« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

サポート

家のHDRに不具合があり。不具合っても故障とかじゃなくて、録画用の番組表のことなんだけど。
マニュアルを調べて、サポート用のサイトを見て、色々設定とか見直してみて、チャンネル再スキャンもやってみて、わがんね。

仕方が無いから翌日の朝を待ってコールセンタにお電話。
オネーサンに症状を話すと「しばらくお待ちください」と保留で5分ほど待たされて「XXを試して頂けますか?」と。「今、外にいるんですよ」と言うと丁寧にメニューの出し方を順を追って教えて下さった。礼を行って切り、帰宅して試してみたらなるほど仰るとおり。解決。

そもそもデフォルトでそういう設定だったのか、オイラが何かの弾みで設定したのか分からないけど、何だかへんてこな設定になっていたのが原因だった。

それにしても、買って5年ほどになる製品のサポート、それもボタン押したらスタートみたいな単純な家電では無いわけで、メニューからの分岐、画面遷移だけでも気の遠くなりそうな製品をサポートするって大変ですなぁ。裏を返せば、あの商品の代金にはコールセンタの維持費も織り込まれてるってことなのか。

もしかして日本の電化製品の価格競争力が無いのは、ムダな高機能ももちろんだけど、手厚すぎるサポートもあるんじゃないかと。っつーか、今回の件もWebで探せるようになってたら電話しなかった訳で。
そう考えれば、昔某PCメーカの日本のサイトには無い情報がUSやUKの同じ会社のサイトにはあって、不思議な思いをした事を思い出した。「電話サポートはしません。Webに情報があるから探して下さい。その代わり安いです」ってぐらいじゃないと競争力無くなっていくのかな?
個人的にはそっちでお願いしたいんだけど。わざわざ翌日の朝の受付時間まで待たなきゃいけないのはヤダ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

精度

何やらガンマ線センサ付きの携帯が発売されたそうだけど。

写真見ると数値が出てるようで、これ精度どれだけ出るんでしょ。というか数値が出たところできちんと理解出来るのか、そもそも測定ってそんな生やさしい物じゃないんだけどなぁ。
物理やった人なら分かると思うんだけど、少ない物を正確に量るってすんごい大変な事だよねぇ。

多寡を知るだけなら携帯の電波みたいに Lv.1~5とかで良かったんじゃないのかな、と思うんだけど。ってか某キャリアは回線速度を数値化して表示すればいいと思うよ。

学生時代の物理実験で、課題が終わったら教授の所に行って結果報告をするんだよね。あれ学部1年だったか2年だったか。オイラの前に並んでたH だったか、その相棒だったかが突然教授に「君、誤差とは何かね?」と禅問答のような問いかけをされて、アタフタしていたのを覚えてる。
この問いは中々深くてきちんと答えられる人って中々居ないと思うのだよな。まぁ、測定ってのはそういう事を全て分かってやるべきことです。

まぁでもこの端末はある種のラベリングになるわけで、オイラに取ってはタバコと同様、飲み会とかで素敵なオネーサンと出会ってもこの携帯持ってたら勘弁な、って感じに使えて有用かもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

Tour of Japan 2012

日曜日、府中に行かずにどこに行ったかと言うと、芝浦の方へ散歩。

山手線を渡って埋め立て地側へいった辺りでSHIMANOのバントラ。大井埠頭での補給資材かしら。

何となくコーナーの内側に陣取り10分ほど待つとお巡りさんが慌ただしく動き出して、パトカー ktkr
交通整理開始。

良く、Tour や Giro ではキャラバンがグッズ配りながら走って大分経ってからレースの軍団が来る、なんて話を聞くんだけど、日本の自転車レースの認知度、道交法の面倒くささからそうは行かないんだろう。寸前の交通整理。

ほどなくして Mavic car、わー、ヨーロッパのレースで見るのと同じだよ。その後ろに SHIMANO のニュートラルカーが続く。

程なく先頭が見えてきた。一人抜け出そうとしてるのかな?あー、面倒だからってパンケーキにせずにズームレンズ持ってくれば良かったかなぁ、なんて思ってる内に

取り逃がしました。いや撮り逃がしました。
本当は先頭の選手がカーブを取るところを正面から抑えてやろうと思ってたのに、左端に後輪の陰が残るのみ。思った以上に速かった…

なんて思ってたら、うわわわわわ、というかシャリシャリシャリシャリという音を残して集団が走り抜けていきました。ズームなんかで悠長に抑えてらんねーよ。ってかプロのカメラマンってどうなってるんだよ。

後からのんびりチームカーが。

これNIPPOのチームカーなんだけど、悲しいことにTOJのチームカーってほとんどのチームが同じ車にせいぜいデカール貼ったぐらいなのね。赤いブリッツェンのチームカー探してしゅーくりーむことクリリンこと栗村さん探そうとか思ったんだけど分からなかったす。

ということで一瞬の出来事でした。でも、まだ集団が活性化してない状態であのスピードなのな。それも11時に日比谷公園スタートして10分か15分かで芝浦過ぎて来ちゃうのよね。

まぁでも観たいと思ってから2年連続大雨、昨年は震災で中止と3年?4年?越しで生で観られたのは良かった。自分の中で何となく一段落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

第79回 東京優駿

天気も良かったし見に行けば良かったとも思ったけど、他の用事があったのでやめ。
ただ、POGで指名していた馬が京都新聞杯で出走権をゲットしたので、汐留のWINSで応援馬券を。

そんなきっちり予想もしてなかったので他の馬は良く分からない。先日バーテンダーと話してて「今回は難しいね」と。荒れそうには無いけれども勝っておかしくない馬が5頭か6頭ぐらい。皐月賞組はもちろんだけど、トライアル組も強い勝ち方をして上がってきてるのが多いので人気が割れるんじゃ無いかと。

そんな中、オイラのトーセンホマレボシは単勝が14倍、複勝でも2.9〜5.0倍ということで何とも美味しい。他の馬のことは考えず、単+複がセットの所謂「応援馬券」を勝って家に帰りましたよ。

