って聞いてみたらそうでもなくて「XX区XX町X丁目X番X号」までちゃんと入ってる。以前、「新宿区新宿」のように同じ漢字の並びが重なると正確な住所が表示されない、というBugが Google Maps にあったから、またそんなもんかな? 試しに Google Maps で検索してみたけど、ここじゃないのか。じゃあ Yahoo! で調べてみるかな、と思っても同じ場所が出てくる。

うーん、と思って拡大したりして丁目とか色々確認してもおかしくないんだよな。

「Yahoo でも同じ場所が出るし、別におかしくないと思うんですけど」と営業さんに言ったら、「いやでも、実際の場所は道路に面してる、って言うんですよ」と。

え?

もしかしてピンポイントに「号」まで正しいところに矢印が表示されないと許して貰えないっすか?

技術屋からすると今の Geocoding だけでも凄いことだと思うし、技術分からなくても長年Web見てきた人なら凄い進歩を分かって貰えると思うんだけど、「住所入れたら地図が表示されるサービス」として見る人にとってはまだまだ不完全なのか。
「全然違う場所」っていう距離感の違いに驚きましたことよ。

ちなみに、「XX町X丁目」までが「町名」なんだそうで、「○○町大字XXX」みたいなのも一塊で町名なんだと。その後ろの「X番」が街区符号、今回問題の「X号」が住居番号だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

クイズ大会

防衛大臣に自衛隊の警護について聞いたら答えられなくて、与党側から「野党はクイズみたいなバカなことやめろ」と言われてるとか。昔、総理大臣に政治と無関係なカップラーメンの値段とか漢字の読み方聞いた政党はどこかしらと思うのだけど、毎度ながら見事なブーメラン。

議論をするときにお互いの知識レベルが共通じゃ無いと思わぬコストがかかる。か、話がかみ合わなくて何も生まれない。
技術の人間と営業さんが話してラチがあかない、なんてのはこういうことだと思う。だから、経営企画とか営業とか広報とかそういう人と話をするときはオイラは噛み砕いて例え話を入れるようにしている。
逆にシステムの引き継ぎです、ということで現れた引き継ぎ先のシステム担当がPHPって何ですか?というレベルだとブチ切れだし、PHP教えてやるから金よこせ、って感じ。

とある有名クライアントの仕事を孫請けというかひ孫請けぐらいかな、しているんだけど、上に挟まってるシステム屋が口八丁だけで手八丁じゃない。
で、前のサーバ移行の時に「アクセスも増えてきたんでサーバ増やして、ついでに MySQL も replication 使って逃がしておきましょうか」という話をしたら「れぷりけーしょん?」って顔。でも「分からない」とはクライアントの手前言わないのよね。クイズ形式で詰めてやっても良かったんだけど、面倒だからこっちで引き取ってやりましたけど。お代はもちろん頂きましたよ。

これが国会で、かつこちらがわで引き取って出来るような状況じゃ無きゃ、まずクイズ形式で向こうの知識を確かめるしか無いわなぁ。じゃないと怖くて話が始められない。つーことで、以前のカップヌードルクイズと今回の自衛隊クイズを同様に評価するのはどうかと思うのですよ。

何でこんな話を思い出したかというと、上述のサーバがさらに移転することになって、2末締切だったのでオイラの上のデザイナさんとオイラは12末から情報集めてスケジュール切って2月中旬からテストして待ってたのですよ。
そしたら、この週末、ダメシステム屋がデザイナさんに泣きついてきて何かと思ったら、自分のところが抱えてる分の移行が終わりそうに無いから助けてくれ、と。締切は同じく2/29。「しゃーないなぁ、じゃあサーバ情報教えてよ、それから工数見積もるから」と投げたら、移行先サーバのサービス仕様書を送ってきてビックリ。

あのさぁ、IPアドレスもログイン方法も分からんサーバのサービス仕様書だけ投げてきて移行出来ると思ってるの?

