« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

利き瓶

先日酒蔵の方に聞いた話。忘れないうちに書いておこう。

新酒鑑評会っつーのが年に1度あります。金賞受賞酒、とか書いてある奴を決めるコンテスト。各蔵が「うちの蔵はここまでの酒を造る技術を持ってます」というのを競うコンテストなので、一般流通用の酒とは作りが違う。

で、鑑評会出品用の酒は500mlの指定の瓶を利用する。指定のっていうのは、アール瓶と呼ばれるリターナブル瓶。リターナブル瓶ってのはその名の通り、回収して洗浄して再使用する瓶のこと。
ちょっと調べたんだけど、日本酒業界でもリターナブル瓶は導入しているものの、ジュースやビール瓶と違ってデポジットが無いらしい。ので、回収するモチベーションが酒屋に余りなくて上手く回ってないようだ。そういや昔はコーラの瓶を酒屋に持って行くと幾らか貰えたような。

このリターナブル瓶、ちゃんと洗浄してあるので基本的に問題ないんだけど、ごく稀に同じ酒を詰めても味が変わってしまうことがあるそうな。提出するのは精魂込めて造った酒を5リットルだけ、しかもその内鑑評に使われるのは2本だか4本だか(うろ覚え)なので、そこに運悪くダメな瓶が当たってしまうと目も当てられない。

そこで「ちゃんとした蔵」では「利き瓶」を行うところがあるそうな。
何をするかというと出品の1年前とかに30%〜40%の純粋なアルコール、もしくは普通酒などを入れておいて、使う前に「利きアルコール」をして変な匂いや味がついていないか確認する作業。40%のアルコールを利くのは大変らしい。そりゃそうだな。

ちなみに池袋で並べられる鑑評会出品酒は同じタンクから出しているものの、広島の鑑評会に出す物とは気合いが全く違うので、蔵によってはヒドイ状態のものを出してきてると。一般流通に乗るのも同じような状態。

ま、上述のように出品酒はコンテスト用の特殊な極限の酒なので、蔵の技術であって、一般流通用の酒がどうかというのと直接リンクはしないので注意。蔵によって得意分野は色々なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

相模国

全県特区構想:知事「独立国作る」 横浜市構想に対抗、PTが初会合 /神奈川
ギャグとか妄想としては面白いんだけど、本当にプロジェクトチーム作ってるところが痛い。

黒岩知事は「構想が実現すれば、例えば外国人の医師、看護師が働けて未承認薬も使える『出島』が県内に作れ、開かれた医療が実現できる」と強調した。

未承認薬使うってことは、神奈川スタンダードが作られるんだから審査機関も設置されるのよね。日本の医師免許だと診療や投薬出来ないから神奈川でだけ有効な医師免許を発行するのかしら。そんなの日本の医学部出てわざわざ取らないわな。県外に引っ越したら仕事できません、みたいな。
それで短期騎手免許みたいに外国人の医者と看護婦しかいない病院が出来るのかしらね。おっかねぇ。
とりあえず神奈川県民の税金は上がりそうだわ。

こういうコスト意識の無い人が政治を目指すからムダな時間が使われるんだよなぁ。「ぼくのかんがえたさいきょうのとどうふけん」みたいなのだけ思いついて実現可能性は二の次。先だっての小金井市の市長も「ゴミを燃やさず処理できる」と言って当選して「焼却処理費用は無駄遣い」とか言って辞任。結局任期は問題を悪化させただけだった。

市政、県政、国政、どの粒度で見ても耳障りの良い言葉で当選しちゃうんだもんな。誰も「マニフェスト」の裏を取らないし取れないから仕方ないのかなぁ。

でも最初に書いたように妄想だけなら可能なわけで、神奈川県が蜂起すると東京都が待ってましたとばかりに全力で潰しにいくっていうシナリオはありそうだ。全くもってレベルが違うよ。国力のレベルが。

緒戦は神奈川軍が多摩川まで押し上げられるかどうかだな。ま、上がってきたところで時間の問題だと思うので、川崎から横浜を接収してどこまで行こう。鎌倉って固定資産税は高いけど戦時にはあんまり要らないような。それより海軍力を考えるなら三浦を制圧して海路を確保するか。
小田原とか攻めにくそうなんだよな。まぁ伊勢原から相模湖とか要らないからその辺は残してあげても良いのかも。静岡だってバカじゃ無いだろうから神奈川と東京のどっちの相手をするかは自明でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

ローン

デアゴスティーニの創刊号が付録付き990円で安いと思ったら総額19万5840円かかったでござる
でーあごーすてぃーに♪なんて仕掛けは大体分かりそうなもんで、手を出す奴が不思議だなぁ、と思っていたんだけど、昨年辺り鉄道模型か何かに手を出していた知人がいたような。

