« 富士登山装備 | トップページ | 岐阜の地酒に酔う in 東京 2012 »

2012年7月30日 (月)

レフェリー

昨晩は面白い物を見た。

昼間から飲み過ぎて昼寝した後、遅い晩飯を軽く取りながらテレビを付けたら柔道。もうロードレースが終わったので特に見る物もないけど、一応なんちゃって有段者として見る。で、件の判定。

日本選手の有効→何か取消→韓国選手攻めまくる→時間いっぱい→判定→韓国選手3本→場内ブーイング→何故か「勝ち」にならない→審判3人呼ばれる→なんかおっちゃんに怒られてる→戻ってきて相談→分かれてもう一度旗取り出す→日本選手3本→両選手呆然→「勝ち」→日本選手畳降りる→審判も降りちゃう→韓国選手呆然

久しぶりに柔道を見たら畳の色が変わってたり(場外との境界無くなったのね)してるので、ここ最近のルールは良く分からん。けど、オイラが柔道やってたときと比べてかなり「スポーツ」になったのね。なんつーか、例えば「体が死んでる」とかそういうのはどうでもよくて、「背中がついたかどうか」を競う「競技」へと昇華(?)したようだ。
でもなぁ、オイラが見てたときからそうだけど、上のレベルになればなるほど受け身を取らないんだよね。昔は審判への印象の為だったんだけど、昨日とか見てると、頭とか肘とか肩とかで必死に背中をつけまいとする感じで危なくねーか、あれ。

ま、そういうルールの中で日本人の小内は有効を取り消されたわけだ。昔なら明らかに有効だっただろうけど。仕方ないね。

で、話戻ってどっちが勝ったかっつーのは判定な訳でどっちゃでもいいけど、一度決まったのをひっくり返すのは如何な物かと。相撲の行司が何かに付け審判委員の物言いで差し違えになっちゃったりするのは、まぁ伝統芸能としてお飾りなんだからいいんだろうけど、オリンピックの種目が伝統芸能では困るもんなぁ。
他の試合みてても主審と副審が相談するシーンが多いし、あまりに主審がコールした技の取消が多いような。だとしたらもう主審はジャッジしなくていいんじゃないか。どっかのブースで5人ぐらいで映像見ながら判定すればよろし。後、道着の背中に感圧センサも欲しいな。あのエライオッチャン?は「ジュリー」と言うそうだけど、その辺りの権限設定も上手く言ってないんだろうな。

例えばラグビーでもTMO(Television match official)がいるけど、彼に許されてるのは「主審が尋ねてきたときにトライ成立かそうじゃないかを伝える」事だけだ。もし、TMOがオフサイドを見つけても、それを主審に対して通告したり、ましてや主審の裁定をひっくり返すことは出来ない。ラインズマン(線審)もアシスタントレフェリーに昇格してから主審に対してアピールすることは出来るけど、それを取り入れるかどうかは主審が決める。
正しい裁定を下すのが理想だけど、その為の権限設定、上下関係は必要なんじゃ無いかしらねぇ。

誤審と言えば世界で注目を集めるサッカーもそうだ。度重なるオフサイドの議論、ボールがゴールラインを割ったかどうかなど「世紀の誤審」が繰り返されてきた。「選手もミスをする。審判も人間だからミスをする」という分かるような分からん様な理由(禅問答?)でビデオ判定の導入を頑なに拒んできたFIFAは、審判を増やしたりしたけれども、結局EUROでもゴールを見逃すなどの誤審を連発。ついにブラジルのワールドカップでビデオ判定を導入するそうな。
そういえばこないだ見た「レフェリー」ってドキュメンタリー映画、個人的にはかなり面白かった。主審と副審ってインカムで色々話をしてるんだなぁ、と。緊張して上がってる副審を主審を宥めたり、何度も時間を確認したり。後、試合後に選手に判定ミスを詫びたり。この映画の内容も「誤審」が軸になっている。挙げ句に殺人予告受けるとかね。

テニスでも昔は暴れ回るマッケンローが付きものでしたが(古)、今じゃチャレンジすることでビデオ判定できるもんね。野球のファウルとホームランは未だに目で決めるのかな。

今や選手のゲームを裁くだけでなく、多数の観客も相手にしなければならないのだから、分かりやすくやって欲しい物です。

|

« 富士登山装備 | トップページ | 岐阜の地酒に酔う in 東京 2012 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/46513286

この記事へのトラックバック一覧です: レフェリー:

« 富士登山装備 | トップページ | 岐阜の地酒に酔う in 東京 2012 »