何が欲しいかまで箇条書きにして投げないと仕事始まらないシステム屋なんて放置プレイにしてやろうかと思う、2月28日でした。のたれ死にすれば良いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

佐川忍者

何度かネット上で見たことがある「佐川忍者」の話。

佐川急便の配達員がピンポンダッシュよろしくインターホンを押して家主が出たときには既に姿は無く。郵便受けに不在票だけが残されているらしい。
へぇ、そんなこともあるのか。

と思ってたら現れた。

先日19時過ぎに帰宅。シャワーを浴びるわけでも無く、家に居ました。暫くしたら携帯にメール。19:56に不在だったので持ち帰りました、と。ん?
19:56は間違いなくいましたよ。あと、うちのインターフォンは押すと録画されるのですけどね、ログが残ってませんよ。

コールセンタに電話したら「ドライバーに確認して折り返します」
しばらくして電話がかかってきたのだけど、コールセンタではなくてドライバーからだった。「今から配達にお伺いしてよろしいですか?」と。"確認"がどうなったのか謎だなぁ、と思いつつ「ええ」と答えて電話切ったら速攻でインターフォンが鳴って配達に来ました。
別に詰めても仕方ないから荷物受け取ってサインして帰って貰いましたけどね。

Ninja は実在するんだなぁ。
佐川急便は甲賀者の末裔─研究家が古文書調査で判明 : bogusnews

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

風邪?

動けないほどの風邪を引いたのは10年以上前が最後だと思う。大体怪しくなったら病院行くので。
オイラの場合は大抵喉。喉が腫れて飲み込むと痛むようになってきたら病院へ。抗生物質貰って治して終わり。

先々週の中程から喉が変で。いつものような痛みは無く、ただ物理的に荒れてる感じで声が出にくい。
別に頭痛もなにも無いし。もしかして花粉症の症状なのかなぁ。オイラも花粉症になったのかなぁ、なんて思ってたんだけど1週間以上経っても変わらないので、何か変な病気だと嫌だな、と病院行ってきた。

結果はいつもと同じなんだそうな。いつもより軽症だから痛みが無いだけなんだと。

何かそう聞いたら頭が重い気がしてきた。昔から傷口から出る血を見て泣き出す子だからな。もしくは病院行って待合室で悪化したのか。そういやDQNの子はDQN見たいな典型例いたなぁ。かすれた声で子供に怒鳴り散らすヤンキーっぽい母親と、全く言うこと聞かないガキ。

ま、週末は大人しくして体力回復しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

Wiiの間

「Wiiの間」4月末終了へ 任天堂の映像配信サービス

「任天堂の映像配信サービス」ってのは何か違うような気がするんだけど、じゃあ何かって言われると何とも難しい。
一応 Wii 持ってるんで1回は入ってみたけどそれっきりだねぇ。

感覚的には広告 on Demand みたいな感じかなぁ。今や番組内で特定外食チェーンを押しまくったり、芸能人を使って「この商品がいいですよ」なんて言う所謂ステマをやってみたりで色々と問題視されているTV業界だけど、そもそも知りたい商品やサービスに関しては知りたい訳で、そういう人向けのサービスだったと認識していた。ただ、魅力的じゃ無かったのと、妙に3次元のUIに拘りすぎで不便だった気がする。

確かこのサービスが始まった頃には某CATV(では無いか、まぁいいや)のセットボックス周りやるような会社をお手伝いしていた筈で(少し前後してるかも)、その時に外部のお客さんと3次元のUIについて議論した記憶があるのよね。
オイラは学生時代にVRをやっていたから、色んなデモとかいじってみて個人的に3次元のUIには否定的。何でコンソールが2次元で多くのウインドウシステムでフォルダ(ディレクトリ)がああ言った概念に落ち着いているかってのはマシンパワーの制限では無いと思うんだよね。究極を考えれば分かるけど、データグローブ付けてHMD越しのリアルな"デスクトップ"の書類を掻き分けるなんてナンセンス過ぎる。一覧性や検索性を考えると必ずしも3Dは必要では無く、寧ろ冗長ですらある。

Wiiの間はまさに冗長だった。マトリックスに並べて見せてくれれば良いのに見回さなきゃいけなかったり。

まぁ、そもそもの引きが弱かったよなぁ。
任天堂が本当にやりたかったのはテレビの電源付けた時の画面を取ることだったんだと思うんだけど、TV付けてWii起動して、Wiiの間起動して…ってのは、ちょっと衝動的に見るには手間過ぎる。この辺を Apple とか Google とかがTV作るようになれば変えられるんだろうか。Buffalo TV とかハード面では一番実現可能性高そうだけどな。

ま、電通と任天堂の壮大な実験に幕。これだけの実験だったんだから何か良い物に繋がればいいんだけど。
社長が訊く『Wiiの間』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

Bye Bye AUD

去年NZに行って話聞いたり、別で豪州在住の人の話を聞いたりしていて、資源国とは言えちょっと怖くなったのと、この円高の中一昨日辺りにAUDが86円を付けていたので、AUD資産を全部売り払った。
ちなみに豪州在住の方の話は全然不安感がなくて、それが不安だった。