・デアゴスティーニの雑誌を全号そろえたときの総額
『週刊 蒸気機関車D51を作る』 総額19万5840円
『週刊 赤毛のアンの家』 総額15万4750円
『週刊 和時計をつくる』 総額12万3460円
『週刊 トヨタ2000GT』 総額12万510円
『週刊 ガンダム パーフェクト・ファイル』 総額11万1210円
『隔週刊 バレエDVDコレクション』 総額10万3660円
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション』 総額8万9050円
『週刊 日本の100人 改訂版』 総額 7万510円

思ったより高いんだな。2000GTなんてトヨタ博物館で23cmっつーそこそこのサイズのモデルカーでも2万ぐらいだ。
トヨタ博物館[ミュージアムショップ]

おそらくカードのリボ払いとかで破産する人とかオンラインゲームに月数万突っ込む人の思考回路も変わらないんだろうな。

後、何やら投資とかのためにローン組むのもよく考えなきゃな。なんか銀行の与信通すのに必死になって「どこどこから幾ら借りられた!」って喜んでる人がいたりするんだけど、目的がいつのまにか融資受けることになってるような。本当に返せるのかね、ってとこはどこかに行っちゃうんだな。ギャンブル脳みたいに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

受動喫煙

オイラが前にメインで手伝っていた会社はガンガンに喫煙者が多かった。最初に行った時はオフィス内でも喫煙可能だったんじゃ無いかな。エレベータを降りるなりヤニ臭いんだけど、喫煙者多すぎて気づかないんだよね。あれ、社長さんにお世話になってなければ絶対に行きたくない職場だった。
その後、流石に喫煙ブースが別に出来たんだけど、結局そこから漏れる煙で、エレベータホールや受付のヤニ臭さは変わらない。

「僕が新卒だったら、この会社は面接受けた時点でヤメですね」と役員の人に言ったことがあるぐらい。まぁ、オフィス全面禁煙にしたら喫煙者の優秀な人を取り逃すリスクはありますけどね。あるよね、きっと。

今の職場は誰もタバコを吸わないので至って快適。一緒に会食に行っても快適。でも今日のランチは隣の席のオバチャンが座るなり2本立て続けに吸って、食後にまた1本吸って辟易。とはいえ、飲食店が喫煙可能にするかどうかはオーナー次第だからな。売上にも影響するんだろう。実際、上述の会社の営業さんはシアトル系の喫茶店には入ろうとしなかったし。
逆にオイラも安居酒屋やバーで客がタバコ吸うのに目くじらは立てない。今日のランチの店にはもう行かないかも。替えがきくから。

で、職場での受動喫煙対策の法案があったんですが
民主党:禁煙を努力規定に 葉タバコ農家を考慮
何を守ろうとしたのか良く分からないなぁ。だったら全ての物は今から制限出来ないよねぇ。原発だってそれで食ってる事業者がいるんだから考慮したら?

職場の受動喫煙防止「義務」緩め「努力規定」に 民主案

改正案には、客離れを懸念する飲食店やホテルなどのほか与野党の喫煙派議員から反対意見が出ていた。

もうここまで来ると意味が分からん。喫煙派議員が反対するからどうなのよ、っていうか結局自分のことしか考えてない訳ね。
まぁ18歳から喫煙してる総理大臣に何をか望まん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

花見最終便

TOKYO-3(旧称:箱根)に花見に行った。

というのは嘘で、連休は交通機関混むから遠出したくねぇな、だったら前倒しで久々の箱根でも行くか、と旅程考えてたら、箱根はこれからが桜の本番とか。
もちろん湯本の方はもう散っているみたいだけど、芦ノ湖の湖畔はまだ蕾なんだそうで。

ちなみに小田原、湯本の標高が低いことは分かっていて、早雲山の標高が高いことは分かるけど、大涌谷、仙石原、芦ノ湖あたりの標高の高低は良く分からない。

ってことで、週末丁度満開だったのは宮城野というところ。宮城と関係有るのか相撲部屋と関係有るのか謎。宮城野バス停で降りて何となく川の方に歩くとすぐです。

既に葉が出始めてたんですが、支流の川沿いは枝垂れとソメイヨシノで綺麗なものです。

で、メインは早川という芦ノ湖から流れ出る川沿いの堤なのですが、

もう結構散ってましたね。風が吹くと3Dで迫り来る桜の花びらが中々良い物でした。でも手袋してなかったから寒さを感じるぐらいの気温。

こちらも両岸に桜があって歩けるんだけど、支流の方が綺麗な気がしたな。道は狭いけど。

その他箱根で見かけた桜。全体に下向きに咲いていて開き切らない感じがしたんだけど種類が違うのかな。

青空をバックに撮れなかったので縮小するとハッキリしないのが残念。

連休は遠出する予定も無いので、今年はこれで花見は終わりでしょうかね。まぁ思いがけず遅い桜が見られてラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

肥満児

先週末かな、地下鉄に乗っておりましたら異常なまでにブーデーな小学生男児が2人、おそらく兄弟で乗ってきまして。小4と小2ぐらいかな?キャッキャいいながら兄貴の方のDS をのぞき込んでる訳です。日本人。