TVの画面で寿司詰めの馬場前を見て「やっぱ行かなくて良かったな」と思いつつレースを見る。ゲート入りはすんなり、スタートでKEiさん指名のスピルバーグが飛び上がった以外は問題なく、と思ったんだけどカカリ気味に外から被せて逃げ馬の後ろにピッタリ付いたのは予想外。オマケに1000m59秒の速い時計で2400mは絶望的。
直線で後ろから馬群が襲いかかる前にウィリアムズの鞭が飛んでたし、「これはダメだ」と思ったら勝馬に並びかけられたところでもう一伸び。結果3着に粘り混んでくれました。2着が評価の低い青葉賞馬だったこともあって複勝は4.4倍。1点というか実質2点しか買ってないのでこれで十分ですよ。いや、1点で当てるのは嬉しいね。

POGの方は皐月賞時点で重賞馬が1頭も無く諦めていたのに、この子のおかげで最後は6人中3位まで上がれましたよ。来年はもう少し春先から応援できる馬が出てくれば良いな、と思うのだけど新馬戦は来週からですかそうですか。マックイーンの肌馬にステイゴールドは人気出そうだな。どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

Giro d'Italia 2012

毎日見てますよ。でもね、やっぱ最初に感じたエース級の面々がイマイチグッと来ないのと、最終日(正確には最終日前日)にチマ・コッピ(最高峰)登りゴールを入れてしまったことで最後までエース級が様子見になっちゃった感じだなぁ。
もう少し前に勝負所があれば、一度エース級の掛け合いみたいなバチバチの勝負があって、一旦勝負がついてもその後のステージで捨て身のアタック等が見られて盛り上がるんだけどな。

ということで、ここまではバッソ、ロドリゲス、スカルポーニ辺りは地味な走りを繰り広げております。アシストを消耗しながら。ヘシェダルが残っているのが意外なぐらいで、大した戦いも無し。

ただ、第17ステージで優勝候補の一角と目されていたクロイツィゲルがズルズル後退して戦線離脱してしまった。期待の若手ながらバッソやアニョーリ等ステージレースのエース級が揃うリクイガスを出てアスタナで2年目かな。「過去7年のグランツール経験で、こんなに辛い日はいまだかつてなかった」そうで、体調不良だったそうな。

アスタナのマッサー、中野さんのブログにも書かれていた。
ジロ・デ・イタリア、第17ステージ

悪い状況の時にこそ、プロとしての能力や人間力が問われるのだと思います。(走れない時でも折れないディルーカの精神力を思い出します)

プロじゃ無くてもダメなとき、上手く行かないときに人間の本質って出るよなぁ。
上手く行ってる人を見てもその力は計れないけど、上手く行ってないときにその人の力が見えるような気がする。ことにチームスポーツとか組織の中とかだとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

マスタード

朝9時出社になってから時々コンビニ飯を調達して行く。おにぎりかサンドイッチ。

で、去年辺りからかなデカデカと「マスタード使用」「からし不使用」とかパッケージに表示されるようになり。別にそれは構わないんだけど、マスタード使用がここのところ激減中。
これはそもそもラインナップに入っていないのか、朝の時間帯はマスタード使用から売れて行ってしまうからなのか不明。で、その場合はマスタード不使用を買わざるを得ないから、多分POSデータ的には問題なくマスタード不使用が売れていることになっちゃうよなぁ。

近頃の若い人刺激物に弱いとか言うしなぁ。コーヒーとか山葵とか。炭酸飲めない若者も増えてるんだとか。そのうち無味無臭なものとか食うのかな。「まずっ、これサイボーグ食じゃないか!」みたいな。

せめてシュウマイ弁当みたいに小さいマスタード付けて選択できるようにして欲しいなぁ。それも面倒だけど。会社にマスタードの瓶置くとか。もっと面倒くせぇ。

って調べたら「コンビニのサンドイッチは子供に食べさせることもあるからマスタード抜きに」だとかいう話も。or2.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

通園バス

昨日の冷たい雨が嘘のように気持ちの良い天気だったので朝から洗濯をした。干してたら徒歩通勤出来る時間じゃなくなった。でも悔しいので途中までバスに乗ることにした。地下鉄なら160円、バスなら200円、40円ムダをして更に20分ほど歩くのはコスト面ではバカっぽいが気持ちの良さには代えがたい。

少し遅れてやってきたバスに乗ってビックリ。まるで通園バスだ。
客の半分ほどが親子連れで幼稚園か保育園の子供だ。後部の座席はびっしり子供が座ってる。五月蠅いので前の方で立っていた。
オイラは公共機関に乗ったときに騒いでたらオカンに叱られたもんだが。家に帰ってからも怒られるぐらいの勢いで。うっさいなー、と思ってヘッドホンのボリュームを上げ、ふと見ると五月蠅いガキ共のオカンは注意するどころかオカン同志も大声で話してるのな。子供の声にかき消されまいとするように。

しばらくして前方も混んできたので仕方なくドアの近くまで移動したら、ドア際の席には大人しく座ってる女の子が居て、ちょっと清楚っぽいお母さんが横に立ってた。別に全員同じ幼稚園ではないのか。そう思ってたら、その母子はオイラと同じ停留所で降りて逆方向へ。「綺麗な人になるには、綺麗な言葉を話して、綺麗に食べること」といったのを見たことがあるけど、なるほどと実感したのでした。

個人の価値観です。子供を叱ったら子供が傷つくし、親の言うことしか聞けない子供に育つし、周りの迷惑なんて考えて空気読むような下らない人間になって欲しくない親の思いやりですよね、きっと。そう、オイラみたいな下らない人間になっちまうんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

