« 富士登山(序章) | トップページ | 富士登山(お鉢巡り) »

2012年7月23日 (月)

富士登山(登頂)

合流して4人になってからはツラツラと上る。五合目まで歩いたときと同じ感じ。暫く行くと日蓮上人が。0622

ここにきてお経を納めて100日ぐらい修行をしてたんだとか。身延の久遠寺の直轄地だそうで。へぇ。

少し行くと景色が開ける。ここが泉ヶ滝の分岐で分かれた道との合流地点。スバルライン駐車場から来る人は右側からやってくる。0635。

昔は八合目からここまで一気に走り降りてきて、ここで草鞋を換えて砂を払ったんだとか。五合五勺と書いてあるけど今では六合目なんだそうで相変わらず良く分からない。

雲海をバックに朝食を。遮るモノが何も無く、朝とは思えない日射しが照りつける。遮る者無し、ってーと『没遮攔』の穆弘を思い起こすが分かる人にしか分からんな。

暫く行くと「ブル道」の標識。上の方の山小屋にはブルドーザーを改造したようなもので荷物を運んだりするようだが、それ用の道を「ブル道」というようだ。また、この先登山道と下山道が別れるのだけど、それを繋ぐように走っている。立ち入り禁止と書いてあっても中を歩いてる人もいて良く分からなかった。ギブアップして帰る人がトラバースするのかな。

つづら折りの道を淡々と上る。イースっぽい雲海にもそろそろ飽きてきた。
上からコロコロとした体型のお婆ちゃんがゆっくりと降りてきた。「おはようございます」「おはようございます。しんどいねぇ」。どこから降りてきたのかしらないけど、しんどいと言う割にあなた凄いよ。

0735 急に足元が溶岩ぽいのに変わる。

で、登り切ったら七合目。0737。六合目から1時間、悪くない。

トイレは有料で200円。山小屋のトイレは全て200円で、頂上だけ300円のようだ。わしゃ頂上で使ったけど、大でも小でも同額ってなんか不公平な感じがあるよね。

だいぶ雲も小さくなって上がってきました。やっぱイースっぽい。どうやったら地上に降りられるんだろう。

7.5合目ぐらいの鳥居荘。鳥居があるからなのか。0820。そろそろきつくなってくる。

0903 八合目。何時の間にか3000m超ですよ。
何だか風邪の引き始めのようなかる〜い頭痛がする。目の上辺り。深呼吸しながら行かなきゃ。

黒い靴が茶色くなっております。足元は基本砂利。その隙間に細かい砂があるようだ。

0919蓬莱館を通過。残り 2.7kmなのに195分予定ってのがおかしすぎる。朝の徒歩通勤なら30分弱なのに。

1005 八合目。3250m。もうきつい。悪態しか出なくなる。富士山で心が洗われるなんて嘘。「やってらんねーよ」「ふざけんなよ」などと言いつつ歩みを進める。

基本天気は良かったというか良すぎたんだけど、偶にふわーっと雲が流れてきてひんやりする。数分間霧の中。

足元は端的に言うと最悪。ゴロゴロとしていて、それなりに斜度があるので余り大きく踏み出すと出した足が滑る。そもそも足を大きく出すのはよろしくないので、靴一つ分、20〜25cmを一歩にして歩く。段差も疲れるので出来るだけ段差の無いところを探して蛇行して進む。

遠くの山々が北アルプスまで見渡せる。本当に景色だけが頼りというか、天気悪かったら登る気になれんと思う。

1027 本八合目。何が本なのかは知らんが3400mだ。だいぶ先が見えてきた気がする。

1059 八合五勺。もうすぐだ。九合目まで30分、山頂まで1時間とのこと。ほんまやろな。

見下ろすと団体がうねりながら登ってくる。追いつかれると面倒なので歩みを進める。団体は山岳ガイドがついていて、オイラ達が追いつくと「横あけてくださーい」と言うのだけど、やっぱりオバハンの中にチラチラと避けずに仁王立ちで飲み物飲んでたりするのがいるね。「ほら、XXさん、こっち」とか隣のオバチャンに手を引かれたり。

見上げても団体。ただ富士山登山は渋滞が起こると聞いたことがあったのだけど、詰まって進まない、なんていう状況は無かった。平日だから空いていたのか、ご来光目当てじゃないから空いていたのか。比較対象がないので分からない。

白木の鳥居。こういうのは白木が多いんだけど、冬の間にやられちゃうから毎年新しいのを建てるのかなぁ。

1129 九合目。後30分。後400m。

ここで脚が止まる。NさんとMさんは元気に登っていったが、ここで無理するとヤヴァいと思うので自分のペースを意識。立ち止まると腹が凄い勢いで動いている。皆そうなのか、オイラが一時期から走るときやスキーの時に腹式呼吸を意識してたからこうなるのか。何せ腹が動く。Aさんと一緒に1歩ずつ登る。

もう少しや、と見えるのがいいのか悪いのか。もう少し、と思えるのと中々辿り着かない、と思うのと。

足元を見ながら1歩ずつ進んだら辿り着きました。1203。素晴らしい。完璧に予定通りじゃないですか。ラジオの音とか流れてて何か海の家か何かに来たような不思議な感覚である。

見下ろせばまだまだ登ってくる人達の列が。「ふっ、愚かな」と訳も分からぬ勝ち組感。途中で感じた頭痛も悪化しなかったので良かった。スペースを見つけて腰を下ろす。いやーやりましたよ。

|

« 富士登山(序章) | トップページ | 富士登山(お鉢巡り) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/46396225

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山(登頂):

« 富士登山(序章) | トップページ | 富士登山(お鉢巡り) »