少なくとも都内ではたまに見かける程度で存在するわけですよ。で、いつも思うのがオイラが小学生の頃あそこまでアメリカンデブなガキはいなかったということ。そういうことを話すと、大抵帰ってくる答えが「親が食べさせすぎなんだよね」と。

でも、こないだは埼玉までの長旅?だったので、はるばる王子まで地下鉄に乗る必要があって、暇なので兄弟を眺めながら考えていたわけです。うちの親は食べさせなかったのだろうか?
うち、別に裕福じゃなかったけど、食事が終わっても空腹だと思ったことは無いと思う。成長期とか運動部に所属してたときはそれなりに食べる量増えたけど。結果として標準体型のまま40年近く過ぎてるし。
「親が食べさせすぎ」っていうのは、子供は満腹なのに食べさせてるってことかしら?フォアグラのガチョウみたいに喉開けさせて胃袋に強制 Feed って感じ?なんかそれも考えにくいなぁ、と思うと、あの子達は「満腹なのに必要以上に自主的に食ってる」ってことになるんだな。

そういえばガキの頃はお菓子が少ないとは思わなかったけど、あればもっと食べたいと思ってた。親からの配給に愚弟と差が無いかと目をぎらつかせてチェックしてたものだ。別に空腹だったわけではないけど。かの兄弟はヘンゼルとグレーテルばりに家で無制限でお菓子が食べられるのかしら?でも、制限されるから食べたいと思うような気も。謎だ。

そもそも空腹感ってのは生命維持のための本能的なセンサーだけど、満腹感ってのは後天的に calibrate されるもののかしら?で、あの兄弟の親は設定に失敗してるのかも。

そうなると必要以上に食べ続けているのに、ある一定のところで体型(体重)が維持されているというのも不思議な気が。これはメタボな大人も同じだけど。デブとはいえ一定以上は増え続けることはしないわけで。ブーデーになると代謝が増えるから摂取とバランスするのか? それともブーデーは排泄量も多いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

優劣

「劣性遺伝」なくなる? 偏見解消へ学会が用語改訂

所謂「メンデルの法則」の優性・劣性を変更しようと。
何を下らない、と言いそうなところだけど、オイラもこれで混乱した記憶があって。

確か大元のメンデルの実験だと、背の高いエンドウは背の低いのより優性で、皺のあるものは皺の無い物より劣性で、なんか形状の優れたのが優性みたいな関連性があるように見えるのよな。
実際は害をなす性質が優性だったりするわけでその辺がな。

まぁでも強弱というか出やすい、出にくいの差は明らかに有るわけだからどういう用語つかっても同じような事になりそうな気がするけど。差別だなんだで、謎な事になって更に混乱させるのは、単純に学生が学問から離れるだけだから止めて欲しいなぁ。外資系のソフトの謎なマニュアルみたいに、実は簡単に解決できるのに日本語が変なおかげで使い方が分からないみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

都税の使い途

個人的には少なくない都税を払ってると思うんだけどね。

「東京都が尖閣諸島を買う」石原知事、米シンポで表明

東京都が買うそうで。何に驚いたって個人所有を国が借りてたってことだね。固定資産税とかも払ってたんだろうなぁ。凄いねぇ。沖縄の軍用地とか福岡空港みたいなもんか。

地権者、石原知事と「男と男の約束だ」

男性は民主党政権について「外交センスがない人に(尖閣諸島を)任せることは不安」との考えを持っており、昨年暮れに石原知事と「男と男の約束だ」と合意の方向性がまとまったという。

オーナーが物件を誰にどういう理由で売ろうが自由なんですが、民主党政権が不安だから東京都に売るってのは何だか怖い話で。
ってのが、前回も石原都知事は引退表明をしてたわけで、次の選挙には出馬しないでしょうよ。東京都=石原慎太郎ではないわけです。男と男の約束、つーても次の都知事は女性かもしれんよ。

例えば次期都知事に鳩山都知事(仮称)とか言う人がなって、友愛を掲げて中国に尖閣諸島を貢ぎ物として差し出す可能性はあるわけで。そうなったら、このオーナーの思いってのは反故になるのではないかと。

石原さんぐらいなら個人で15億ぐらい出せそうだけど。つーか、売り主も石原さん信じるんなら言い値で売るぐらいすればいいのにね、と場外から思ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

同着ワイド

皐月賞の後の最終レースは長引いた。ゴール後に審議。その後も写真判定で何分も待たされ。
馬場開放を待っていたから別に待つのは問題なかったんだけど。

最終はハンデ戦。ハンデキャッパー(ハンデを決める人)が最高に良い仕事をすれば、全ての馬が目刺しのように一列に並んでゴールするはずである。実際はコーナーリングや騎手の仕掛けどころ、当日の体調などで有り得ないけど。