虚栄心

「虚栄心を買う」キャバクラシステムの限界

先日、年に1度か2度開催されている元上司との飲み会をやった。毎度4人、それも何故この4人なのか良く分からないメンバーなんだけどもう3年かそこら続いてる。
その場で「モバゲーとか人数凄いけど周りで見ないよね」という話に。オイラが最年少の面子だからなのか、報道されている数字から割り戻すと社内とか友人とかに絶対にいそうなモバゲー、GREE等のゲームを行っている人がいない。4人全員身の回りに居ない。
「やってても言わないだけじゃないですか?」「B'zとかAKBのアルバム買う人みたいですね」なんて話をしてた。

今回問題になったゲームの件、やはり個人的に不思議なのはゲーム内アイテムという「情報」に大金を払う人がいる件だけど、別に携帯ゲームになる前から、秋葉とか新宿では良く分からないカードが驚くような値段で売られてるのを見たもんな。言い出せば中古のファミコンソフトとか、骨董なんてのも同類かも。

ただ冒頭の記事を読んでなるほどな、と思うのは骨董と違って自分の趣味や満足、「他人は分からなくても良い」ものではなくて、他人に見栄を張るためにお金を使うってところか。注目を浴びたり、他人に頼りにされるステータスを手に入れるための投資の1つなんだな。

オイラ、キャバクラはあんまり無いけど、まぁこの年になるまで仕事でクラブとかそういうオネーサンの居るお店に何度か連れて行かれたことはある訳で、それなりに楽しい訳ですが自腹切ってハマルまでは行けないんだよなぁ。どうも「対価」としての接待だと思ってしまうから、彼女達が楽しそうにしたり世話焼いてくれたり簡単に電話番号教えてくれたりってのは、全てお金で買ってる訳で。でも昔読んだ本だと、その辺の感覚というか感情のクスグリで暗黒面に堕ちる男が少なくないようだ。

大金を払って携帯の画面でガチャガチャを回し続ける人もどこか麻痺してしまったんだろうか。心の片隅でお金でステータスを買ってることに気づきながら止められないんだとしたら何だか悲しいお話だなぁ。自分のステータスを上げる為に投資するのはもう少し他の方法があるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

Eclipse

何かドリカムがどうとか言ってたけど、Eclipse ったらインギーだろ。アルバムの他の曲は凡庸だけど、ってかインギーの曲は基本的にギターソロ以外は聞くところ無いんだけど、あのアルバムのその名も Eclipse ってインストが格好いいんだよな。昔 CX の Tour de France のダイジェスト版のテーマになってて、当時ロードレースにカケラも興味も無かったオイラだけど、ヒマワリ畑の中を走るカラフルなプロトンとこの曲を良く覚えてる。

んで、今朝は月並みながら日食見ました。
告白するとうちは東側に窓が無いので7時半ぐらいに玄関に行ったら10人ぐらいかな、ご夫婦とかが東の空を見上げてて不思議な感じでした。その他のマンションの入口にも人が。
震災の時の国道沿いの人の波を見たときのような世紀末感。

雲が多く薄暗かったけど、キレイに見えましたね、金環食。薄曇りだったから E-P2 もって来れば良かったと思ったけど後の祭り。iPhone じゃ写らなかった。ま、キレイな写真は色んなとこで掲載されてるからいいでしょ(強がり)。

曇りとはいえ、不思議な色合いに暗くなっていく雰囲気を感じながら、ガキの頃の事を思い出した。夏休みで小学校の開放プール(夏休み中も泳ぎに行ける日があった)に弟か友達かと行ったら空が暗くなったことがあったような。
調べてみたら 1981年7月31日 12時前から14時半にかけて日食があり、ピークは13:09で食分0.52とのこと。半分欠けたんだな。よかった記憶違いじゃなくて。
日食
こんな形に欠けたかどうかまでは覚えてない。

それにしても当時は写真のフィルムとか煤を付けたガラスで良いとか言ってた気がするんだけどな。いつの間にかダメになったんだなぁ。太陽観察用眼鏡連盟の陰謀なんだろうか?
デジカメで太陽撮っても撮影素子傷んだ覚えないし。あれもフィルタ屋の陰謀か。みんなして俺様を嵌める気だな(被害妄想)。

ま、日食の理屈も分かってるし、別に見ようが見まいが、と思うんだけど、実際見ると「あーすげーなー」と思ってしまうのは自分というか人間の小ささでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

こんにゃく・ほったらかし・ぼうりょくちゅうか・しゃとれーぜ

西沢渓谷から降りてきて駐車場に戻ると Eさんが「こんにゃく食べる」と言うので、駐車場脇にある「全国のおもしろいコンニャク200種」と豪語するプレハブみたいな小屋へ向かう。
なるほど、柚子こんにゃくやらこんにゃく煎餅やら珍妙なものが全国から集められていた。神戸だか兵庫だかを謳ったものも有ったけど初見だった。
レバ刺しそっくりのコンニャクを売ってて、確かレバ刺し殺人事件が起こったときに代替品として注目!みたいな記事を読んだのでかなり惹かれたんだけど、うっすーいのが数枚入って500円というCPの低さで何度も迷って断念。やっぱ買って帰ってきてブログネタにすれば良かったかなあ。


種タマだそうです。こっから増やすのか?

隣にある休憩所みたいなところでMさんが、これまた微妙なコンニャクくず餅を食べ始めたので座る。でも、あんまりグッとくるメニューがないのでワイン頼んだらナミナミ注がれて一気に飲んだらその後車中で眠くて仕方なかった。みんな心太とかこんにゃくポンチとか食ってたな。

で、車で温泉へ。以前にも行ったことのあるほったらかし温泉。「こっち」と「あっち」の2つの湯があるんだけど、何故かまた「あっち」の方へ入ってしまった。前は色気の無い夏富士で真っ黒だったんだけど、今回はノッペリと雪化粧。

個人的にはもう少し雪が落ちてると良いんだけどな、なんていうのは贅沢である。盆地の向こうに見える富士は好天に映えてキレイであった。

ヌルめの湯につかりながら富士山眺めてほげーっとしてたら疲れが完全に抜けたんだけど、大菩薩峠とか笹子峠に比べれば疲労も少なかったんだろう。

で、塩山と言えば暴力中華へ。色んな人に話をするんだけどピンと来ないみたいで、でも今回初見参の東京組は大騒ぎしてました。やっぱ体験型なんだな、暴力中華は。ワカサギ唐揚げとかメニューに載ってる写真の2倍以上盛られてきたり、相変わらずフライドチキンのような鶏の唐揚げ、減らないチャーハン、鬼のように辛い鶏肉炒めなど相変わらず容赦の無い殴る蹴るの暴行でした。


TYPO以前に唐揚げっぽくない


一気に行き過ぎ

で、ビール飲んだりして9人で1万ちょっと。ここで東京組は再度驚愕。オイラも今回は少し品数多いなぁと思ったのだけどやっぱ一人1300円とかだった。ファミレスとか大戸屋で1300円であんだけ食えないよ。

食べログとかには載ってないけど塩山に行ったら是非中華料理の「しんげん」へ。金3つでシンと読むそうです。ゲンは源。

その後シャトレーゼでEさんがアイスを見て「北海道より安い!」と名言吐いたりして塩山駅まで送って頂きました。
最終20:45のあずさの指定を取っていたんだけど、一本早いかいじに乗れそうで、駅員に指定変更お願いしようとしたら「機械でやってください」「いや、これ回数券に指定受けてからの変更なんで機械じゃ出来ないんですけど」「うーん。でももう出来ないんですよ−。XXさん、これ変更出来る?あ、でも暗証番号知らないんだよねぇ」暗証番号って何?と思ったけど、どうやらこのオッチャン2人ではMARSを起動できないらしい。後で調べたら塩山駅のみどりの窓口は20時までだってさ。恐るべし。
まぁ自由席で大丈夫だろうと思って乗り込んでみたらガラガラでしたとさ。

いやー、山梨いいところですよ。みんな知らないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

西沢渓谷

「滝行きたい」「西沢渓谷ってのがありますよ」そんな流れで決まった渓谷行き。この日初対面のTさんが自動改札機を通れないというまさかのハプニングがあったりして、10時過ぎに塩山に降り立つといつもの面々。今回は甲州街道5人衆+αで。
途中コンビニに寄り、郵便局でサイドブレーキをかけ忘れて駐車場から滑り出てきて路上封鎖していた(驚)爺ちゃんの軽トラを回避し、登山口についたのが11時過ぎ。「全国のこんにゃく200種類」とか書いてある謎の建物の前の無料駐車場に止める。

駐車場ガラガラなんだけどハイシーズンには一杯になるんだそうな。トイレ寄ったりして歩いて行くと登山口に11時半過ぎ。

前半のハイライトは吊り橋かな。そもそも20cm積雪したらここまで辿り着くのも大変そうだが、中々に揺れた。女性陣は一人を除いてフワフワ両手を広げて不思議な歩き方になったり意地でも下を見まいと早足で通り抜けたり。

その後はずんずん登ったりしていくと川沿いに出ます。水が綺麗。メチャクチャ綺麗。

といったところで昼食にしましょうかと。まだ前半の半ばぐらいだけど登り始めが遅かったので時刻は12時半。コンビニで買ったおにぎりとカップヌードル。オレンジの人が湧かしてくれたお湯で頂く山中のカップヌードルは最高。久々に食ったけど美味い。

食後は川沿いを歩き、

登って

下って、

案外キツイ。チェーンを握って登らなければならないポイントも数カ所。しかし滔々と流れる水音が良いです。場所によっては会話が聞こえにくいぐらいだけど気持ち良い。

で、一番有名っぽい「七ツ釜五段の滝」に13時半。最初見たら5段には見えなかったけど、もう少し上がってみるとなるほど5つあるのかもしれん、という感じでした。

水辺に降りたりして

フラフラしてたら、最後山頂(?)までの100mが死ぬほどつらい階段でした。

登り切ったところに休憩所とトイレ。14時前。トロッコの線路がトイレの向こうまで伸びてます。

あー、すずしー、と涼んでたら寒くなりそうだったので動き出す。
帰りは行きと違って緩い傾斜の整備された道を降りていくだけ。先のトロッコの線路沿いだからみたい。ちなみにトロッコは木材切り出し用で40年ぐらい前まで現役だったみたい。

何カ所か底が網目でスケスケの橋を渡る。高所恐怖症の方にはキツイかも、ってぐらいのところもいくつか。この渓谷、往路もそうだったけどそこかしこで崩落が起きてて危険な感じ。トロッコ時代も何度かオッチャンと馬が転げ落ちたとかで「ここで○○さんが落ちました」って看板が立ってた。でも何かホノボノしたトーンの説明なんだよな。

帰りは寒くなってきたので上着を着て前を閉めて歩いてたけど本当に好天に恵まれました。


鶏冠山と木賊山

何カ所かシャクナゲ自生地があったけど少し早かったかな。今年は気温が上がらないせいか少し花が遅いようです。

最後は橋を渡って登山口へ。水音が気持ちいいし、レベル的にもちょうど良いところでした。山頂の達成感は無いけどね。

降りてきたら15時半。ゆっくり歩いたので、普通に歩けば4時間かからないぐらいで往復できるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

仕事

遠方より客が来て泊まっていった。
昔友人の行きつけだったお店の主人が今は東京で店を出しているというので、じゃあランチにでも行ってみる?と昼の開店とほぼ同時に店内へ。オイラは初対面だが、店の奥様が友人を見るなり驚いた顔をして「まぁお久しぶりです」と。カウンターの中のご主人も「何だ、予約しといてくれれば美味いもの出せるのに」と笑顔。

