« 名刺コレクター | トップページ | 無双OROCHI 今更 »

2012年7月 5日 (木)

Le combatif du jour

カヴ君また落車でむっつり、とか久々のゴリラガッツポーズとかどうでもいい。

ベルギースタートの Tour de France もフランスに入って2日目、美しい海岸沿いを走る第4ステージで新城が逃げた。actual start(パレード走行の後の0km地点)からフランス人2人を連れて214.5kmの長旅に飛び出した。
レース前のチームミーティングで逃げに乗るように言われていたので「一時も待ちたくなかった」ということでの0kmアタックだったそうな。

オイラが帰宅して見始めた時点で残り140km、山岳賞の欲しいモンクティエ、デラプラスと3人で集団から7分ほどのリードを保っていた。草原がストンと無くなるような断崖絶壁の海岸線や美しい古城や教会などの中を逃げてゆく。
残り70kmぐらいから、「ああ、後20秒、30秒足りないかなぁ、やっぱムリかなぁ」と思いつつも、いつかのジロで3人逃げを成功させた鬼引きを思い出して少し期待しながら見守る。
0時を回って結果的に残り10km弱のところで集団に飲み込まれたが最後の最後に1回もがいて吸い込まれていった。

しばらくして「Yukiya Arashiro が敢闘賞に選ばれた」らしき tweet が。「らしき」ってのはフランス語だったから。TdF ではステージ優勝と4賞(総合、ポイント、山岳、新人)以外にチーム総合と敢闘賞の表彰がある。果敢に逃げたりした選手が主観的に敢闘賞として選ばれて表彰され、次の日赤いゼッケンを付けて走ることになる。
以前、シャンゼリゼの周回でアタックを見せた Fumy が選ばれたが、最終日は敢闘賞の表彰が無く(総合の敢闘賞の表彰がある)、翌日のレースも無いので赤ゼッケンを付けることも無かった。

今回は堂々の表彰である。ただ、往々にして4賞表彰の後、ステージ優勝者のインタビューが国際配信されるので、画面で見られるかどうか不安だったけど、無事に映りました。

いやー、別府や新城が「普通に」グランツールを走るようになって数年(もちろん先駆者は居たけれども)、敢闘賞とは言え、ツールの表彰台に日本人が上がる日が自分の生きている内に来るとは思っても居なかったですよ。

うわー日本人出場!→ステージ一桁順位!→完走!→逃げて3着!→敢闘賞で表彰台!←イマココ
みたいな感じ。取りあえず今夜は赤ゼッケンを探して余韻に浸ろう。
Classifications - Tour de France 2012

|

« 名刺コレクター | トップページ | 無双OROCHI 今更 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/46201258

この記事へのトラックバック一覧です: Le combatif du jour:

« 名刺コレクター | トップページ | 無双OROCHI 今更 »