« 北口本宮冨士浅間神社 | トップページ | 富士山 0〜5合目 »

2012年6月26日 (火)

ドラクマの行方

ギリシャがユーロから離脱するのかどうかと。欧州の大手銀行はこんなこともあろうかと、システムからドラクマを消してなかったというからギリシャさんの信頼感半端ねぇ。

ギリシャ新政権のラパノス財務相、健康問題理由に辞任
ま、オイラもギリシャの財務省になるってなったら目眩しそうだ。クラクラ。

さて、ユーロから離脱もしくは追い出されたら(そんなこと出来るかどうか知らんけど)通貨はどうなるんだろうか、と元上司とやり取り。
強い通貨から弱い通貨へ切り替えって前例あるのかよく分からないけど、結局カンボジアみたいにドルがメインになっちゃって自国通貨は釣り銭ぐらい、みたいな感じになるんじゃないか、というのがオイラのイメージ。買い物してユーロで払ったらじゃらじゃらドラクマ硬貨が返ってくる。ギリシャ国内で信用あるのはユーロ、みたいな。給料も出来ればユーロでくれ。
元上司はギリシャユーロみたいなのが出来るんじゃね?と。何かクローネみたいだな。スウェーデンの帰りにコペンハーゲンの空港で買い物しようと思ったら「それはスウェーデンのクローネね、だったら金額はこうなるわ」みたいな感じでレジ叩いたら金額変わって、「えーそういうことなのー」と思った記憶が。

そういえば、なんで共通のクローネ使っていながらレートが発生するのかと思って調べたら、クローネってクラウン(王冠)のことなんですな。昔はスウェーデン、デンマーク、ノルウェイで通貨同盟結んでたんだけど後に袂を別ったらしい。で、チェコ行ったときに通貨が「(チェコ)コルネ」っていうのでチョココルネと紛らわしい、なんて話をしてたんだけど、あのコルネもクローネの事だったらしい。しらなんだ。北欧とは別だけど、オーストリア・ハンガリー帝国の通貨がクローネだったそうで、その後独立してもクローネ由来の通貨が残ったんだそうだ。

となると今度はドルが気になる。オーストラリアも香港も英国領だったわけで、何でドルなのか?

AUDについては、やはりオーストラリア・ポンドだったようだ。ただポンドって20シリングだの12ペンスだの12進数ベースの変態的な通貨なので、10進数にしようってことで、新しい通貨を考えたんだと。

Other proposed names included more exotic suggestions such as the austral, the oz, the boomer, the roo, the kanga, the emu, the digger, the kwid, the dinkum, the ming (Menzies' nickname).

「カンガ」とか「ルー」とか短絡的というか絶対真面目に考えてねーだろお前ら。で、結局「royal」って通貨に決まって紙幣の試し刷りまでしたのに、国民に不評なんでやめることになって「ドル」になったんだそうな。お隣のNZも同じような感じだそうだ。

今度はHKD。19世紀に香港が開かれたときはインドルピーとスペインのレアル銀貨、中国の貨幣が流通していたそうな。昔は銀本位だったこともあって、スペインの8レアル銀貨(1ペソ)は基準になってた時代があるっぽい(専門家じゃないのではっきりとは知らん)。
んで、独自通貨作ろうってことで頑張って見たんだけど、敢えなく失敗。この時の工場の造幣装置はロスチャイルド系のジャーディン・マセソンに売却されて、ジャーディン社はそれを日本語に変更して日本で最初の硬貨を鋳造するのに使われたんだとか。へぇ。
でもこの後銀の大暴落があって、メキシコ銀貨の価値が大幅に下落し、20世紀初頭に独自の通貨を持つに至る。これが香港ドルなんだと。何故か最初からすんなりドルみたいだけど、メキシコ(スペイン)銀貨がスペインドル(Spanish Dollar)銀貨と呼ばれていたのがベースなのかしら。

何か色々面白いことが見つかるな。USDも元はこのスペインドルがベースだとか。

ドル記号$のデザインの由来は諸説あるものの、一番有力な説は、かつてアメリカ合衆国確立以前の北米地域の基軸であったメキシコとその宗主国スペインの通貨ペソ(メキシコドル)に起源を持つというものである。ペソを表すP'sがだんだんとPとSが重ね書きされるようになっていった結果、$になったものとしており、当時の帳簿などにその変遷を求めることができたとする経済史学者の研究がある。
    他に、縦線を2本書くのはスペインドルに記された紋章のジブラルタル海峡の両端に立つヘラクレスの柱に由来しているとするもの、また別の説では、同じく当時のペソが8レアル換算であったため、「8R」が$のように書かれるようになり、ペソ非主流地域ではこれがペソを表すようになり広まったとする説、英国の通貨単位のひとつシリングのSに由来するなどの説がある。

実際8レアル銀貨にはヘラクレスの柱が描かれていたようだ。

|

« 北口本宮冨士浅間神社 | トップページ | 富士山 0〜5合目 »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/45714489

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクマの行方:

« 北口本宮冨士浅間神社 | トップページ | 富士山 0〜5合目 »