既に奥様5人組と品の良い老夫婦が座っていて、オイラ達はカウンターへ。

奥様はメニューの説明やドリンクの注文を取ったり忙しそう。片やオーナーシェフのご主人は細かい手つきで前菜を盛りつけたりバゲットの準備をしたりサラマンダーの方へ行ったりと息つく暇も無いとはこのことか。
その後若い二人連れ、これはコースではなくて簡単なランチの注文だったが、オイラ達が入店して最初の品を口にした12時半前には奥さんに「予約で満席にしちゃって」と言って店を閉めてしまった。「もうこれ以上は無理だからね。手のかかってることやってるからなんだけど間に合わない」と笑う。素人目に見ても昼のランチでやりすぎだろうというぐらい細かい調理と盛りつけやってるからなぁ。

結局、他のお客のメインまで出し終わったところでやっと一息つけたらしく、友人と近況報告など出来るようになった。「動き出すと止まれないからね。止まると疲れちゃう」
今の店を出して2年、その前は4年間ホテルの料理長をしていたそうだ。その間はプロデューサーのようなもので、包丁を持つことは無かったと。「あの頃は楽させてもらったけどね。でもやっぱり作ってる方が楽しいよ。大変だけど」と。

楽して稼げる仕事は無いけど、だからといって嫌なことをしたりさせたりすると今流行の「ブラック」である。少々きつくても、キツいと思わない、楽しい仕事を見つけられると幸せなんだろうなぁ、と思った。振り返って自分は変なポジションに身を置いて体を壊したこともあったけど、ここ数年はやりたいことで「頑張れてる」から幸せなのかもしれない。

"スペシャル"にと取っておいたという見事な鴨の半身を昼間からオイラ達に特別に出してくれて、「どうしようかなぁ、夜の材料が無くなっちゃったよ」と嘯くご主人は中々魅力的な人でした。また近いうちに夜ガッツリと頂きに行こう。ちゃんと予約して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

ラムダッシュ ES-SV61

これまた20年前の話だけど上京したときにお世話になった遠縁の親戚が当時広告代理店に勤めていて、丁度ひげ剃りメーカを担当していた。それまでは ex-電気屋の息子として電気シェーバーを使っていたのだけど、「これあげるよ」とT字カミソリと替え刃をもらったので恐る恐る使い始めて20年になる。
最初の内は刃を替えるタイミングも分からず(今でも正確にいつがいいのか分かってないけど)、シェービングフォームもどうしたものか分からなかったんだけど、何とか剃ってきました。社会的に変だと思われない程度には。

プータロー生活から脱却したら毎朝ヒゲを剃らなきゃならなくなって(当たり前)、オイラは朝のシャワー浴びるときにヒゲを剃ってたんだけど、たまに忘れるのよね。何か服を着てヒゲを剃るのに慣れてないので(変態ぽいな)、剃り忘れて出てしまうともう一度浴室に戻ったりして面倒くさい。

近頃電動も良いとか聞いたし、ちょっと高めの奴買ってみるかな、ということで今年の頭ぐらいに買いました。パナソニックの ES-SV61。

で、4ヶ月ぐらいつかったので評価してみるに微妙だな。中の上か上の下ぐらいな感じかしら。不満はないけどね、あのおろしたての新しい替え刃で剃るツルツル感はもう一生味わえない感じ。外刃がある時点で無理なのは分かるけどね。後、これは慣れだけど4ヶ月たっても剃り残すことがあるのよね。T字と電動で当たる順番が違うのかなぁ。シェービングフォーム使わなくなったからかも(新しい電動でも使えるけど、傷みそうなので使ってない)。
あ、もみ上げ周り剃るのが難しくなった。カミソリと違ってヘッドがデカイのでどこまで剃れるかまだ自信が無いのよ。剃りすぎてもみ上げなくなると困るので攻めきれない。

ただ4ヶ月使っても切れ味は基本的に変わらないし、水洗い出来る機種なのでオッサン臭い感じにならないのは良い。後、何と言っても怪我しないしねぇ。カミソリの時は時々流血の惨事が起こったから。

ということで悪くはないけどめっちゃ良くは無いってのが正直な感想です。でも、もうT字には戻らないだろうな。それぐらいの利便性向上はあるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

JPN アルミ缶

1992年4月、上京したてのホヤホヤで大学の入学式に九段下に行った。両親と一緒だったはず。
武道館で入学式だったんだけどいくら思い出そうとしても思い出せない。流石に新入生だったのでアリーナ部分に居たはずだけど、何故か2階席から見下ろした画像の思い出しかないのは親父の撮った写真で記憶がすり替えられているんだろうか。
当然、学長の有り難いお話など、骨子はおろか一言も覚えていない。入社式の社長の言葉もそうだな。もうああいうの止めた方がいいよ。ムダだから。誰か入学式とか入社式の偉いさんの話覚えてる人いるのかしら?

で、その武道館に20年ぶり、丁度20年ぶりに足を踏み入れました。これまで何度か前を通ったことはあるけど入ったのは20年ぶり。

Blogを見返すと HEY^3 でPerfume観たのが2007年。それより前に深夜のACで観たことあったけどそれから5年か。
前に一緒に Extremeを見に行ったMさんが Perfume 好きで、Extremeの後は渋谷の韓国料理屋でずっと Perfume 談義をしていたんだけど、オイラは走るのに丁度良いので実は Perfume のCD買って iPhone に入れてるのな。大体走るときは Perfume とか Kylie Minogue とか聞いてる。本気でトレーニング用にするならピッチコントロールしてリズムを合わせておくんだろうけどな。

で、4月頭ぐらいに別の友人と話してて Perfume の話になり、機会あれば見てみたいもんだな、と調べたら4中発売で5月に日本武道館があると。じゃ、行ってみますか、ということで行ってみました。

中身はね、楽しかったですよ。パフォーマンスは流石で、ってか前にキャプチャデータが公開されてたのを見たときも思ったんだけど、もう計算機で作ったんじゃ無いかってぐらいのシンクロ率。序盤はある意味人形みたいで、CGの立体映像眺めてるような錯覚を覚え、子供の頃に好きだったブランデーか何かの瓶の底にオルゴールが付いていて人形がクルクル回るのを思い出しました。
踊るPerfumeのモーションキャプチャデータ公開

それがMCのコーナーになると三者三様で、客いじりも慣れたもの、下手なお笑い芸人より上手で面白いのは芸歴だなぁ、と思ったのでした。後、TVの印象よりあーちゃん随分しゃべるのな。そして引き笑い。広島弁も良いね。
てか年齢的に新卒相当でしょ。凄いもんです。

得た豆知識が1つ。5月は日本武道館はクーラーを入れない規則だそうで、終盤は文字通り額に汗してました。オイラが。彼女達も踊り終わると顔がテッカテカで照明浴びながら激しく踊って大変だなぁ、と。

客層はバッラバラ。若い女性からお父さん?ってぐらいの年配の人まで。ただ、オタ芸って言うんでしょうか、たまにそれに近いものがあって、アイドルっぽいからそうなるのかな?オイラの周りだけそうだったのかな?ちょっとだけ怖かった。
オイラの隣は森三中の黒沢と西尾一男(友近)を混ぜたようなズングリした眼鏡女性(年齢不詳)だったんですが、古い曲のフリは完璧にマスターしてるらしく、激しく踊って途中から疲れ果てて座り込んでてちょっとおもろかった。

個人的に Seventh Heaven が無くて残念だったけどアンコールは「心のスポーツ」で締めて終わり。

汗かいたので帰りに蕎麦屋でビールをグイッと。KIRIN 氷結プレゼンツだったのに店にあったのはサントリーだったので申し訳ない。

再確認したけどオイラはのっち派です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

小江戸 川越

何かで東照宮が3つあるという事を知った。本当はもっと一杯あるけど、所謂「三大」うんちゃら。

駿府で亡くなった徳川家康は遺言により最初久能山に葬られ、そこで祭神として東照宮が作られた。しかし、その翌年に更に日光へ移された。これも関八州の鎮守となるための遺言だったと言われる。
その途中に川越を通過した際に、喜多院の住持が4日をかけて法要を行い、そこに東照宮を作った。これが仙波東照宮。ちなみに「せんばやまにはたぬきがおってさ」という「せんば」はここだとされる。

連休に行ってきました。川越行ってきた、って言うと「行ったこと無いんですよ」「随分遠くじゃないんですか?」なんて聞かれるんだけど、池袋から30分、新宿三丁目から副都心線を利用すると1時間かからないぐらいである。オイラも思ってたより近くて驚いた。

つーことで喜多院。川越のメインストリートからは少し離れる。晴天の下川越駅から15分か20分ぐらい歩いたかしら。

寺は天台宗でさほど大きくない。護摩祈祷の受付が賑わってたな。お年寄り多め。デッカイNikon下げた白人がいたり、外国人も結構多い。

中々緑が多くてよろしい。ちなみに周囲は戸建ての住宅地だ。

お目当ての東照宮。思っていたよりずっと小さく、外から眺めることしか出来ないが、色使いは東照宮チックでした。少し高いところにある。
以上。ちなみになんで喜多院の住持がわざわざ法要して東照宮作ったかっていうと、これが長寿で有名な天海という坊主だったから。家康を権現にしたのも天海であり、幕政で大きな力を振るったが、出自は不明という謎の人物。自分の墓は東照宮の裏鬼門に配するように命じたとかなんとか。一説には実は明智光秀が生きていて云々なんて話もあったり。ま、なんせ前からぱぱっと見て退散。

その後、裏手の天麩羅屋が気になったんで入ってみたら味といいボリュームといい大満足で大当たりでした。

で、メインストリートへ。すんごい人。重厚な蔵造りが並んでいるのがウリらしく、確かに黒くズッシリとして見応えはありましたが人が多い。名産はサツマイモと刃物なのかな。他は知らぬ。でも、普段冷やかしにくい刃物やさんで色んな包丁とか鑿とか鋏とか他の人達に紛れて見ることが出来たのは良かったな。

メインストリートを少し入るとお寺がポツポツとあります。

躑躅がキレイな季節ですね。何か、ブッダが苦行してガリガリの時の仏像が飾ってあったのが後ろにボケてます。

その後川越城の本丸だけ残されているというので行ってみたんだけど

あんまり大した感じじゃなくて拝観料100円っていうので面倒くさくて終了。
実は川越は元々河越氏の所領で河越氏は鎌倉幕府の中核で活躍してたんだけど、室町時代になって上杉氏に滅ぼされてしまう。その後は関東の要衝となり、上杉支配下の太田道灌が川越城を作り、支城として江戸城を作った。後は北条氏にやられ、秀吉にやられ、家康の時代には酒井・堀田などの親藩や譜代大名が配されることになったという。
でも川越城は老朽化で明治に入って廃城。この本丸だけ残ってるんだそうな。

帰りに喜多院の脇の中院ってとこに寄ったらお庭がキレイで人が居なくて静かで涼しくてよかったです。でも何故かファインダーに納めるとキレイさが伝わらない。オイラの腕の問題だな。

川越、概してそんな感動するような場所でもないけど、都心から1時間ちょっとで行ける場所としてはいいのかもしれませんね。でも鎌倉の方がいいかな。


狐か猫か分からん焼き物が窯の前に並んでた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

消費電力

20%節電なら一般家庭は昼のピーク時は扇風機

電力需要を抑制するため、この夏、20%の節電を必要とした場合、平日のピーク時間帯(午後2時頃)では、一般家庭ではエアコンのかわりに扇風機を使用する(50%節電)ことやエアコンを2部屋でそれぞれ使用している場合には1部屋に減らす(35%節電)こと。また、エアコンの設定温度を28度にするとともに、日中は照明を消す(5%)、テレビの輝度を下げる(2%)、プラグをコンセントから抜く(1%)、ウオッシュレットのスイッチを切る(1%)などの対応が必要とすることがさきの原子力発電所に関する4大臣会合で提示された。