2008年に Shun-san と為替勝負したときのレートが「EUR = 124円 AUD = 64円」だそうな。あれより前から持ち続けていたんだけど、これで0に。為替では無く債券で持って組み替えたりしながらだったので、そこそこ儲けさせて貰いましたかな。ユーロとの勝負は言わずもがな。

経済や投資のプロでも何でも無いのだけど、何となく嫌な予感がするので、資産は基本的に現金(日本円)にする方向で。別にJPYじゃなくてもいいけど、オイラは日本に住む予定だから。ま、絶望的な政権が長期支配するのが確定したら考えるけど。

後は少しブラジルレアルを持ってるけどオリンピックまで持つかなぁ。今は利息入れてトントンだけど少し不安。
USは今年は大丈夫そうだけど新しい大統領の1年目は無事だろうか?色々隠し事の多そうな中国の地方政府は何か出てこないかしら?日本やUSのソーシャル系のIT企業はちゃんとしてるかしら?

2012年2月末現在、2013年9月ぐらいまでの個人的観測は弱気です、というのをここに記録しておく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

白馬コルチナ

話の順序は逆だけど…

例によってスキーは栂池高原へ。金曜の始発のあさまで長野へ向かい、バスで90分…のはずが寒波の影響からか路面が凍結しており、白馬八方を過ぎたところから栂池高原に入るのにチェーンを巻いたりした影響で30分遅れ。
まぁ、70の親父とのスキーだし、オイラもアラフォーなので20代の時のように気が急くこともない。初日はゆっくり感覚を確かめながら滑り、早起きと久々のスキーとビールの影響で22時過ぎには寝た。

翌日も雪。夜の間に20cmは積もったかと思えるぐらいだ。前から親父が言っていた白馬乗鞍の方に行ってみようということでバス停へ。白馬乗鞍へはバスで15分程度のはずだが肝心のバスが来ない。雪道に慣れていないような観光バス、FFで前輪が空転しまくってる車などが坂を上がってきているのを見ると、登り口で渋滞のようだ。
諦めて今日も栂池で滑ろうかと思ったときにバスが来た。30分遅れ。
運転手の他に実直そうな青年が乗っていて、乗降者の板を持ってくれたりする。栂池で降りてきたのは白人ばかり20人。見たこともないような大きな板を持ったデカいあんちゃんもいた。入れ替わりに乗り込む。
剽軽そうな白髪の運転手はヨロヨロ歩く歩行者にクラクションを鳴らしながら「どう見ても運動神経良さそうにないのがいるよねぇ」なんて軽口を叩く。「ゲレンデなんて年に1,2度で、別に滑るんじゃなくて写真撮りに来てるんですから」と青年が合わせる。そんなやりとりを聞いていたら到着。

どうして中々見事なホテルです。このホテルの前に広がるのが白馬コルチナのゲレンデ。ゴンドラを設置するほどの規模は無いけれども、高低差は十分、リフトの長さも結構あって1回の滑り甲斐があります。
後、昼はこのホテル内のレストランで取るのだけど、クオリティが高い。普通のスキー場のカレーやラーメンが1000円することを考えると、ここで1200円のサーモン重を生ビールと一緒に頂くのが圧倒的にCP高い。

ゲレンデは余り圧雪する気を感じさせない感じなので、7割ぐらいはフワフワしていてパワーはいるけど上手く滑ると気持ちよい。オイラも久々に腿まで埋まりながら滑った。栂池から更に奥、というロケーションが難点だけど、中々良いゲレンデでした。

白馬コルチナスキー場

ここで午前中滑って昼過ぎに栂池に戻ってブーツの悲劇が起きたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

スキーブーツ大破

恒例の親孝行スキーへ。

2日目、午前から滑って昼過ぎに親父が宿へ帰るというので、オイラは独りで滑ることに。回数券にするかどうか迷ったけど、面倒なので半日券を買う。
少し並んでゴンドラに乗り、今年はまだ滑っていない栂池高原の一番上、ハンの木ゲレンデに行こうかと思ったのだけど、まず足慣らしに緩斜面を1本やってからにしようと。

緩斜面に行き、人が切れたのを待って滑り出す。少しスピードに乗ったところでターン、っん!んんっ!

グリップが利かない、と落とした視線の先にはブーツのハードシェルから飛び出した黄色いインナーブーツが。「????」と思ったときには体が放り出され、板が2本とも吹っ飛んでいった。超緩斜面での派手な単独事故。おそらく端から見てた人には透明人間に体当たりされたか、ワイヤーアクションか何かだと見えたのでは無いだろうか。

幸い何処も痛くないので起き上がって爪先を見たら

完全に爪先部分に亀裂が。

さてどうしたものか、このまま騙し騙し下ってリフトで上がるかどうか、と思ってもう一度板を履いてみたらなんと右足のブーツにもヒビが入っている。これはダメやね、ということで、板を担いで登ることに。初心者用ゲレンデなのでへっぴり腰のボーダーやらがゆーっくり流れてくる中を板を担いで登る。邪魔にならないよう路肩(?)を歩くので雪が深く疲れる。爪先から冷たくなってくるし…
緩斜面だからスケーティングが楽かな、ともう一度板を履いてみたけどやはりエッジが効かない。また脱いで背負って歩く。10分ほど歩いたかな、ようやくゴンドラの山頂駅に辿り着き、下りのゴンドラに乗り込んだ。当然独りだ。

フードを被ったまま疲れ果ててがっくりと肩を落としてゴンドラに揺られていると、何やら連行される容疑者のような気分であった。惨めだ。結局、半日券でゴンドラ1往復して終了。宿に戻ってブーツを脱ぐときに完全に壊れて謎の破片が飛び出した。部屋で自棄ビールを飲んだ。

ブーツの寿命は5年ということなので、寿命は過ぎていたのだろう。午前中問題なくて、急に割れたことを考えると、徐々に疲労していたのがゴンドラと外気の寒暖差でやられたものか。
また神田辺りのセールにでも行って買わなきゃなぁ、と思ったのだけど年に1度滑るぐらいで5年間だと、2〜3万のブーツを買うと1年=1回辺り4000円〜6000円だ。だとしたらレンタルの方が安いけどレンタルのブーツは合わないと滑らないし脚痛いしろくな事無いからなぁ。ということはもう少しスキーの頻度上げろってことか。

みなさまもお気をつけを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

休眠預金

休眠預金使いたい 政府「復興にも役立つ」

<休眠口座> 銀行などで長期間にわたりお金の預け入れや引き出しがない預金口座。全国銀行協会のルールでは、10年以上放置された預金のうち、残高が1万円以上で預金者と連絡できない場合と、残高1万円未満の場合を休眠口座としている。法律上は5~10年取引が無いと預金者の権利は失われるが、金融機関は10年以上経過しても、引き出しの請求があれば応じている。

最初ニュースを見たときはひでぇ話だな、と思ったんだけど、「法律上は5~10年取引が無いと預金者の権利は失われる」のね。商法の消滅時効が援用されるらしい。なるほど。

請求書出さずに10年経つと時効が成立して、それ以降に請求しても請求された側は支払わなくても良い。何故かというと請求する側の権利が消滅しているから。別に10年支払わずに頑張れば払わなくて良くなる訳では無い。相手が請求してきたら時効はupdateされるから。

おそらく貯金に関しても、請求する権利が消滅するんだろう。郵貯のサイトを見ると5年って書いてあるから短期消滅時効なのかしら。

ゆうちょ銀行の貯金(ゆうちょ銀行に承継された通常郵便貯金等の貯金を含む)には、他の銀行と同様に商法の「消滅時効」(5年間)が適用されます。

貯金商品のご利用について-ゆうちょ銀行

で、時効成立するとお金はどうなるかというと、銀行の収入になるそうだ。

金融機関が休眠預金を収益に計上していることについて「好きでやっているわけではない。(法人税を徴収したい)税務当局の指導でそうなった」と話す。

金融機関は休眠預金でも預金者の求めがあれば払い戻しに応じている。親族の死亡後、しばらくたってから通帳が見つかり、お金が引き出されることもあり、年間の払戻額は休眠口座全体に眠るお金の約四割にあたる約三百五十億円に上る。

休眠口座の金額の大きさがクローズアップされてるけど払い戻し4割あるんじゃないか。
法的に時効が成立するので預金口座は消滅するけど、銀行としてはその後払い戻さないとは言えないから対応してるっぽい。けど税務当局の指導で収入として計上していると。

ただ、時効を理由にして支払を拒もうとした事例もあるようなので、気をつけるべきですな。
自動継続定期預金の時効をめぐる最高裁判決について
まぁ事情(言い訳?)のようなのを書いてはいるけど、時効を盾に支払拒否しようとして失敗したそうなので。