刀折れ矢尽きた状態で最終レースを迎えたオイラ、こんなに当たらないのも久しぶりだし軍資金も寂しい。目をつぶってハンデだけを見て54kgと55kgの3頭ボックス。良い感じに万馬券が多い。もう少し点数がほしいので、そこから53kg4頭へのワイドのフォーメーション。これも良い配当だ。全て100円ずつの緊縮財政。

結果が冒頭に書いたように審議の末の写真。確か勝った馬のハンデは56kgだったと思う…

まぁ写真判定になるぐらいの勝負だったし、どれか1頭降格すれば当たりの可能性があったんだけど、審議で降着は無し。写真はどうかいなぁ、と思ったら待たされた挙げ句の同着。3着が同着で10と12だった。

ワイドは選んだ2頭が1〜3着に入っていれば当たりなので、これは当たったと思って確定画面を見たんだけど10-12が無い。念のため払い戻しを受けても「この投票券は的中していません」とマシンに突き返された。

うーん。どうやら1着-2着、1着-3着A、1着-3着B、2着-3着A、2着-3着Bの5通りが的中で3着-3着はダメみたいだ。1着や2着が同着なら2着までの3頭で通常通りなんだろうな。

何か納得いかんけど、JRAのサイトにも書いてあった。
ワイド

正式名称は、拡大馬番号二連勝複式勝馬投票法。3着までに入る2頭の組合せを馬番号で的中させる投票法。ただし、3着同着の場合、3着・3着の組合せは不的中となる。JRAでは、平成11年より発売を開始。

そうですか…むーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

本馬場入場

仕事で秋ぐらいからだったか、福島に行っていた友人Oが帰ってきた。しばらくは家族サービスで忙しかろうと思っていたら、15日の週末は奥方が実家に帰るとかで暇だとか。
久々に競馬行くか、皐月賞やし、ということで中山へ。

服装に迷ったが、日が当たると暑く、風が吹くと肌寒かったりする気候。

無事に皐月賞も終わった(結果は聞くな)。

で、Oがパドック見に行ったときだかに「今日、馬場開放とか書いてあったんやけど」と。かつて宝塚記念の後に阪神競馬場の馬場に入れたとかいう話を聞いて随分羨ましく思ったので、機会があれば入ってみたい。
皐月賞の後でエスカレータの交通整理してるスタッフのオッチャンに聞いたら「馬場開放?あるんですかね?」と曖昧な答。イベントコーナーのスタッフに聞いたら「一応16:50から予定しています」というので、どこから入れるのかと聞いたら「あっちの方だと思います」とゴール板の方を差す。あっちって。何だかな。

ま、とりあえず最終までやって(結果は聞くな)、メインスタンドのゴール板の方へ行ったら「こちらは出口です」と。入口は4コーナー側らしい、ということで歩いて行ったら長蛇の列。300人とか500人とか並んでるんじゃ無いかしら。もう、いい加減な案内しやがって、と思ったけど、別にデゼニーのアトラクションでは無いので人が入り出すと早い。

ちなみにレース後は何かを象徴するかのように冷たい風が吹いて寒かった。

本馬場に入るとむっと青臭い芝の匂いがする。こんな青臭いところ走ってるんだ。

開放されたのは直線のゴール前200mぐらいだけ。開放されていない4コーナーを見下ろす。結構下ってるなぁ。あと、芝は案外ボコボコしているのが写真の手前側で分かる。まぁ中山8日目だからな。

で、気になる直線の内外。


内ラチ沿い


馬場の中央から外

色味が違うのはiPhoneなので許して欲しい。やはり内の方が土が丸ごと見えているところが多い。これだと穴ぼこに嵌まってしまう感じにもなるかもしれないなぁ。そうでなくても案外均一で無くて走ると前後左右に傾いているような凸凹だったのは意外だった。
ちなみに土曜はしっかり雨が降ったので、この日の芝は重→稍重だった。触ってみると先は乾いているが根本はしっかり湿っている感じ。地面は柔らかかった。

最後はゴール板の前の出口から退出してオケラ道を帰った。いや、良い経験だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

三元豚

仕事のランチにアサインされ。予約を取るときに魚か肉か決めなければいけないので選んで下さい、と。

魚は種類が書いてないけどその日の仕入れで決めるんだろう。豚のところは「三元豚のホニャララ」と書いてある。こういう時はいっつも魚だしな、たまには肉にしてみるかなと「じゃ、オイラは豚で」と伝えたら「畜産出身なので一応お教えしますと、日本のスーパーとかで売ってる豚は99%三元豚ですよ。私が学生の時だから今は少し違うのあるかもしれないけど、三元豚って要は普通の豚ってことです」だそうです。

普通に美味しいピンクの豚ちゃんの事を「三元豚」というそうな。「豚の…」と書かずに「三元豚の…」って書かれると知りもせずに期待してしまうのが人情。汚ねぇやり方だ。何も知らずに「いやー、こないだ食べた何だっけ、三元豚って言ったっけ?あの豚美味しかったよねぇ」とかいうと恥さらしだな。

ゼロ食品氾濫が映す、食品表示の後進国ニッポン
こんなの思い出した。

ふた部分に「コレステロール0(ゼロ)」という文言を追加。昨年6月からライトタイプの商品で試験的に実施したところ、売り上げが10%アップしたのを受け主力品での表示に踏み切った。「中身は同じなのに売り上げが伸びるのは異例。ゼロ表示の効果は非常に大きい」と池田邦雄取締役は驚く。
   実は同社のドレッシングには従来からコレステロールが含まれていない。

商品ラベルには「カロリーゼロ、糖類ゼロ」に加え「保存料ゼロ」と表示。しかし、食品添加物協会では「近年の炭酸飲料の製造設備では微生物が繁殖しにくいため、保存料は使用されないのが通常」と指摘。

アサヒ飲料はホームページ上でミネラルウォーター商品にも「カフェインゼロ・カロリーゼロ・糖質ゼロ」と表記するなど、ゼロ表示を多用している。

まぁ、これで売上が上がるわけだからねぇ。めでたいですよ。
栄養ドリンクとかもカロリーハーフとかオフとか書いてあるもんな。疲れたときぐらいカロリー摂取した方が良かろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

駆け込み見積もり

金曜に連絡もらって問い合わせがあったんだけど技術関連らしいんで同席お願いしますっていうから火曜なら良いよって言ったら「いや、月曜に見積もり持ってきてくれっていきなり言われて流石にいきなり見積もりは無理ですって言ったら月曜に来てくれって言われまして」っていうけどそんな無茶な話はないからどうしてもって言うならオフィスに来てもらうようにしてくれっていうので交渉したら行くのはヤダっていうからじゃあ火曜に訪問ねっていうことになって大体急に連絡してきてそれも初めての会社で急ぎで見積もりくれっていうのでろくな事になったことが無いけど会社として問い合わせ受けたら対応せざるを得ないのは分かるのでどうせムダだろうなぁと思いつつも火曜日行ったら開発会社で自社サービスをリリースしたのを改修したいとか言う話なので開発会社の自社サービスの改修を外出しって何か変だなと思って探ってみたら開発者を別案件に取られたとか言うんだけどそもそも社内に技術者いるのかどうかも怪しい感じで担当者はやたらと海外居住経験を引き合いに海外向けにうんたらみたいな話をするんだけど結局サービスの改修は後回しでサイトの直しを依頼されたのでオイラは無駄骨でまぁ悪い人達じゃ無さそうだけどプロジェクト管理遂行能力の低さは間違いないなぁこんな会社に発注したら大変なんじゃないかしらなんてボーッと考えながら営業の横に座ってたんだけど何に一番ビックリしたかって部屋に通されたときにギャルっぽいオネーチャンがペットボトルのお茶を持ってきてくれてコップも何もくれなくってこれは口付けてラッパ飲みしろってことだとしか考えられなくてワイルドだぜぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

夜桜中継

昔はニュースステーションで夜桜中継ってあったよね。

ここのところ細かい仕事がギッシリで忙しく。余りに忙しいので放棄して地下鉄に乗って散歩しに行った。

日比谷公園や芝公園なんて公園と名の付くところはデカイシート広げて占拠する花見軍団が騒いでて大変だわね。特に芝公園は酒に呑まれた人が多くてちょっと酷かった。
後は小さな公園の1本だけの桜の下のカポーとか、サラリーマン3人で缶ビール飲んでるのとか、そういうのは好感が持てる。

しかし皆さん桜が好きだな。東京の人は特に好きなんじゃないかしら。ガキの頃にわざわざ花見にいった覚えが無い。けど、日常的に休みの日は結構な頻度で山に登ってたから勝手に花見してたのかもな。

ま、オイラも花見は好きですよ。


東京タワー


もういっちょ


愛宕神社の男坂

今年は遠出はせずに終わりそうだ。というか近県の桜はほぼ行き尽くした感がある。弘前公園、いつか行きたいと思いつつ人混み嫌いだから矛盾するんだよなぁ。

後、今年都内をうろついての結論としては、家の近所の桜が十分きれいで静かで空いてるってことだ。来年の花見は近所にしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

DQNカップル

Facebook、Instagramを10億ドルで買収

前もここに書いたかどうか。Facebook って何か好きになれないのよな。一度、最初の頃に作って放置して、去年NZでお世話になった人が「メールだとレスポンス遅くなるから FBでメッセージくれ」とかいうのでアカウント作り直してメッセージ送って放置。こないだ某エバンジェリストと飲んだときの写真が欲しくてお友達申請したら、ワラワラと昔の同期とかから申請来たので一応答えたけど放置。

異人さん中心にFB好きなのが何とも良く分からない。逆に自分が好きじゃ無いのも良く分からないんだけど、トイレでじっと考えてみたところ「統合されすぎ」なのが気持ち悪いのかなぁ、という結論。
オイラはメールアカウントとか各種SNSとかを自分の中の基準で使い分けてるのです。Facebook は原則実名ってのもあるし他人がオイラの情報書き込んで知れ渡っちゃうリスクをコントロール出来ない気がするので、オイラの中の基準に照らし合わせて置き場所が無いんだと思う。
後もう一つ挙げるとしたら、FB全体に漂う「格好付け感」が好きになれない(特に日本人)のかもな。貧乏育ちの僻み人間ですから。

Instagram も最初出てきた時にちょっとだけ見て使うことは無く。SNSっていうよりも、あのフィルタが好きになれなかった(最初からSNSだっけ?どうだっけ?)。トイカメラとかで上手に撮す人は面白いなぁと思うのよね。でも自分で撮る気はしないのよ。何て言うか、バーバリーのデザインは好きだけど自分で着て似合うとは思ってません、みたいな。
愚直ですからパンケーキでどれだけ納得いく写真撮れるかってのがここ数年の課題。あの手のフィルタが好きくない。別にフィルタかけんでええやん、という話もあるだろうけど、とっかかりがそこで引っかかったんだよねぇ。

そんなオイラからすると、冒頭のニュースは「一生関わりなさそうな男と、付き合ってくれと頼まれても願い下げの女が付き合うことになりました」っていうDQNカップル成立を見るようなどうでもよさ。このIT系の世界にあってここまで何の盛り上がり感も感じないのは珍しい。

どうでもいいけど、DQNカップルって曲がり角とか店から出てきたときとか、自分たちが曲がる方向の逆を確認しないよね。なんでしょうあの共通点。バッファの問題か処理能力の問題か、はたまた進む方向しか見ないという生き様なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

酒類総合研究所

週末、王子へ。

以前にも花見に来たことがあるけれども、駅を出て滝野川沿いを歩くと相変わらず見事な桜。

が、今回の目的は桜ではない。喧噪の滝野川から上がり少し歩くと赤煉瓦の建物が見える。

酒類総合研究所。奥の建物は明治36年に建てられたもので、妻木頼黄っつう酔狂な1000石取りの旗本の息子で家財売り払ってアメリカ放浪したりした人が後に海外で建築を学んで建てたものだそうで。他にも横浜赤レンガ倉庫とか色々作ったらしい。

醸造の研究の為に作られた国の機関だけれども、色んな施設が東京に集中してるのはいけん、ということで平成に入る前ぐらいに本拠地は東広島に移されて今は出張所的な感じ。今では独立行政法人だそうです。
何か、2日間だけ内部を一般公開します、ということで行ってきました。

内側はなるほどガッチリと組まれた古い煉瓦が印象的で、麹室は白い釉薬で焼いた白い煉瓦が使われていたのが印象的でした、が全く写真撮ってこなかった…

後は、酒造りの基本みたいなのの展示と、職員が丁寧に説明してくれるので、酒蔵見学とか行ったこと無い人には良さそう。

他にも研究用に作った兵庫産山田錦40%の純米大吟醸の利き酒が出来たり(これが癖が無くて美味かった)、

酒類別の税金の割合の展示などがございました。ただこれ単なる割合なので単価考えないとな。それにしてもビールの酒税は高い。

後、パッチテストのコーナーがあって、何のこっちゃ無い、絆創膏にアルコールを湿したものを腕の内側に貼るだけなんだけど、前から興味があったのでやってみました。
7分置いてはがした時点で赤い人はかなり弱い、はがしてから10分後に再確認して赤くなってる人は飲めるけど強くない、ということで、10分たってから見たら何処に貼ってたか分かりませんでした(涙)。

少し飛鳥山公園まで足を伸ばしたら、野生に戻って熊笹の中をのたうち回ってるオッチャンとか、ゴミ捨て場でゴミを投げ合いながら喧嘩してるオッチャンとか、そのオッチャンを制止している警官とか、更に横からオッチャンと警官の間に入ろうとする訳の分からん別のオッチャンとか、さすが北区のクオリティは高いなーと思いました、まる。

日暮里界隈で花見してる飲み仲間に合流しようかと思ってたんだけど、余りに寒いのでそのまま帰ってしまいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

早朝花見

昨日、帰りに青山墓地に寄ってみたら満月(実際は月齢13.5だったらしい)の下で見事な桜だった。西行法師も大喜びである。

今朝起きたら曇天。天気が良ければカメラ持って出かけようかと思っていたのに残念である。トイレ掃除とかして、ふと外を見たら日が射している。とはいえ、もう徒歩通勤で寄り道するには時間がなぁ。
ということでカメラバッグをタスキに掛けてバス通勤。降りて青山墓地へ。

外周から見るとまだそんなに咲いていない気がしたんだけど、真ん中の道路沿いは七分〜八分ぐらいかしら。こりゃ来週末までは持たないだろう。

都会のど真ん中にこれだけの植物と墓場があって、遠くに六本木ヒルズとミッドタウンが見える、実に不思議な場所。

外人墓地周りは結構好き。神戸人だからかしら。良く昔、親に連れられて山歩きのついでに外人墓地を通ったものだ。

ただ、真ん中の交差点辺りには全く蕾がひらいていない木もあってバラバラと長く楽しめるのかしら。どうかしら。
いずれにせよ勝負は今週末ですわね。来週半ばには雨降るかもって言ってるし。

のんびり写真撮りながらフラフラしてたら、あっという間に40分ほど経ってて遅刻しそうになったのでした。もう少し雲が取れて欲しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

乾パン

去年のあの日、帰宅難民と化した愚弟が一宿一飯の義理に、と置いて行ったもの。

乾パンである。

さすがカタギの会社はちゃんとしたもの配られるのぉ、と思ったんだけど、幸いなことにあれから食べる機会は無く。

ふと見ると

こんなものに賞味期限があるのか。それも2012年3月である。案外短いのね。ってことは大企業ではかなりの量を定期的に更新してるのかしら。更新って変か。どうしてるんだろう?

で、この乾パンを美味しく頂く方法はないんでしょうか。とりあえず消費しなきゃならん。
ガキの頃にもっと小ぶりの乾パンをオヤツ?に食べた記憶はあるけど、さほど美味い記憶も無いし。ビスコの方が美味い。
砕いてチーズケーキの底にするとかあるのかしら。

今、料理の鉄人があったら「今日の食材は・・・乾パン!」とかやって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

Tatoo

先週辺りかな、小森純がタトゥーが世間的に批判されるのが嫌だと言ったとかで話題になっていたけど、そのちょっと前に入れ墨話をしていた。

話してたのは同年代の女性で入れ墨は入れていないけど、若い頃ならちょっとした拍子でやってたかもねー、別にそんなに悪くないじゃん、みたいな感じ。でも話してる内に、例えば入った店の店員とか、仕事先の担当者とかが入れ墨入れてたらちょっとどうかな、という話にもなって、入れる側と見る側でダブルスタンダードというか、「入れるのは平気だけど、相手がしてるとちょっと引く」みたいな不思議な感覚を持ってるんだと思った。

そもそも批判されるのが嫌なら何も出来ないような。であれば安パイを切り続ければ良いのだ。大多数と同じ事をしていれば安心。敢えて入れ墨を入れることに価値を見いだしたんだから、それをどうこう言われても泰然自若としていればいいのに。
オイラ日常的にサングラスするけど(曇りや雨の日はしないよ)、それは目が弱いからであってファッションではない。でも、人から見ればファッションに見えるかもしれないし、格好付けに見られるかもしれない。そう見られることと眩しいことを両天秤にかけて眩しくない方を選んだまで。仕方ない。

小森純は自分を励ますためとかいうオイラにはちょっと理解出来ない理由で入れ墨入れたそうだが、だとしても周りの人の視線と、自分の激励を比べて激励を取ったんだ、と胸張ってればいいのに、変に擦り寄ろうとするから変な感じになるんだと思う。

外見っていうのは、その人となりを判断する最初の手がかりだよね。「おしゃれな人だな」「服装に気を遣わない人だな」「タバコ吸うんだな」「金髪にするんだな」等々。オイラはあれだよ、入れ墨してる人みたら「想像力の無い人だな」と思うね。もしくは「将来入れ墨がメジャーになるという想像力豊かな人」かな。どちらにせよ自分とは違う人種だ。

前者は入れ墨入れた自分がどう思われるのか、年取ったときどうなのかってことの想像力。タバコ吸う人とかと同じだ。
後者は、自分が高校ぐらいのときはヒゲのサラリーマンとか髪の毛染めた社会人とか一部ファッション業界を除けばカタギには居なかったわけで、世の中変わるかもよってことだ。ポロシャツの裾出すのもだらしなかった時代があるわけだから、どうなるかは分からんよね。

ま、それでも毎日ヒゲ剃って、髪の毛も染めないオイラは入れ墨入れることはないでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

Tokyo Sevens 2012

4月1日、エイプリルフールには秩父宮ラグビー場にいた。

ワラビー、修道士、セーラー服、新撰組、シマウマ、全身タイツ、キティちゃん、力士など謎な仮装が横行し、サモア人とケニヤ人とフィジー人が歌い踊り、ラ・マルセイエーズやスイング・ロー・スウィート・チャリオットの歌声が響くカオスな空間だった。


仮装同士で記念撮影する異人の方々

7人制ラグビー、HSBC Sevens World Series が今年初めて東京に上陸したのである。本当は昨年にも世界レベルの大会が企画されていたが直前の震災で無くなった。土曜日が予選、日曜日が決勝ラウンドであったが、土曜は凄まじい風でパスすら曲がるという大変な状況だったようだ。

日曜は9時から試合開始。そんな朝からは行けないので11時ぐらいに現地着。少し階段を上がればバックスタンド真ん中に座れるぐらいの混み具合だった。午後になると随分混んで売店にも長蛇の列が出来ていたけど。

観客は半分以上、と言っては言い過ぎかもしれないけど外国人が目に付いた。日本在住の人も多そうだけど、珍しそうにビールの売り子のオネーチャンを撮影する人とか嬉しそうにプラスチックの日本刀を持ってる人なんかもいて、わざわざこれを目当てに来ている人も居るのだろう。オイラ、ケニヤ人を初めて見たけども、日本語がメチャクチャ上手かった。大使館か何かの人なのかな?その割にはノリが良すぎたけど。
まぁ何せ去年のオークランド空港みたいに色んな国のサポータが集まっていてお祭りでした。後前に座ってた4人組のオージーかな、アメリカ人かな、交代で売店行ってやたらポテトやホットドッグやら買ってきてて、でも缶チューハイを大量に持ち込んでて、ビールじゃ無くてチューハイが余程気に入ったのかしら?

7人制ラグビーは15人制と全く同じピッチで1チーム7人で行う。当然、メチャクチャ機動力が必要なのでハーフは7分。ハーフタイムを入れても20分もあれば1試合が終わる。これを計何試合見たかなぁ、15人制と違って運の要素も強く、ダイナミックかつスピード感に溢れていて面白かった。

真面目に見ると

  • ディフェンスの一人当たりのカバーゾーンが圧倒的に広いので飛び出すディフェンスは危険。ドリフトして追い込みながらがセオリーのようだ。
  • 15人制と違って陣地を取るのは余り重要では無い。ディフェンスラインを破りさえすれば端から端まで行ってトライというのもままあるので。
  • キックは余り使われない。上述の理由で陣地を取るよりカウンターが怖い。逆にカウンターの時はキックして敵を背走させるのは有効な場合も。
  • アタックの基本はステップ・スワーブとアングルチェンジ。ラックは多くて4人までしか参加しない。じゃないとアタックの人員が確保できない。
  • 1対1の局面が多いので、如何にタックルのポイントをずらすかが重要。ものすごい加速力を見せる選手が何人も居た。

凄く細かい歩幅で摺り足のように走るのにメチャクチャ早かったスコットランドの11番、バランス感覚がおかしいような謎ステップを踏む南アのデュプレアという選手、圧倒的に早いAUSのウォーカー、アンクルタックルをくらっても2歩目でカバーする足の長いケニヤの選手など驚異的なスピードスターが多かった。
日本は18歳にして代表に選ばれた藤田(東福岡→早稲田大)が注目を浴びていたが不発。挙げ句にケニヤ戦では同点の局面で遅延行為のシンビンを取られ、チームの負けを招いてしまった。7人制で1人退場は大きい。それも7分ハーフの内の2分間である。日本は2日で1勝も出来なかったそうな。まぁレベルが違うね。

カップ優勝はオーストラリア。準決勝でイングランドを寄せ付けずに圧倒して決勝へ。相手はニュージーランドを下して上がってきたサモア。Kiwiの応援も多かったのだけど、サモアにやられて沈黙。一方のサモアサポーターはメインスタンドに陣取って試合中はずっと独特のリズムで踊りながら大きなかけ声をかけていた。何だかいいなぁ、と思いながらサモアを応援していたのだけど、最終的には脚に来てたかなぁ。

終わったのは17時前。天気も良く、異人さんのバカ騒ぎがお祭りのようで楽しかったですよ。もちろん試合もね。
Official HSBC Sevens World Series(ハイライト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

柔道の精神

「大外刈り」禁止 中学柔道指針 試合は座った状態で 静岡

県教委の指針は頭部外傷などの事故が予想される大外刈りは行わない▽投げ技を使う試合は行わない▽体格や技能の異なる生徒同士を組ませない-などとなっている。投げ技を使わなければ、試合は座った状態で行うのみとなり、立った状態での試合はできないことになる。

下手なエイプリルフール記事かと思ったら週末の記事だった。

まぁ確かに柔道での死亡事故は起きてるわけで、だったら止めればいいのに何で改変してまで続けるんだろう?

なんちゃって柔道初段から言わせてもらうと、投げ技禁止って言うから、背負い投げとか体落としがダメなのかと思ったら刈り技もダメなのね。座った状態でのみってことは足払いもダメなのか。要は立った状態から受け身を取るような技がダメと。
まぁ足払いだけの立ち技ってのもショボいキックボクシングみたいでシュールだけど。ひたすら相手の脚を見て蹴り続けるの。

県教委では「中学校では柔道の試合を全く行わないこともあり得る。礼に始まり礼に終わる柔道の精神は十分に学ぶことができる」と強調した。

十分学べるんなら道徳の教科書でも読んで置いた方が良いような。

別に柔道の授業が無くなるのを悲しむ気もしないけどね。というより、ついこないだも「夏休みの宿題」「読書感想文」について教育的観点から何の意味があったのか良く分からないよね、という話をしていたところ。柔道だってタダの体育の授業で replace 出来ない何かがあるとは思えないんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »