« 第6回 佐賀の日本酒を楽しむ会 | トップページ | 電球 »

2012年6月18日 (月)

MacBook Air

去年の夏前から仕事で使い始めた MacBook Air、当初は持ち運び用ということで購入したのだけど、結局 Apache+tomcat を走らせたりしてガッツリ日々の仕事用に使うことになり。
先日の新型 MacBook の発表をもって2世代前の型になったのだけど、今年に入ってから重いと感じることが多く。1年前はさほどストレスがかからなかったのだけど、Firefox が重いのか、GMail が重くなったのかだと思っている。オイラ、Firefox で Google Apps for Business のメール、Chrome で個人の GMail を使ってるんだけど。

大体、メモリ2Gってのが貧弱すぎるのかなぁ、家のMacBook Pro は8Gで問題なく動いてるしなぁ、なんて思ってるところに 11インチモデルで8Gメモリモデルがあると。

買いました。

電源部分のコネクタ形状が変わった以外は特に変わった感じはありませぬ。

さて問題は前の仕事環境を移さにゃならん、というところ。んで、普段からバックアップ用に外付けHDDに行っている TimeMachine が使えないのかと調べたら使えそう。
Mac OS X v10.6:移行アシスタントを使って Time Machine バックアップからファイルを転送する方法

が、TimeMachine で異なるOSバージョン間は色々ありそうだ。旧マシンは Snow Leopard のままにしていたので(何か重くなりそうだし)、まずはOSのアップグレード。家の MacBook Pro 用に買った Lion を AppStore からダウンロード。違法でも何でも無いよ。ああもうなんか1台毎のActivationがとか何とか言うクソッタレOSとは大違い。

前にやった時のことを覚えてなかったんだけど、ダウンロードに1時間ちょっと、インストールに30分ちょっとでした。
Mail の移行とかトラックパッドの設定をやり直して、TimeMachine でバックアップ開始。これが結構かかる。差分取ってるんだろうから当たり前ったら当たり前なんだけど。

作業しながらだったんで2時間弱ぐらいかかったのかなぁ。

後は書かれているとおり、HDDをつなぎ替えて、移行ユーティリティを起動して30分弱で読込完了。
気をつけるべき点は、移行先のアカウント名を同じにしてしまうと、ユーザ名が変わってしまうこと。例えば、前のマシンで shige というアカウントで使っていて、新しいマシンの初期設定で shige を使ってしまうと、そのまま移行が出来ない。その場合は移行先を shigeo とか新しいアカウントにするんだけど、/User/shige 以下が何らかのアプリの設定に書き込まれている場合は、都度 /User/shigeo に変更が必要で面倒ね。ブラウザのダウンロードフォルダとか。

その他は初期設定でことえりになってるのをATOKに変更したり、Dropbox はアカウント情報を完全に忘れてるので再度打ち込んだり、Office のアクティベーションコードを再入力したり(全くクサレ…)、メールサーバのパスワード入力したり、プリンタドライバインストールしたり(これは移行元が 10.6 だったのでそのせいかも)。

そうそう、/etc/hosts が移行されてなかった。これは TimeMachine の設定で含めることが出来るんだろうか。ま、手で移すけど。

実は移行ツールを立ち上げてから、TimeMachineを使わなくても同じネットワーク上のMacは両方で移行ツールを立ち上げることでデータ転送できることを知ったのだけど、無線LANだとどうせ遅くなるよ、ということにしておく。

で、新しいMacBook Air はメモリが増えただけとは思えないほど速いです。SSDが変わったのかなぁ。

と思ったら Java のインストールが必要だった。いつからかJavaは別扱いになったんだよな。これは移行されないっぽい。

|

« 第6回 佐賀の日本酒を楽しむ会 | トップページ | 電球 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/45700699

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air:

« 第6回 佐賀の日本酒を楽しむ会 | トップページ | 電球 »