で、最初の話に戻ると、だからって銀行に預けたお金を国が召し上げるってのは道理が通らないと思うわけですよ。オイラは銀行と契約したんであって国と契約したわけじゃ無いんだから。やるなら今後開設される口座に適用するのが筋だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

行政指導

KDDIにも行政指導--相次ぐ通信障害で3月30日までに防止策

ワシの若い頃は携帯がつながらんなんて日常茶飯事だったがのぉ。夜の渋谷交差点辺り行けば繋がらないのが普通。ネーチャン達が携帯を振ってたものよ。アンテナ伸ばしてね。
昼に出したメールが夜中に届くのもしょっちゅうでしたな。
電波状況だけじゃ無くて大元の事故での不通も珍しくなかった気がする。

神戸に帰ればローミングですよ。そうそう、そのうち「大阪では0円で携帯買えるらしい」なんて噂が出てね。新幹線の往復かけても安いってね。

ほんの15年ほど前の話。15年って結構な差があるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

八戸の南部煎餅

昔、盛岡に伯母がいた。それと関係有るかどうか覚えてないけど家に南部煎餅が定期的にあったような気がする。
ゴマの奴はあんまり味がしなくて(ほんのり塩味)、ガキの頃にはさほどグッと来なかったけど、ピーナッツの入ったのは甘めで好きだった。こないだ近所で割れ煎餅として売っていたので買ってみて懐かしかった。

今日、オフィスのお土産で青森のイカ煎餅ってのを貰った。何だか見た目が南部煎餅っぽいので青森なのになぁ…と思って見たら八戸の煎餅。

八戸なら盛岡に近いね、と思ったら八戸藩って元々南部藩なのね。で、みんな南部藩って言うけど盛岡藩が正式名称というか、元は南部藩だったけど途中で盛岡藩になったそうな。
どっちでもいいけど、軽いお家騒動があって、南部藩から八戸藩を分けたんだそうで。

ちなみに南部氏は甲斐源氏の流れで宗家は三戸氏だそうです。元々は津軽氏も三戸氏の一族で南部氏よりは格下なのに謀反気味に独立して秀吉や徳川家に取り入って良い感じに大名として既成事実を作ってしまったとかで、南部と津軽は仲が悪いんだそうな。ってか南部が口べただったっぽいけど。

ま、とりあえず美味かったっす。イカ煎餅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

Whitney Houston

何となく触れずにいられない気分だったけど、別に好んで聴いていたわけではない。
ホイットニー・ヒューストンさん死去=米ポップス界の女王、グラミー賞6度

でも13歳頃から洋楽を聴き始めて20歳ぐらいまでMTV見たりしてたので、嫌でも(嫌じゃ無いけど)目にし、耳にしてきたものよ。85年〜94年ぐらいか。まさにピッタリの時期だ。

洋楽というか音楽自体をあまり聴かなくなってから、妙に太った写真を一度見たことがある気がしたけど、今回の報道を見ると大変だったみたい。

定期的に薬物だのアルコールだので芸能人のニュースが流れる海の向こう、成功もでかいけどプレッシャーもでかいのかしらねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

5㎡

今度引っ越そうとしている営業さんと上司の会話が面白かった。

「今、物件色々みてるんですよー。こないだ見に行ったところ良かったんですけど55㎡なんですよねー」
 「ダメなんですか?」
「嫁が60㎡は欲しいって言ってて」
 「Aさん、60㎡と55㎡の違いって知ってます?」
「え?何ですか?税金とか何かですか?」
 「60と55だと5㎡違うんですよ」
「当たり前じゃ無いすか(笑」
 「5㎡ってどんだけか奥さん分かってます?」

上司は不動産屋勤めをしてたこともある人だったのだけど、曰く「なんで60じゃなきゃダメか」というのをよく考えた方がいい、と。収納充実の55㎡と、がらんとした空間だけの60㎡だったらどっちが住みやすいのか。

プロジェクトとかでもスペックとか仕様だけが一人歩きしていることって結構ある。オイラなんかが途中から参画して「なんでなんですか?」って聞くと案外拘る理由がなかったりして。都度都度振り返るのは非効率だけど、たまに原点に戻ってみると途端に突破出来たりするのよな。

別で不動産屋さんと話した時に聞いて面白かったのは、こっちは売買だけど「客の要望は一切聞かない」という話だった。
別に感じの悪い営業ではなくて、結局客の要望を満たしたものなんてほぼ100%ないんだと。で、一番ネックになる資金の部分から詰めていくんだそうな。頭金がどの程度用意できるのか、銀行からローンが幾ら引けるのか。その上で初めて薦められる物件が決まってくると。買えないものを望んでも仕方ないし、買えない物件を薦めても仕方が無い。でも親身に相談には乗るのでその営業さんの成績は良いんだと。

結局、その後55㎡の物件をどうしたのかは知らないけど。引っ越し先は決めたみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

物理的存在

もう5年以上世話になっている会社がある。自分で会社をやっていたときを含めると10年近い。
個人で仕事することにしたんだけど、元家主に引き留められてオフィスを与えて頂いた。オイラの仕事なんてどこにいようと出来るので、適当にジムに行ったり場合によっては平日の試飲会行ったりして過ごしてた。やらなきゃいけない仕事はちゃんとやります。代わりに夜中や週末に仕事することだってあるわけで。

ま、そんなお気楽極楽な仕事をしていたのだけど、去年の夏頃からメインの居場所を別にした。仕事は変わらずやってるけど、オフィスに行くのは週に1度ほど。
そのまま何事もなく過ごしてたんですが、年末に「実は近頃別の場所にいまして」という話をしたら急に「近頃いないんですか?」「お久しぶりです」「今度はいつ来るんですか?」等々。

いやいや、もう半年ぐらいいませんよ。メールくれれば対応するし、VPNで社内サーバの作業するし、必要ならミーティング出てるし、何の迷惑もかけてません。ちょっと「普段いない」って言ったら騒ぎ出しちゃって。

でも物理的存在が欲しいというか、必要な人が物理的にいないと不安ってのは何となく分からんではないんだよな。
Work at Home なんかも普及してきてるけど、この辺りの感覚は将来的にどうなるんでしょうねぇ。もう入社からずっとアイコンでしか顔を見たことのない同僚と仕事するとか。まぁ昔USの開発とバグのやり取りしてた時はそんな感じではあったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

喫煙率

喫煙率2割割り込む…調査開始以来初めて

厚生労働省は31日、2010年の国民健康・栄養調査を発表した。それによると、所得区分をしない全体統計では、喫煙率が1986年の調査開始以来初めて2割を割り込み、19・5%となった。

もう5年以上徒歩通勤だけど朝から路上喫煙者に遭遇するほど気分の悪いものは無い。吸う御仁は勝手に吸えばよろしい。ただ他人様に迷惑は掛けないで欲しい。無理矢理人に酒飲ませたりするようなもんだ。
で、ずっと歩いててもさして喫煙者が減ったとは思えない。

考えれば喫煙をやめる事が出来るような良識的で自制心のある人間はそもそも路上でタバコなんか吸わないのかな。店先とか自販機の前で吸ってるのだって別に灰皿があるから他人の迷惑にならないわけではないんだけど。特に店先のは消して入店しろって事であって、あそこで吸えってことでは無いと思うんだけどな。

喫煙率って統計を国立がん研究センターが発表しているのが何をか語らんってとこだけど、これを見ると6年前に比べて10ポイントは下がってるんだなぁ。女性は大して変わらないみたいだけど。喫煙する女性はガッカリである。

喫煙率が高い上位5県は
 男性 青森県、秋田県、福島県、栃木県、富山県
 女性 北海道、青森県、大阪府、神奈川県、埼玉県

寒いと何かあるのか?富山の男性は上から5番目なのに女性は下から5番目なのも興味深い。後、大阪の女…

たばこで死亡、年12万9千人
まぁ死ぬなら勝手に死んでよね。

受動喫煙削減へ数値目標設定 「飲食店で被害」15%へ
喫煙、4割減を目標 厚労省案、がん対策の柱に
目標云々は随分前からやってる気がするので形にして見せて欲しいものです。イングランドやスコットランドのように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

こんたどーるどーぴんぐ

CAS sanction Contador with two year ban in clenbuterol case

2010年のTour de France のレース中にコンタドールの血液から禁止薬物が検出された件。本人は休息日に摂取した肉に含まれていたんだ、と主張していたけど、この度正式にCASから2年間の資格停止が発表された。CAS的にクロということ。コンタドールは30日以内に争う構えを見せなければこのまま確定となる。
ただ、資格停止は2010年8月5日からということらしく、2012年8月6日つまり今年の8月からは選手としてレースに出ることが出来る。代わりに2010年のTdF優勝を含む資格停止期間中の成績が全て剥奪されることになり、2010年TdFチャンピオンはアンディ=シュレクになるそうな。

これに対する選手のコメントはスペイン人を除いて僅かだ。twitter を見ていても積極的にコメントする選手はあまりいないし、インタビューを受けても「コンタドールが可哀相だ」「時間が経ちすぎている」といった要旨が目立つ。2011年のレース主催者側もたまったものじゃないだろう。UCI がOkだと言っている選手を走らせたら後から成績剥奪とかで面倒なことに。
繰り上がって優勝になる選手も複雑だ。そもそも投擲競技のように純粋に記録を競うものでは無く、相手があって駆け引きがあるのがロードレース。1位がいなくなったので2位のあなたが優勝です、という単純なものでは無い。
Andy Schleck reacts to Contador's doping ban
Scarponi responds to Contador verdict
Cancellara reacts to Contador's doping ban

スペイン選手は同じスペイン人として抗議する姿勢を見せている。
Spanish champions spring to Contador’s defence

そもそも、ちょうど1年ほど前、コンタドールに1年間の資格停止という話があった。
Contador to receive one-year ban: 戯言

その後インタビューの日程がズルズルと延期され、今回の発表も2週間ほど後ろ倒しになったという背景には何があるのか。レース主催者やスポンサーの利益と連盟との駆け引きがあるとしか思えない。
CASも決定的な証拠を元にクロと判断したわけでは無く、抗弁の中でどっちにした方が良いかな、じゃぁクロで、ということのように見える。

本当にシロかクロかが全く分からない事件だけど、グランツールを3つとも制した偉大な王者、間違いなく歴史に名を残す選手が資格停止処分になったというのは余りに重たい。サッカーで言えばメッシ、MLBだと該当する選手がいないんじゃ無いかと思うぐらいの選手だ。
裁定に時間がかかりすぎるし、その割に何だか中途半端な結論しか出ないのではスポーツとしての未来が思いやられるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

Top League 2011-12 最終節

日本ラグビー協会の意向で地方での試合が多く組まれるようになって都内在住のオイラは悲しい。今年の神戸製鋼の秩父宮での試合は僅か2試合。それも1つめは氷雨降る中の試合であったので行かなかった。
残すは最終節のサントリー戦。行かねばなるまい。

例によって11時に行ってバックスタンドに座る。太陽が随分と高くなった印象で伊藤忠商事のビルの上から日射しが注いでいた。その後も雲に隠れたり雲間に現れたり。日が射すと随分暖かく、隠れると風が冷たい。

サントリーは東芝相手に1敗したのみの1位。一方の神戸製鋼は5位だが、前日に4位NECが近鉄に敗れたため、ここで勝ち点4を取ると4位浮上=プレーオフ進出がかかる。

前半、アタックは力強いもののタックルが甘い神戸製鋼は、それでもサントリーのミスに助けられ、最後は素晴らしいジョシュ=ブラッキーのランもあって18ー17で折り返す。ブラッキーのトライの後は何故か濱島が正面からのコンバージョンでバーの下を通すという謎キックを見せた。これで1点差で負けたら悔やんでも悔やみ切れんな、と思いながらハーフタイム。

後半早々にPGとトライで逆転して突き放されるもスクラムとモールの強さで追いすがり再度逆転。このまま10分守ってくれれば、と思ったものの残り5分で逆転されそのままノーサイド。良い試合だったが、やはり神戸のディフェンスの拙さが出た。本来ならばもう2トライぐらいされていてもおかしくなかったかも。
若くて良い選手が入ってきているので来年はもう1つ2つ上に行けるかなぁ。これで神戸は近鉄にも抜かれて6位でシーズンを終えた。

2試合目は東芝vsパナソニック。2位と3位の対決ということで好勝負が期待されたが、パナソニックがミスを連発、東芝は地味にそつの無い攻撃で突き放し終わってみれば59-25という大差になった。CTBジャック=フーリーの流石の走りが見られたのは良かったけど、試合自体は正直面白くなかった。東芝って面白くない(断言)。堅実で正確なんだけど会場が沸くようなプレーが皆無なんだよな。途中から帰るお客さんも多発だった。パナソニックが負けてるだけでは無いと思う。
まぁ勝負の世界なので勝てばいいんだろ、というのは正しいけど、一方でトップリーグと銘打って観客動員を考えるのであればなぁ、という気がしなくも無い。

そんなわけでオイラの今シーズンは終了です。日本選手権を見に行くかどうかは神戸のがんばり次第かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

渡辺さん

昔、渡辺綱っつう人がいました。わたなべのつな。源氏の流れで平安時代の武士でございます。

源頼光の使いで夜に馬を走らせていたところ鬼女に絡まれて腕を1本切り落としたというお話が。そのため、渡辺家には鬼が寄り付かないので節分に豆を蒔く必要が無いんだそうで。

この鬼が酒呑童子の家来で茨木童子と言うらしく、大江山で酒呑童子が退治されたときも一人逃げ延びたそうです。その後が上記の一条戻り橋の対決。
出身が長岡の方だとか。今でも長岡には茨木さんが何軒かあって、そこではやはり豆を蒔かないそうな。同士討ち回避ってことでしょうか。ちなみに茨城童子は今の大阪茨木出身説もあるそうで。

全然関係ないけど年々露骨さを増す恵方巻きマーケティングの為に、ささやかな関西地方の風習を悪く言われる気がするのは何だか悲しいです。ってか既に風習の原型留めてない気がするぞ。ヒレカツ巻きとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

サクラサク

去年の夏までは暫くプータローのようなことをしてました。頼まれて仕事はしてたけど積極的にやる感じでは無く。自分で会社をやっていた時の蓄えが少しあったし、その時の疲れを癒やすのに随分かかったので。

3年前に友人と飯を食ってるときに「息子が学校の勉強がきついので家庭教師を付けようと思う」という話があり。当該の息子は10年ぐらい前に Napa でヨチヨチ歩きの時に会って以来知っているし、酔ってたし時間に余裕のある状況だったので「俺やっても良いよ」と。

落ちこぼれ小学4年生との長時間のコミュニケーションは手探りだったのだけど、最初は話し相手からやってるうちに取りあえず小学校の勉強には追いついて追い越したようで。5年の中頃からか中学受験なんて話が出て、本人も受けてみたいと。

まあ何でもそうだけど、低いレベルから普通に持って行くのは簡単だけど、そこから更に上げるのは難しい。正直最後の半年ぐらいはそれほどの底上げは出来なかったし、合否のボーダーギリギリぐらいかなぁ、ぐらいまでしか持って行けなかった。オイラも中学受験したけど、受ける学校も科目も時代も違うし。何より本人と第三者では随分違うもんだ。
100%出し切れば確実に通るけど、ケアレスミスが多い、そんな生徒。難しいかなぁ。

昨日、歩いて通勤する途中の駅前に学校名のボード持った先生が立ってるのを見て「あぁ、受験だなぁ」とボンヤリ思って仕事して帰ってきたら電話。落ちてたときにどうしようかね、なんて考えながら帰ってきたんだけど、案に相違して(?)合格したらしい。こっちがビックリした。

他人様の子供だし、という感覚でいたんだけど電話で本人から御礼を言われると急に嬉しいものです。と同時に妙にホッとした。まぁどんな仕事でも人に感謝される仕事をするのは良いものだ。

ということで Mission Accomplished. 合格したらたっぷり遊んでやると約束したから、そのミッションが残ってるか。

今年は身の回りで良いこと続きで怖いぐらいだ。どこまで続くか。


20100403日野春にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

地震予知

首都圏M7級地震、京大は「5年以内に28%」

東大は4年以内に70%って言ったけど、京大は5年以内に28%なんだそうで。

こういう記事が出ると別に何%だろうと、地震が起これば「ゴメン、来ちゃった(テヘ」ってことなので意味ないやん、という話をよく聞くわけだ。実際わしもそう思う。

70%だから備えが無くて良いわけも無く、28%だから備えをしなければいけないわけでも無く。備えはしましょう。まぁ備えたところでどーにもならんときはどーにもならんのが地震だ。当時は東京にいたけど、神戸の変わり様を知る身としてはそう思う。

結局、こういう確率の話って、マクロに日本全体を見たときの優先順位付けとか時系列の変化の中で見て(まぁ時系列で見たところで材料も評価方法も異なるから意味がないような気もするけど)評価するって為の材料だと思うんだけど。
首都圏単体で見て28だ70だ言ったところでねぇ。

ってとこまで考えるとそもそも、この記事が何でニュースになるのかがよく分からないな。この記事を Publish して何を伝えたいんだろうか?新聞社やTVは。

あと、11日に地震だの25日に地震だの予言した"教授"やら"地震予知の専門家"は都度出てきて懺悔すべきじゃねーの?言いっ放しで何も無ければほったらかしってのは流言飛語の種を放置してるようなもんですよ。
昔、中島らも(確か)が書いてた「じゃがいも食ったら死ぬ」ってのと同じじゃねーか。今、じゃがいも食ったらいつかは死ぬよ、って奴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »