« 優劣 | トップページ | 花見最終便 »

2012年4月20日 (金)

肥満児

先週末かな、地下鉄に乗っておりましたら異常なまでにブーデーな小学生男児が2人、おそらく兄弟で乗ってきまして。小4と小2ぐらいかな?キャッキャいいながら兄貴の方のDS をのぞき込んでる訳です。日本人。

少なくとも都内ではたまに見かける程度で存在するわけですよ。で、いつも思うのがオイラが小学生の頃あそこまでアメリカンデブなガキはいなかったということ。そういうことを話すと、大抵帰ってくる答えが「親が食べさせすぎなんだよね」と。

でも、こないだは埼玉までの長旅?だったので、はるばる王子まで地下鉄に乗る必要があって、暇なので兄弟を眺めながら考えていたわけです。うちの親は食べさせなかったのだろうか?
うち、別に裕福じゃなかったけど、食事が終わっても空腹だと思ったことは無いと思う。成長期とか運動部に所属してたときはそれなりに食べる量増えたけど。結果として標準体型のまま40年近く過ぎてるし。
「親が食べさせすぎ」っていうのは、子供は満腹なのに食べさせてるってことかしら?フォアグラのガチョウみたいに喉開けさせて胃袋に強制 Feed って感じ?なんかそれも考えにくいなぁ、と思うと、あの子達は「満腹なのに必要以上に自主的に食ってる」ってことになるんだな。

そういえばガキの頃はお菓子が少ないとは思わなかったけど、あればもっと食べたいと思ってた。親からの配給に愚弟と差が無いかと目をぎらつかせてチェックしてたものだ。別に空腹だったわけではないけど。かの兄弟はヘンゼルとグレーテルばりに家で無制限でお菓子が食べられるのかしら?でも、制限されるから食べたいと思うような気も。謎だ。

そもそも空腹感ってのは生命維持のための本能的なセンサーだけど、満腹感ってのは後天的に calibrate されるもののかしら?で、あの兄弟の親は設定に失敗してるのかも。

そうなると必要以上に食べ続けているのに、ある一定のところで体型(体重)が維持されているというのも不思議な気が。これはメタボな大人も同じだけど。デブとはいえ一定以上は増え続けることはしないわけで。ブーデーになると代謝が増えるから摂取とバランスするのか? それともブーデーは排泄量も多いのか。

|

« 優劣 | トップページ | 花見最終便 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749799

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満児:

« 優劣 | トップページ | 花見最終便 »