何故かこのサイト以外のニュースサイトで見かけない記事だけど、大臣が「一般家庭はエアコンの代わりに扇風機つかえ」と言ったというのでちょっとした騒ぎに。

これに対して
テレビを消すという選択は無し!4大臣会合「一般家庭はエアコンを止めて扇風機を使え」
みたいな論調がネット上では盛んなようで。気になったのが天下の野村総研のリポートで「テレビを消すと220Wの節電」みたいに書かれているところ。テレビってそんなに電気食ったっけ?と思って我が家と同等のREGZAを見てみると40型でも115Wだ。
仕様表比較|液晶テレビ・薄型テレビ|REGZA
このサイトに何かからくりがあるのか、野村総研が余程古いテレビをベースにしているのか。

てか、テレビ消すよりもムダにインターネット見たりしてる方が電力食ってるんじゃ無いか、と思ったんだけど、PCの消費電力は2桁なんだなぁ。パネルに加えてCPUとかHDDとかブン回してるからTVより電気使ってそうな気がするんだけど、何かからくりがあるのか。
日本HP Directplus 消費電力を知ってパソコンで上手に節電

モニターが小さくて近くにあるからTVみたいに大きいのを遠くにおいて明るくしなくても良いのだろうか?

しかしもうこうなったらゲームソフトとかも消費電力書けば良いと思う。CPUブン回すシミュレーションゲームは電気食いなんだろうか?それともこまめにディスクアクセスするようなRPGとかの方が電気食うんだろうか?
「節電のためムービー再生はOFFにしてください」とか書くべきだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

テルマエ・ロマエ

連休の予定は特に無かったので暇つぶしに映画に行った。
特に見たいものが有ったわけじゃ無いけど、バトルシップだけは避けたかったので(trailerが酷すぎる)それ以外で。ちなみにバトルシップは昔の潜水艦ゲーム?「Aの5」とかミサイル打ち込んで相手の戦艦探すって奴、あれが元になってるとかで、あのオモチャから映画作るってすげー妄想力だなと感動した。

ま、いいや。で、結局見たのは「テルマエ・ロマエ」。原作のマンガは読んだこと無いよ。存在は知ってる。ってのが去年の等々力の最終戦でクリアフォルダだかなんだかもらったから。
川崎フロンターレ名物部長が企てた、 漫画『テルマエ・ロマエ』とのコラボ。

古代ローマ時代の浴場設計技師が現代日本との間をタイムスリップするという罪の無いコメディで、原作とは登場人物等異なるんだろうけど面白かったですよ。動画ならではの遊びも入っていて映画館で笑いました。1800円の娯楽としては良いと思いました。

つーか、日本の入浴文化は今でも十分珍しいみたいだからなぁ。温泉目当ての外国人観光客も少なくないようだ。先日行った温泉では中国人が潜って豪快に口から湯を吹き出しててゲンナリしたけど。トイレにしても数年前に宇都宮のジャパンカップに来たリクイガスの選手達が洗浄便座に大騒ぎしたとかいうエピソードには事欠かない訳で。

軽くて良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

Giro d'Italia 2012

自転車は体に悪い:日経ビジネスオンライン

何か昨日話題になってたみたいなんで読んだ。サドルの圧迫については結構昔から知られた話で、とがった部分の無いサドルとか穴の空いたサドルは普通に売られてるはず。女性については知らなかったけど。
空気の問題もね、しょうがないよね。平日夜の皇居走る人見るだけで心配になるけど、チャリンコのスピードならもっと一杯吸い込めるもんね。回遊魚みたいなもんだ。

レースシーズンを終えたばかりの27~44歳の選手を調べたら、背骨や腰の骨密度が低く、他種目の運動選手と比べても明らかに骨折事故が多かった。自転車競技選手の63%は背骨や腰骨の骨密度が減少していたが、陸上競技選手では19%だった。自転車競技も含まれているトライアスロン選手も陸上選手と変わらなかった。

結局、自転車競技選手は「運動不足」という結論に落ち着いた。骨は骨にかかる負荷によって鍛えられる。ふだん運動をあまりしない高齢者が、転倒しただけで簡単に骨折するのも同じ理由からだ。

プロのロードレーサーが歩くのが苦手なのは有名な話。大きなレースの後のハブ空港ではぐったりと座り込む選手達を見られると言う。彼らの移動手段が地面に対してアクションを起こすのでは無く、エンジンのようにひたすら回転運動を繰り返す為に足の筋肉はあるけど歩行が苦手。
レース中の解説なんかでもプロ選手を目指す子供に小さい内は他のスポーツをしながら自転車に乗ることを勧めていたりするのはそういう理由だ。成長期に自転車だけ乗っていると背筋や大腿筋などだけが発達し、姿勢も特殊なフォームになってしまうとのこと。
カギカッコ付きの「運動不足」ってのはジョギングとかサッカーとかから期待される効果は得られないってことで。

裏を返すと自転車ってそれだけ滑らかに人体に負荷を与えずに移動することが出来る装置ってことなんだね。SFとかで移動手段が発達したために手足が退化した未来人みたいな設定があるけどそれに近づいてるんだろう。その点だけはちょっとの距離をオートバイや自動車で移動する人なんかも同じはず。
以前、歩いて10分ほどのコンビニに車で行く、みたいな人が神戸の街を歩いたら坂道で死ぬかと思ったとか言ってたのを思い出す。後、うちのマンションに住んでていつも生協の箱が玄関脇にある家の奥さんが出てきたのを見たらすげー栄養的な体格で驚いたのもな。


で、そんな運動不足で体に悪い Giro が始まってる。今年のスタートはデンマーク。

気温一桁、選手達がアームウォーマーなどで重装備しつつ、淡い日光を浴び、菜の花のような黄色い花の咲き乱れる中を走っていくのは北のクラッシックとも違って独特な感じだ。いいなぁ、北欧。また行ってみたい。

コンタドールが排除されていて何だかパンチ力に欠けるメンバーだが盛り上がるのかな。デンマークの3日間はクラッシュ以外は余り盛り上がらなかった気がする。昨日の Tappa 3 は最後の直線のフェラーリの大斜行でカヴが2人ぐらいに轢かれたのが心配だけど。立ち上がってバイクを担いでゴールに向かっていたから大丈夫なんだろうか。今日は休息日で明日からいよいよイタリアに上陸である。所謂総合上位陣がスカルポーニぐらいしかいない気がするので若者が活躍したりするのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

LANGE

歩くと汗ばむような陽気にもなってきたので買いました。

2月にブーツが割れて以来、シーズン終わりのセールで安いのを買おうと思っていて忘れていて。
連休最後の日は天気も良いので(夕立来たけど)、神田のスポーツ用品店街へ。勝手知ったるICI石井スポーツの登山を冷やかしてからスキーショップの方へ。

2階に上がってブーツコーナーの前に立って、なるほど2年落ちだと2万前後であるんだな、NORDICAもあるな、なんて眺めてたらオッチャンがすっと寄ってきて「どれぐらい滑られますか?」と。む、俺様の腕を聞いているのか。「まあ、普通に滑ります。モーグルバーンとかは避けて滑りますけど」と答えると「これまでどのメーカのを履いてましたか?」「前はROSSIGNOL、その前はNORDICAです。幅広の甲高なんで中々合うのが無くて。LANGEとか昔は憧れたんですけど細くて入らないので」と答えた辺りから手際よく靴を脱がされ足の測定をされ「なるほど少し土踏まずが落ちてるんですね」なんて言って奥から SALOMON を持ってきた。SALOMONも狭いイメージだったんだけどな、と履いてみるとピッタリ。ただ少し左足の甲が痛い。
と伝えると、今度はFISCHERが出てきた。これは甲は大丈夫だが土踏まずの辺りが持ち上げられるようで狭い。と伝えると再びオッチャンは奥へ。ってか、さっきのもこれも6万弱するんですけどー、と値札を見てびびる。

「LANGEも履いてみますか?近頃は狭くないのも出てるんですよ」と。狭くないとは言え、オイラの足には無理だろうと差し込むとすっぽり。ぴったり。シンデレラのようだ。騙されてるに違いない。

と言うわけでお会計。先の程高くないけど予定の予算はオーバー。でも見事な接客と商品知識の店員だった。ああいうの大事だよなー。アタリを見るのは無料ということなので、今度のシーズン前にもう一度持って行って中敷きとか調整してもらおうかな。

とりあえず来年以降も滑れます。滑ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

ノマドワーカー

先日、天気が良かったのでフラフラと散歩に出かけた。気がつくと全く馴染みの無い自由が丘。池袋や墨東のようなアウェイ感は無いけど街のつくりとかお店とか全く知らない。

こんなとこに IDEE Shop あるのか、と入ってみたけど妙にポップな感じだったのは場所柄か気のせいか。3階ぐらいまで上がってふと窓の外を見ると筋向かいのスタバの2階が見えた。
窓際のカウンタに見事に皆様 MacBook を並べていらっしゃる。で、ヘッドホン。なるほどあれが音に聞くノマドというものですか。

ノマドワーカーの意味とは - Yahoo!辞書

「ノマド」は「遊牧民」を意味する英語。つまり、自宅やオフィスの自分の机といった1か所にとどまらないでカフェや居酒屋など、さまざまな所を自分の居場所として仕事をこなす人。

別に気にもしてなかったけど実物を見ると不思議な感じがする。オイラも WiFi さえあればどこでも仕事出来るけどスタバで仕事しようとは思わないもんな。そりゃ出先で緊急対応が必要で博多天神のジュンク堂とか成田空港とかで仕事したことはあるけど、平穏無事なときは家かオフィスで仕事するのが一番だ。

そう、一番だ。彼らはスタバが労働環境として一番なのかな。自宅は居心地悪いんだろうか。だったら自宅改造すれば良いのに。エスプレッソマシーンだって買えば良いじゃん。奥さんと仲悪いのかな。
っつーことは、労働効率よりもポーズを優先してみんなでスタバに群がってるのかなぁ。

つーかスタバのマーケティングなんじゃねーかという気すらしてきた、というところで店を出て奥沢まで歩いて帰ってきたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

第9回 若手の夜明け2012

行くのは3回目ぐらいかな。

ムダに立食形式とかも無いし、会場アクセスも良いし、安いし、お気に入りです。
若手の方々が頑張っている蔵のお酒を紹介しようというイベント。今回は22蔵でした。クラブっぽい音楽が流れ、来客者も年配よりは若い人が多い感じ。
細かくメモを取ることをせずに純吟をメインにバーッと回って気に入ったところを再度訪れる、というスタイルで回ってきました。

福島の浪江町の沿岸部の蔵が全く使えなくなった(+立ち入り禁止)磐城壽は福島の時の蔵の酵母で仕込んだ純米2本と山形に移ってからの2本(だったかな)を持ち込んで参戦。この酵母は偶々工業試験場か何かにサンプルで送っていて災害を免れたアンプルのものだとか。
津波で酒蔵を失った男の再起への誓い:日経ビジネスオンライン

以前あるお店で聞いた話だと、山形に移ってしまうと色々な補助金とかが貰えなくなるのでどうするかと迷ったけど、最終的に山形に移って酒造りを続けることにしたとか。前は「土耕ん醸」っていう、結構がっつりしたお酒も造っていたんだけど、それは無かった。

さてお酒の方は、4本全て純米大吟を持ち込んでいた「くどき上手」を別にすれば、「相模灘」と「町田酒造」が美味かった。町田酒造は新橋のとあるお店で勧められて飲んだときから美味いと思っていたんだけど、改めて飲んでみても美味い。少し甘みがあるから好き嫌いあるかなぁ。オイラは好きだ。

相模灘の方は前から知っているけど、今回飲んだのは美味いと感じた。何か変わったのかオイラが変わったのか。後は出雲富士に綺麗な異人さんが法被着て立ってたのが気になったな。

今回は千鳥足になることもなく、適度な酒量で引き上げました。大人になったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »