« 近い将来 | トップページ | ペット »

2012年8月 9日 (木)

競歩

シュバーツァーが薬物違反=北京五輪競歩の覇者

アレックス=シュバーツァーっていうイタリア人だそうで。イタリア人とは思えない名前。ドイツ出身かな。
ドーピング違反に問われたのはEPOだと。EPO っつーとロードレースで山岳系の選手がドーピングで追放されたりするイメージがあるんだけどな。競歩って平地を歩いてるだけなのにそんなに辛いのか、というのが正直な感想。でも、調べたら50kmを3時間半ちょっとで「歩く」そうなのでハンパねーな。そりゃ赤血球作って酸素運んだ方がいいかも。

しかし不思議な競技ではある。何が凄いのかが伝わらない。やってる選手は凄いとは思うけど。
マラソンとか短距離とか水泳とか自転車とかなら世界で一番速く移動できるってのが分かる。世界で一番遠くに投げられるとか、一番重いもの持ち上げられるとか。
でも競歩はなぁ、走ればもっと速いわけでしょ。別に美しさを競うわけでもないし。
かつ、あれって普通に歩くと反則(脚が地面と直角になるまでは膝を曲げてはいけない)らしいからもう訳が分からない。敢えて良く分からないレギュレーションをこさえてその中で1番を決めるっていう、何かマニアックな世界ですな。

起源もヨーロッパってだけでハッキリしないらしいけど第4回のオリンピックではすでに競技種目だったんだそうで、それなりに昔からあるようだ。選手も憧れて積極的に始めた人は殆どいない模様で、「頂点が近いから」って理由が多いみたい。なんか不純だな。後は長距離ランナーとして芽が出ないから転向したとか。あれか、ジャンケンに負けてベースやるみたいなもんか(ヒドイ)。

えーっと、ドーピングはやめましょう。

|

« 近い将来 | トップページ | ペット »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/46631564

この記事へのトラックバック一覧です: 競歩:

« 近い将来 | トップページ | ペット »